研究は人類の「知」を積み上げる~東京大学梶田隆章先生特別講演会を開催~

最終更新日 2017年1月11日

ページID 038452

印刷

梶田先生特別講演会の様子

 

平成28年も残すところ数日となった12月27日、柏市民文化会館大ホールで、平成27年12月にノーベル物理学賞を受賞し、一躍時の人となった東京大学宇宙線研究所所長・梶田隆章先生による特別講演会が開かれました。

受賞テーマの「ニュートリノ振動」についてはもちろん、学生時代の思い出や研究者の道を歩むきっかけとなった恩師との出会いなどにも触れられた梶田先生。

参加者には学生の姿も多くみられ、メモを取りながら熱心に先生の話に耳を傾けていました。

講演会終盤に設けられた質問コーナーでは、「失敗をどう乗り越えてきましたか」という将来の夢が科学者という学生の質問に、「失敗はいつものこと。失敗に引きずられず、科学者になりたいという気持ちを持ち続けて頑張ってほしいです」とエールを送りました。

また、「ニュートリノ振動は私たちの生活のどんなことに役立つのでしょうか」という鋭い質問に、梶田先生は笑みを浮かべながら「私たちの生活には100年、1000年役に立たないかもしれません。ですが、人類共通の知を積み上げることになるので、これからも研究を続けていきたいです」と答え、研究者として実直・真摯に向き合う先生の人柄を垣間見ることができました。

 

 

受付の様子
800名の来場者には小学生の姿もみられました
パネル展示
会場内に設けられたパネル展示
司会進行を務める藤田とし子さん 満席の会場の様子 力説される梶田隆章先生
地域活性化アドバイザーとしてご活躍の藤田とし子さん進行のもと講演会開始
梶田先生特別講演会の様子2 表情が和らぐ梶田先生
時間がとれたらまた学生時代のように弓を引きたいとお話しされ、表情が和らぐ梶田先生

(平成29年1月11日掲載)

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート