インフルエンザ予防に関する注意事項(平成30年10月15日発表)

最終更新日 2018年10月16日

ページID 048045

印刷

市内で、インフルエンザの集団発生の報告がありました。詳細は次のとおりです。

インフルエンザ様疾患による学級閉鎖について

本日10月15日(月曜日)に柏第四小学校2年生において1クラス27名中19名が欠席、また4年生1クラス34名中15名が欠席し、いずれもインフルエンザ様疾患による欠席であることが判明しました。欠席者の主な症状は発熱であり、欠席者は自宅療養中であり重症化しているものはいません。

これを受け、明日10月16日(火曜日)から当該クラス(2年生1クラス・4年生1クラス)に対しインフルエンザ様疾患による学級閉鎖の措置をとることとなりました。市内では今シーズン初の学級閉鎖となります。

報道資料(インフルエンザによる学級閉鎖(今シーズン初))(PDF形式 357キロバイト)

インフルエザ予防に関する注意事項

インフルエンザは、重症化すると肺炎・脳症などの深刻な合併症を招くこともありますので注意が必要です。
インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通のかぜに比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することが多いので、インフルエンザにかからないように予防することが大切です。

インフルエンザ予防に関する注意事項(PDF形式 127キロバイト)

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 報道・web担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7136-1477
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート