第61話「柏の夜空に何がある!? カシケンが誘う星と宇宙の大ロマン!」

最終更新日 2017年2月16日

ページID 038173

印刷

平成29年1月1日(日曜日)~15日(日曜日)放送分

 

最近、夜空を見上げていますか?空気が澄むこの冬の時季、柏でもたくさんの星を見ることができます。

その星や天体の美しさに魅せられ、自作の天文台や望遠鏡で観察を楽しむ方や、本格的なプラネタリウムを作る高校天文部があったり、星のおもしろさをもっと多くの人に知ってもらおうと活動されている方々がいたりと、柏には星のようにキラキラと輝く市民がいっぱい!

 

そして、2017年は流星群の当たり年!

1月3日(火)夜から4日(水)未明にかけては、三大流星群の1つ「しぶんぎ座流星群」の出現がピークを迎えるそう。

新年早々のおめでたい流れ星、見てお願い事ができた方は、今年1年がきっと良い年になりますよ!

放送撮影の裏側をちょびっとご紹介!

撮影風景はこちらから(クリックすると大きな画像が見られます)

オープニングの撮影風景 傘を持つ今井研究員
撮影日は雨がちらつくあいにくの天候…
でも、今井研究員の笑顔が晴れやかな気持ちにさせてくれます
しぶんぎ座流星群についてパネルで解説 望遠鏡の使い方を学ぶ今井研究員
専門家の話はちょっと難しそうと思いきや、とても分かりやすい解説!
羽村さん主催の柏の葉でのアストロトークや天体観望会が毎年大人気なのは納得です
40年現役の柏プラネタリウムの投影機 プラネタリウム投影機の操作機械
開館以来40年間映し続ける柏プラネタリウムの投影機。操作は全てボランティアスタッフによる手動
天文台 自作の望遠鏡 自作の望遠鏡を見つめるカシケンスタッフ
趣味が高じて自作の天文台や望遠鏡で観察を楽しむ北川さん。「相棒」の迫力に制作スタッフも興奮

カシケンくらぶ会員も大活躍!

「学生最後の思い出に」と、今回リポートしてくれた大学4年生の森さん。

自作のプラネタリウムがコンテストで入賞するなどの実績と歴史を持つ、県内でも数少ない天文部がある県立柏高校へ。

県立柏高校の校門で撮影
ちょっと緊張気味の森さん
プラネタリウムの投影機
夏休み期間中に部員みんなで
約7,000個の穴をあけた天球
プラネタリウムのドーム
代々先輩から後輩へと
受け継がれているドーム
投影機作りを体験する森さん
天球作りも体験させてもらいました
アルファベットの「K」の文字
映し出された星座の正体は番組で!

撮影にご協力いただいた方々

ありがとうございました!

カシケンポーズ1 カシケンポーズ2 カシケンポーズ カシケンポーズ3

調査依頼や博士・はーちゃんへのお便りをお待ちしています!

送っていただいたお便りは、第55話のように番組内で紹介されちゃうかも!?

詳しくは、番組へのご意見・ご感想・調査依頼・博士やはーちゃんへの応援のお便りのページをご覧ください!

次回予告!

第62話「グレイトなオヤジ生息地、柏! その生態を調査せよ!」

カシケン博士とはーちゃんの体が入れ替わった! ? オヤジ姿のはーちゃんが、柏のオヤジたちを突撃。

はーちゃんの頑張りで博士も地域デビューを果たせるか。

平成29年1月16日(月曜日)~本放送開始!お楽しみに!

(注意)ホームページは1月17日(火曜日)午前0時にアップします。

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 報道・web担当

電話番号 04-7136-1477
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート