「かしわの食卓いま・むかし」開催

最終更新日 2018年8月21日

ページID 047383

印刷

学生が取材しました

この記事は、平成30年8月21日(火曜日)に広報広聴課でインターンシップを行った新谷さんが取材、執筆しました。
展示物(土器・説明パネル)
平成30年7月21日(土曜日)から11月18日(日曜日)まで柏市郷土資料展示室で「かしわの食卓いま・むかし」が開催されています。このイベントでは、約3万年前から現代までの柏の食卓や台所の様子の違いを学びながら、現代の「食べる」について考えを深めていくことができます。
説明パネル
(土器に関する説明)
展示物
(実際に使われていた調理道具や食器)

会場では、主に食器や調理道具が展示されていました。カラフルなイラストが付いた説明パネルもあわせて設置されているので、見やすくてわかりやすい内容でした。申し出をすれば、専門の方から詳しい説明を受けることができます。そこで、背景や豆知識などを得て一層理解が深まります。

昔のかき氷機
(昔使われていたかき氷機)
体験コーナーの様子
(拓本栞作りコーナーの様子)

会場には、季節に合わせていろいろな種類のかき氷用器や昔のかき氷機といったユニークな展示もありました。

また、展示だけではなく、体験コーナーもあります。一番のおすすめは本物の土器を用いて、紙に模様を写して作る「拓本栞づくり」体験です。

視覚からだけではなく、体験も通じて「食べる」に関する時代の流れを学ぶことができて、興味深い催し物でした。

皆さんも身近な「食べる」について考える機会として訪れてみてください。

(平成30年8月21日掲載)

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート