広報かしわ:平成29年4月15日号市長室だより「救急体制の強化」

最終更新日 2017年4月15日

ページID 040869

印刷

 皆さん、救急車が市内で一年間に出場する回数はどのくらいだと思いますか。平成28年には、18,372回も救急車が出場しました。これは、約28.7分に1回出場していることになります。さらに地域別にみると、市の中心に近いほど出場件数が多く、柏駅周辺を管轄している東部消防署と旭町消防署を合わせると、市全体の3割以上がこの2つの消防署から出場したことになります。

 また、救急要請の件数は、人口の増加と高齢化に伴い年々増え続けています。救急要請があると、その場所を管轄するもっとも近い救急車が出場しますが、救急車を必要とする人が重なりすでに救急車が出てしまっているような場合は、管轄外の遠いところにある救急車が出場することとなり到着が遅れることになります。平成28年の記録によれば、救急車が要請場所に到着する時間の平均は9.2分と、5年前に比べて1.6分増えています。このまま件数が増加すると、要請場所から離れた救急車が出場する機会が増え、より一層到着時間が遅れるため、緊急を要しているかたへの対応が遅れて救命率の低下につながる恐れがあります。

 このため市では、これまで11カ所ある消防・分署に配置した11台の救急車では増え続ける救急要請に対応しきれなくなるため、東部消防署に救急車を1台追加し、4月から計12台で活動することとしました。また、救急車に乗る救急隊員は1台につき3人1組となり、3つの班が午前8時30分から翌日の8時30分までの24時間交代で勤務するため、今回の増車に合わせて救急隊員を9人増やしています。

 今後は強化した体制で管轄外の救急車が出場する機会を減らし、救急車の到着時間を短縮することで救命率の向上を目指します。市民の皆さんには、事故発生時の迅速な通報とAED(自動体外式除細動器)活用などによる救急車到着までの応急処置に、ご協力をお願いします。

 秋山 浩保

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 広報紙担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート