平成27年度上半期財政公表

最終更新日 2015年12月1日

ページID 025959

印刷

  財政公表は、市民の皆様に納めていただいた税金、使用料等がどのように使われているかなどを、毎年6月と12月の2回に分けてお知らせするものです。今回は、平成27年度上半期(平成27年4月から9月まで)の予算執行状況と、平成26年度の決算(見込み)についてお知らせします。

 柏市は、第四次総合計画の将来都市像である「みんなでつくる安心、希望、支え合いのまち 柏」の実現に向け、都市基盤及び生活環境の整備、教育福祉の充実、地域経済の活性化を中心に計画的な行財政運営を行っています。

 今後とも、本市の行財政運営に一層の御理解と御協力を賜りますようお願いします。

平成27年度当初予算の概要

 本市の財政は、景気の回復基調の影響を受け、平成27年度の市税収入は増加が見込まれるものの、社会保障関係経費の増大や公共施設の老朽化対策など、喫緊の行政需要への対応により厳しい財政状況が続くことが見込まれます。また、合併算定替の特例期間の終了に伴う地方交付税の段階的な減少や法人市民税の一部国税化等により、一般財源総額の確保は厳しさを増しています。新たな行政需要に的確に対応しながら、将来にわたって安定的な行政サービスを提供していくためには、行政改革を着実に推進し、持続可能な財政基盤の確立を図っていく必要があります。

 平成27年度当初予算は、最終年度となる後期基本計画の施策の推進と財政の健全性維持の両立を図り、「選ばれる街、柏」としてまちの活力を維持していくため、次のことに留意して編成しました。

  1. 「子育て環境の充実」に重点化し、子育て支援や学習環境の充実を図るとともに、「市民の安全安心対策」、「公共施設・インフラの老朽化対策」、「低炭素のまちづくり」などについて、優先的に取り組みます。
  2. 歳出については、事業の必要性・優先性を見極めた事業選択を行います。また、コストに見合ったサービスを提供するため、民間委託等の推進、公共施設の有効活用と老朽化対策、内部評価(スプリングレビュー)による事業の見直しに努めます。
  3. 歳入については、収納対策の強化、受益者負担の適正化、未利用地の売却等に積極的に取り組み、財源の確保に努めます。
  4. 市債については、新規の発行額を当該年度の元金償還額以内として市債残高の抑制を図り、将来世代に過度の負担を残さないよう留意します。

財政公表の詳細については、次の添付ファイルをご覧ください。

平成27年度 上半期財政公表(PDF形式:895KB)

情報発信元

財政部財政課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1120
ファクス 04-7167-1210
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート