広報かしわ:平成28年7月15日号市長室だより「市民レベルの国際交流拠点に」

最終更新日 2016年7月15日

ページID 036015

印刷

 今年5 月、柏駅東口にあるパレット柏内に「国際交流センター」がオープンしました。柏市在住の外国人向けの相談受付や日本語講座、柏市民向けの語学講座、市民と外国人の相互理解を深めるための各種イベントなどが行われています。このセンターを運営している柏市国際交流協会は、姉妹・友好都市との交換留学を長年行っており、多くの子どもたちを姉妹・友好都市に送り出し、柏への受け入れも行ってきました。今月は米国トーランス市、中国承徳市から学生が柏に来訪しますし、来月は柏の学生がトーランス市、豪州キャムデン町に行く予定です。
 どうして税金を利用して、「国際交流」事業をやるのでしょうか。市民の生活を支えることが市の役割だとすると、国際交流事業の優先順位は低いのではないかというご意見も頂戴します。
 しかし、国際交流事業は、継続していきたいと思っています。日本人と外国人が日常的に交わるようになる「街の国際化」は、どんどん進んでいます。そして、その流れは柏市にも及んでいますし、今後も加速していくはずです。
 違う文化や習慣を持つ外国人とも共生していくためには、いろいろな国のかたがたとの接点を増やし、コミュニケーションに慣れ親しむことが、まず大事です。そのきっかけを提供する場が国際交流センターです。
 柏市には、約7,000 人の外国人登録がありますが、その一部は東京大学柏キャンパスや麗澤大学などに通う学生です。学生たちは、市民の皆さんとの交流を期待しています。そのきっかけを国際交流センターが示してくれます。
 ぜひ、国際交流センターに足を運んでみてください。柏市ならではの国際交流のプログラム情報がたくさん見つかると思います。言葉の心配もあると思いますが、身振り手振りでも通じる部分も多いです。逆に、それを楽しんでください。市民レベルの国際交流を広げることが、少し大きな話ですが、世界平和の礎になると信じています。

  秋山 浩保

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 広報紙担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート