台風26号に伴う被害状況と対応について

最終更新日 2015年1月27日

ページID 016661

印刷

1.台風26号について

 台風26号による降雨は、15日(火曜日)15時頃から降りはじめ、16日(水曜日)11時までの積算雨量が260ミリメートル、最大時間雨量43.5ミリメートル(ともに増尾台)を観測しました。この台風の接近に備え、15日(火曜日)午後9時から全庁的に警戒配備体制を敷きました。柏市の被害については、大雨による影響から、床上・床下浸水、道路冠水、土砂災害などの通報が市内各所で相次ぎ、現在もなお関係部署が対応中です。

2.市内の被害状況(平成25年10月17日12時現在)

  1. 人的被害 なし
  2. 建物被害
    床上浸水 2件(青葉台、高柳)
    床下浸水 45件(青葉台、高柳ほか)
  3. 道路冠水 54件
  4. 土砂災害等 14件

 ※参考 過去の市内の浸水(内水)被害

3.り災証明書の申請発行について

 今回の台風26号で住居等に被害を受けたかたに、り災証明書を発行します。り災証明書が必要なかたは、防災安全課までご相談ください。

 り災証明書の申請方法等について

4.風水害の備えについて

 台風や豪雨は、襲来時期や規模をある程度予測することができます。日頃から天気予報を気にかけ、テレビやインターネット等で最新の情報を収集するようにお願いします。

 ※参考 気象庁:「大雨や台風に備えて」

情報発信元

総務部防災安全課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎2階)
電話番号 04-7167-1115
ファクス 04-7163-2188
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート