広報かしわ:令和元年10月15日号市長室だより「子育てにも休憩を」

最終更新日 2019年10月15日

ページID 052297

印刷

 初めて子育てする多くのかたは、お子さんの愛くるしい仕草や笑顔で心が満たされる反面、さまざまな心配で悩むこともあるのではないでしょうか。特に、お子さんが産まれてから子育て施設に通うようになるまでの間は、毎日お子さん中心の生活を送り「自分のことは後回し」「子どもと常に2人きり」の毎日に疲れや孤独を感じることがある、という声を耳にします。お子さんと離れて自分の時間が少しでもあれば、心身ともにリフレッシュし、子育てのモチベーションを上げることができますが、核家族世帯では難しいのが現状です。
 市では、こういった声の実態を把握するため、子育て中のお母さん約100人に直接聞き取り調査を実施しました。分かったことは、初めての育児に不安や孤独感、育児情報不足にストレスを感じているかたが多いこと、保育施設を利用していないかたの3人に1人が「子と離れ1人になる時間が欲しい」と考えていることです。
 これまでも、保育園で「子どもの一時預かり事業」を行ってきましたが、通常の保育をしている施設での受け入れとなるため、年間2、500件ほど利用をお断りしていました。保育園は保育ニーズ増加への対応が最優先で、一時預かり枠を増やすことが難しい状況にあります。
 そこで今回、柏駅の近くに一時預かり施設「はぐはぐポケット中央」を開設することとしました。ここは、一時預かりを専門的に行う施設で、平日に1時間単位で利用することができるため、日中1人で育児をする、いわゆる「ワンオペ育児」のかたや、短時間でも自由な時間が欲しいと感じたかたが預けやすいような施設にしました。
 子どもはかけがえのない大切な存在ですが、時には、周囲の手を借りて疲れの軽減や気分転換を図ることで、お母さんたちが健やかで心豊かな毎日を送っていただきたいと強く願っています。

 秋山 浩保

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 広報紙担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート