インフルエンザによる学級閉鎖及び感染性胃腸炎の集団発生(平成29年12月11日発表)

最終更新日 2017年12月12日

ページID 044331

印刷

市内で、インフルエンザ、感染性胃腸炎の集団発生の報告がありました。詳細は次のとおりです。

インフルエンザ様疾患による学級閉鎖について

12月7日(木曜日)から市内小学校4年生1クラスがインフルエンザ様疾患による学級閉鎖となりました。市内では今シーズン初の学級閉鎖となります。

【経過】

12月4日(月曜日)から欠席者が出はじめ、12月6日(水曜日)時点では当該クラス32人中11名がインフルエンザ様疾患により欠席したため学級閉鎖に至りました。主な症状は発熱であり、欠席者は自宅療養中であり重症化しているかたはいません。

 感染性胃腸炎の集団発生について

柏市内の高齢者施設において、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の集団発生がありました。市内では今シーズン初の集団発生となります。

【経過】

12月6日(水曜日)に当該施設にて、嘔吐等の消化器症状を呈した利用者、職員が合計11名発生したと連絡がありました。このうち既に2名がノロウイルスを原因とする感染性胃腸炎と診断されています。

保健所は、同施設への疫学調査を実施するとともに、同施設に対し利用者・職員の健康観察の実施及び、消毒方法等の感染拡大防止策について指導しました。

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート