広報かしわ:平成28年10月15日号市長室だより「そごう柏店と市の発展」

最終更新日 2016年10月15日

ページID 037232

印刷

 柏駅前の発展の象徴として共に歩んできた「そごう柏店」ですが、多くの皆さんに惜しまれながら9 月末をもって43年の歴史に幕を閉じました。
 昭和48 年の柏駅前再開発事業の完成に合わせて営業を開始した「そごう柏店」。キャッチフレーズ「緑の街にお城のような百貨店」からは、当時の市民のかたがたのドキドキ感が想像できます。
 「そごう柏店」といえば、マスコミ等が柏を特集する際の画像や映像に必ずといってよいほど取り上げられる、まさに柏の顔として、柏駅を代表する商業施設でした。柏駅周辺のにぎわいは、こうした百貨店を中心に、多彩なイベントが多く開催されていることによるもので、そのことは柏の街の魅力の一つとなっています。
 その中でも特に印象的だったのが、平成25 年12 月に行った「プロジェクションマッピング」で、普段見慣れている「そごう柏店」の壁面が巨大スクリーンと化し、10 分間の映像世界が多くの市民を魅了したことは記憶に新しい出来事です。
 また、同年8 月に初めて行われた「かしわ街ごとキッザニア」でも、「子どもたちのために何かしたい」「子どもの夢を応援しよう」という思いに賛同していただき、子どもたちの夢をかなえる一役を担う店舗として、仕事体験の場を提供していただきました。
 このように、「そごう柏店」は、柏の街の発展に大きな原動力として寄与してきたとともに、活気のある街「かしわ」の象徴でもありました。それだけに閉店を惜しむ声はたくさん伺っており、多くの市民から親しまれた施設であったことを実感しています。これまでのさまざまなご功労に敬意を表し、感謝申し上げたいと思います。
 市では、柏駅周辺が引き続き、多くの皆さんから千葉県北西部の商業の中核拠点として支持されるよう、駅前の百貨店、地元の商店会や民間事業者とともに、「人を呼び込む、にぎわいのある街づくり」の実現に向け、街全体で取り組んでまいります。

  秋山 浩保

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 広報紙担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート