広報かしわ連動企画・2016年かしわの記憶

最終更新日 2019年7月1日

ページID 038080

印刷

2016年(平成28年)、柏市でもたくさんのできごとがありました。
このページでは広報かしわ12月15日号と連動し、今年一年の柏の出来事をお伝えしていきます。

パレット柏がオープン 熊本地震復興支援に職員を派遣 第五次総合計画を策定
選挙年齢が18歳以上に 大型商業施設の開店と閉店
リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックで柏ゆかりの選手が活躍

年表で2016年(平成28年)を見る

柏の2017年(平成29年)はどんな年?

パレット柏がオープン

5月14日、柏市の新しい公共施設「パレット柏」がオープンしました。

パレット柏

パレット柏は、東口の再開発により新たに建築された商業・住宅複合ビルDay Oneタワーの3階に完成。
「市民が集い、活動し、交流する場=市民活動のプラットフォーム」をコンセプトに「柏市民交流センター」、「市民活動サポートコーナー」、「柏市国際交流センター」、「柏市男女共同参画センター」、「市民ギャラリー」の5つの施設で構成され、新たな市民活動の拠点として、賑わいを見せています。
また、タワー周辺は道路も整備され、新たな街並みが形成されました。

関連記事

ページトップに戻る

熊本地震復興支援に職員を派遣

4月、最大震度7を観測した熊本地震は、大きな被害をもたらしました。

熊本地震職員派遣

柏市では、職員間の交流があったことをきっかけに、熊本県宇土市からの応援要請を受けて、4月20日~5月11日の間、3回にわたり市職員26名を宇土市へ派遣。
熊本県菊池郡大津町へは、5月7日~20日の間、2回にわたり柏市保健所の医師及び保健師を計7名派遣しました。
派遣終了後も、避難所の運営・管理、支援物資の仕分けなどを行った経験を活かして、増尾地区で総合防災訓練を実施。

また、地震の影響で熊本を本拠地とするサッカーチーム「ロアッソ熊本」のゲーム開催が困難となったことを受け、柏レイソルのホームである日立台を代替地とし、ロアッソ熊本のホームゲームを開催しました。

関連記事

ページトップに戻る

第五次総合計画を策定

柏市では今年度、「未来へつづく先進住環境都市・柏~笑顔と元気が輪となり広がる交流拠点~」を将来像とし、柏市の今後10年間のまちづくりの指針となる「柏市第五次総合計画」を策定しました。

第五次総合計画

策定にあたっては、「ワールドカフェinKashiwa」を開催するなど、市民のみなさんとの自由な環境での意見交換も行いました。
柏市はこれから、3つの重点目標「1 充実した教育が実感でき、子どもを安心して産み育てられるまち」「2 健康寿命を延ばし、いつまでもいきいきと暮らせるまち」「3 地域の魅力や特性を活かし、人が集う活力あふれるまち」の達成を目指していきます。

関連記事

ページトップに戻る

選挙年齢が18歳以上に

公職選挙法等の一部を改正する法律が、6月19日から施行されました。

18歳選挙

今回の改正では、選挙権年齢が「満20歳以上の者」から「満18歳以上の者」に引き下げられ、柏市では7月10日の参議院議員通常選挙で初めて、18~19歳の新たな有権者による投票が行われました。
また市では、選挙権の年齢が引き下げられることに伴って、市内の学校で出前授業を開催。特に、高等学校では初めての選挙出前授業となり、新たに有権者となる高校3年生に対して、投票の方法や大切さなどを伝えました。

関連記事

ページトップに戻る

大型商業施設の開店と閉店

柏市では今年、大型商業施設の開店や閉店が相次ぎました。

そごう閉店

まず、4月25日には、セブンパークアリオ柏が大島田にオープン。
例年沼南体育館で行われていた沼南まつりが開催されるなど、旧沼南地区の方をはじめ、多くの来館者で賑わいを見せています。
一方で、9月30日に柏駅前のシンボルでもあったそごう柏店が閉店。最終日には多くの方がダブルデッキ上に駆けつけ、惜しまれつつも、43年の歴史に幕を下ろしました。

関連記事

ページトップに戻る

リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックで柏ゆかりの選手が活躍

8月から開催されたリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックでは、柏にゆかりのある選手が活躍。

リオオリンピック・パラリンピック

中でも、車いすテニス男子ダブルスでは、斎田悟司選手・国枝慎吾選手ペアが銅メダルを獲得し、その功績を称え、市では10月に市民特別功労賞を贈呈しました。
また、市では、東京2020オリンピック・パラリンピックへの機運の向上を目的に、スポーツイベント「スポーツドリームかしわ2016」を初開催。3,000人の参加者で会場は活気に包まれました。
東京2020オリンピック・パラリンピックでも、柏市ゆかりの選手をはじめ、日本人選手の活躍が楽しみですね。

関連記事

ページトップに戻る

年表

2016年(平成28年)の柏のできごと

日付 できごと
1月15日

柏市の学校給食レシピをクックパッドに掲載開始

3月1日

広報かしわが1500号を迎える

3月15日

柏のホームタウンチーム・JX-ENEOSサンフラワーズがWリーグ8連覇。
1月の皇后杯優勝とあわせ、3年連続の2冠を達成

4月1日 柏市第五次総合計画を策定
4月1日

全国の市区町村で初めて、振り込め詐欺等被害防止等条例を制定

4月1日

沼南公民館が沼南近隣センター(ひまわりプラザ)へ移行

4月7日~7月20日

柏市ネット型非行抑止サービス事業 Filii(フィリー)かしわの実証実験を実施

4月20日~5月20日 熊本地震復興支援に職員を派遣
4月25日 セブンパークアリオ柏オープン
5月2日

はぐはぐひろば沼南オープン

5月16日 パレット柏がオープン
6月11日

農家レストラン「さんち家」オープン

6月12日

第27回全国「みどりの愛護」のつどいを県立柏の葉公園で開催

7月10日 選挙権年齢の引き下げに伴い、柏市で初めて18~19歳の新たな有権者による投票が行われる
7月30日~31日

柏まつり2016で市広報番組「カシケン」テーマソングが初披露

8月5日~9月18日 リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックで柏ゆかりの選手が活躍
8月21日

かしわ街ごとキッザニア、3年ぶりに開催

9月30日 そごう柏店閉店
10月11日

2020年の必修化に向け、小学校でのプログラミング教育の実証実験を実施・公開

11月 東京大学柏キャンパスのスーパーコンピューター「Oakforest-PACS」が日本一に
11月1日 マイナンバーカードを使用し、コンビニエンスストアで住民票などの証明書を取得できるサービスを開始
11月11日

中国人民対外友好協会並びに中国国際友好都市連合会より「対華友好都市交流合作賞」を受賞

11月18日

市立柏高校、市立酒井根中学校、市立酒井根東小学校の吹奏楽部が全国コンクールで相次いで最高賞を受賞し、生徒たちが市長を表敬訪問

12月25日

JR常磐線柏駅開業120周年

ページトップへ戻る

柏の2017年(平成29年)はどんな年?

  • 柏の葉に新商業施設(柏の葉T-SITE(仮称))がオープン(2月)
  • 千葉県知事選挙(3月)
  • 手賀近隣センターオープン(4月) 
  • 大相撲柏場所(4月)
  • 道の駅しょうなんリニューアル(来春頃)
  • 第40回柏まつり(7月)
  • 柏市長選挙(11月)

柏の葉T-SITE(仮)柏まつり

ページトップへ戻る

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート