広報かしわ:平成28年9月15日号市長室だより「新たな公園樹木管理にご理解を」

最終更新日 2016年9月15日

ページID 036895

印刷

 現在、市内には600 カ所を超える公園や緑地があり、そこに植えられた樹木は、地域の大切な緑として親しまれています。この樹木の中には、植えられてから30 年以上経過したケヤキやイチョウなどの高木もあり、公園を利用するかたにとっては木陰や身近な緑として癒やしを与えてくれる一方、隣接住宅にお住まいのかたにとっては落ち葉の清掃をはじめ、日照阻害や暗がりによる環境の悪化、枝や根の越境など、大変悩ましい存在にもなっています。
 こうした樹木管理に関する市役所への問い合わせも多く、これらの問題を解決するために、公園の樹木の保全を重視した管理のあり方を見直すことは、市の大きな課題となっていました。
 そこで、公園が皆さんに一層愛されるよう、樹木に対するさまざまな思いを考慮した「公園内高木の管理指針」を定めました。この指針では、隣接住宅にお住まいのかたの住環境面と公園を利用するかたの防犯面で、支障となる樹木の対応策を定めています。
 例えば、住宅への越境による落ち葉や害虫発生の問題などで、隣接住宅にお住まいのかたへ影響を及ぼす場合や、樹木が生い茂ることで公園の外からの見通しが悪くなり、利用者の安全が保てない場合などに、伐採を行うことなどの管理方法を検討します。さらに、新たな樹木保全のあり方として、伐採時には切り株を残し、そこからの萌芽を生かして樹木の再生を促します。
 また、伐採の対象にならない樹木や、公園のシンボルとなるような樹木については、これまでの一度にたくさんの枝を切るような管理方法から、樹木の健全な生育につながる、樹木本来の形を守り、景観にも配慮した管理に移行します。樹木を伐採することには、さまざまなご意見があると思いますが、これまで増える一方であった樹木管理の経費を抑制し、保全すべき樹木の管理を手厚くすることで、公園全体としてよりよい管理ができると考えます。市の新たな公園樹木の管理にご理解とご協力をお願いします。

  秋山 浩保

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 広報紙担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート