市内の飲食店で食中毒が発生(平成29年12月6日発表)

最終更新日 2017年12月7日

ページID 044264

印刷

柏市長は食中毒を発生させた市内飲食店に対し、食品衛生法に基づき、本日(12月6日)から5日間の営業停止命令書を交付しました。

詳細は、次のとおりです。

1 探知

 平成29年11月28日、市内飲食店利用者から「11月22日に柏市内で会食した1グループ7名のうち4名が、11月25日より下痢、腹痛、発熱等を呈している。」旨の連絡が、柏市保健所に入った。

2 調査結果

柏市保健所が調査したところ、以下のことが判明した。

  1. 原因となる患者の共通食は、当該飲食店の提供した食事に限定された。
  2. 患者4名の便から、食中毒の原因となるカンピロバクターが検出された。(調査中)
  3. 患者の主症状及び潜伏期間がカンピロバクターによるものと一致した。
  4. 患者を診察した医師から食中毒の発生届が提出された。
  5.  患者の状況
  • 喫食者:7名(同一メニュー喫食者)
  • 患者数:4名(男性2名20歳代、女性2名20歳代 (補足)入院者無し)
  • 主な症状:下痢、腹痛、悪寒、発熱、吐気、頭痛(回復に向かっています)
  • 初発年月日:11月25日午前10時00分頃

3 行政処分

 調査結果から、柏市長は、以下の飲食店を原因とする食中毒と断定し、本日営業者に対して行政処分を行った。

  • 原因施設

    所在地:柏市柏1-2-35共同ビル4階

    営業者:株式会社リロードエッジ 代表取締役 高取健治

    屋号:全力鶏 柏店(ぜんりょくどり かしわてん)

    業種:飲食店営業

  • 原因食品 11月22日に当該飲食店で提供された料理

  参考:喫食メニュー

         鶏レバーたたき、鶏たたき鬼おろしポン酢、鶏明太塩ユッケ、鶏わさ等

  • 病因物質 カンピロバクター
  • 違反内容 食品衛生法第6条第3号違反
  • 行政処分内容 食品衛生法第55条に基づく営業停止命令

 処分年月日   平成29年12月6日

 営業停止期間  平成29年12月6日~10日(5日間)

 

4 指導内容

 柏市保健所では、営業停止期間中に食中毒再発防止を目的として、営業者に対して、施設の消毒を指導するとともに、調理従事者に対する衛生教育を行う。

 

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート