花ばあちゃんが発見!6年ぶりに富勢西小のソテツの花が開きました

最終更新日 2019年7月23日

ページID 051263

印刷

石田さんとソテツ
富勢西小学校の職員玄関前の花壇にある、ソテツの木に6年ぶりに花が咲きました。
ソテツとは小中学校によく植えられている、ヤシの木のような見た目で、弱った時に根元に鉄を打ち込むと蘇ることから、「蘇鉄(そてつ)」という名前がついているようです。
また、花が咲くことが珍しく、「幸運を呼ぶ木」とも言われています。
ソテツ
取材に行った時は四分咲きで手のひらぐらい大きさでした。生長するとまつぼっくりを長く引き伸ばしたような形になります。
石田さんとソテツ

この珍しい花を見つけたのは、「花ばあちゃん」の愛称で富勢西小学校の子どもたちに親しまれている石田さん。

お孫さんの入学と共に、富勢西小学校の花ボランティアを行うようになりました。

「子どもたちから元気なパワーをもらっているうちに13年も続けていました。」と石田さん。

花壇の花々

アジサイ

石田さんはソテツ以外にも色とりどりの花、13年間の歴代の校長先生、教頭先生のお名前がついたアジサイの手入れも日々丁寧に行っています。

雨の降る中、笑顔で取材対応をしてくれた石田さん。この笑顔と元気の良さが、富勢西小にある草花に栄養を与えているのではないでしょうか。

6年ぶりに開花したソテツの花が次はいつ咲くのか。いまから楽しみですね。

(令和元年7月23日掲載)

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート