特別定額給付金(仮称)や新型コロナウイルスに関連した詐欺にご注意を!

最終更新日 2020年4月24日

ページID 054643

印刷

全国的に新型コロナウイルスに便乗した詐欺が横行しています。

  • 掛かってきた電話の内容を鵜呑みにしない。
  • 振り込め詐欺等対策電話機を活用する。(柏市では補助制度があります。)
  • メールやショートメッセージに書かれたURLに安易にアクセスしない。

などを心掛け、被害には充分にご注意ください。

柏市民の合言葉は「んたんに んじない たさない!」

給付金を装った詐欺への注意喚起

不審な電話の例

  • 保健所職員を名乗り「PCR検査キットを送付するので、家族構成を教えてほしい。」
  • 市役所職員を名乗り「1人あたり10万円の給付があります。振り込み手続きのため銀行口座番号を教えてください。」
  • 市役所職員を名乗り「コロナのことで調べている。」
  • 親族などを名乗り「コロナの件で銀行の封鎖が始まるから、お金をおろして家に置いておいたほうがよい。」
  • 病院関係者を名乗り「息子さんがコロナでうちに入院したので連絡した。」
  • 助成金補助サポートセンターを名乗り「コロナの関係で新しい制度ができた。」

不審なメールの例

  • 給付金の配付が各携帯電話キャリアから行われるとの嘘の情報とともに、URLをクリックすることで別の不審なサイトにアクセスさせようとするもの。

(実際のメールは以下の画像のとおり)

メール

  • 大手通販ショップを装い「全国でマスクが品薄状態になっております。お客様へ特別価格でご提供します。」などと記載されたメールを送り付けて、偽のマスク販売サイトに誘導し、クレジットカード情報等を盗み取ろうとするもの。

訪問等の例

  • 行政機関の職員等を装い、「マスクの配付に来た。数日後にもまたお届けに参ります。」などと自宅を訪問する。
  • 「マスクの配付のため、家族構成を教えてほしい」などと電話を掛けてくる。

これらは、のちに、マスクの代金として高額な請求をしてくる等の悪質商法、または個人情報聞き出しの手口である可能性があります。

政府が実施するマスク配付については日本郵便を通じて各家庭のポストに投かんされるものですので、それ以外の不審人物の訪問にはご注意ください。

情報発信元

総務部防災安全課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎2階)
電話番号 04-7167-1115
ファクス 04-7163-2188
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート