「平成30年7月豪雨」被災地支援をスタート

最終更新日 2018年7月30日

ページID 047086

印刷

平成30年7月23日、2名の市職員が「平成30年7月豪雨」によって被災した岡山県倉敷市へ中核市災害相互応援協定に基づき派遣されました。

市は今後、8月31日(金曜日)までに全7班計14名の職員を派遣する予定です。

第1班 平成30年7月23日~7月29日

第1班の2名は市長から激励の言葉を受けた後、車にて岡山県倉敷市を目指して出発しました。
市長からの激励
車にて出発

現地は依然がれきやゴミの山が続いています。

井原鉄道線路下の空き地には3キロメートル以上にわたり、ゴミが積み上げられていました。

がれき1
がれき2
がれき4
がれき3

柏市職員は支援物資の運搬業務を担当することに。

真備総合公園体育館に保管してある物資を真備地区にある6ヶ所の公民館に数回にわたり運搬する作業となります。

暑い中での作業ですが、段ボールを運搬するため、腕が擦れないように皆さん長袖です。

物資3
物資1
運搬2
運搬1

7月28日(土曜日)は台風対策のために土のうを要望する方が多くいました。そのため柏市2名、越谷市1名、川口市1名の4名で計5,100袋もの土のうを配布。

高い気温の中での重労働となりました。

住民は受け取った土のうを自宅の前に積み上げ、家の中に水が入ってこないように対策を講じました。

土嚢3
土嚢4
土嚢1
土嚢2

避難所の様子です。

災害時は避難所ごとに適したルールを柔軟に決めていく必要があります。

プライバシーを確保するために間仕切りを設置するところもあれば、避難者の希望により、設置しないというルールを設けた避難所もありました。

避難所1
(クリックすると別ウインドウが開きます)
避難所2
(クリックすると別ウインドウが開きます)
避難所3
避難所4

(平成30年7月30日掲載)

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート