ひまわり油を作る自然体験スクール「手賀沼ひまわりクラブ」を開講!(平成30年5月9日発表)

最終更新日 2018年5月10日

ページID 046126

印刷

市では、耕作されなくなった農地を利用した自然体験プログラム「手賀沼ひまわりクラブ」を開講します。

このプログラムでは、参加者は自らひまわりの種を撒き、育て、最後は「ひまわり油」を搾油し、道の駅しょうなんで地域産品として販売します。

ひまわり

開催日時

5月26日、6月23日、7月21日、8月25日、3月中旬(未定)の土曜日

午前9時から昼頃まで(毎回9時に道の駅しょうなんロビーに集合)

場所

道の駅しょうなん(柏市箕輪新田)から徒歩5分程度の農地

プログラム

  • 第1回 【農作業】 種まき、【体験プログラム】 看板作り(皆でペイントします)
  • 第2回 【農作業】 間引き&追肥、【体験プログラム】 ラベル作り(デザインします)
  • 第3回 【農作業】 ひまわりの観察&撮影 【体験プログラム】 ひまわり巻き寿司作り
  • 第4回 【農作業】 種の収穫&搾油体験 【体験プログラム】 ドレッシング作り
  • 第5回 【体験プログラム】 道の駅イベントでのオリジナルひまわり油の販売体験

費用

3,000円(全5回分、ひまわり油1本分、記念フォトカード込)

申込

手賀沼アグリビジネスパーク事業推進協議会ホームページの応募フォームから

  • 締切 5月15日(火曜日)
  • 定員 10グループ40名程度(応募多数の場合は抽選)

本事業について

平成29年度に実施した「ふるさと納税クラウドファンディング」で集めた資金を活用したプロジェクトで、手賀沼周辺で増えつつある休耕地等に市の花である「ひまわり」を植栽し、手賀沼の景観形成による魅力向上と地域活性化を図ります。

また、満開に咲いたひまわりを来訪者に楽しんでいただくこと、地域の農業・食に関心を持ってもらい、ふるさと意識を醸成することの他、手賀沼の農業や自然環境を支える市民を育成することも期待しています。

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート