柏市洪水ハザードマップ

最終更新日 2017年3月15日

ページID 004260

印刷

 

イメージ:柏市洪水ハザードマップ 

国土交通省は、利根川が大雨により増水し、堤防が決壊した場合に予想される浸水想定区域を公表しました。
市では、利根川や利根川水系の河川が大雨によって増水し、堤防が決壊した場合を予想して作成された浸水想定区域図(注意)に基づき、予想される浸水範囲とその程度、ならびに各地区の避難場所を示し、万が一の場合に備えて、市民の皆さんの安全な避難に役立てていただくため、「柏市洪水ハザードマップ」を作成しました。
このハザードマップは、下掲のPDFファイルのほか、行政資料室、防災安全課(市役所第2庁舎2階)、沼南支所総務課(沼南庁舎1階)、図書館本館、各近隣センターでも閲覧できます。
平成19年8月1日には、全戸に配布を行いました。また、行政資料室、防災安全課(市役所第2庁舎2階)、沼南支所総務課(沼南庁舎1階)、各近隣センターでも配布を行っています。

(注意)

概ね200年に一度の降雨を対象に国土交通省関東地方整備局が作成。
大津川、大堀川については、概ね50年に一度の降雨を対象に千葉県が作成した利根川水系手賀沼浸水想定区域図に基づき予想される浸水範囲も含んでいます。

(補足) 水防法の改正により、浸水想定区域内にある特に防災上配慮を要する者が利用する施設をマップ内に掲載しています。

情報発信元

総務部防災安全課

電話番号 04-7167-1115
ファクス 04-7163-2188
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート