十余二小学校で公開授業「科警研と『聞き書きマップ』を情報道具をもって作ろう」~子どもたちの防犯意識の向上を目指して~(平成27年11月10日発表)

最終更新日 2015年11月11日

ページID 025700

印刷

柏市教育委員会では、子どもたち自身に危険を予測して回避する能力と、状況に応じて考え判断し、行動する力を身につけてもらうことを目的に、公開授業「科警研と『聞き書きマップ』を情報道具をもって作ろう」を実施します。

これは、千葉県教育委員会が文部科学省の受託事業として進める「防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業(防犯を含む生活上の安全に関すること)」の一つとして取り組むもので、十余二小学校は同事業における市内唯一のモデル校となっています。

当日は、同小の近隣にある科学警察研究所と連携し、児童が情報道具(デジカメ、GPS受信機、ICレコーダー)を使って自分たちの目や耳で収集した地域の安全に関する情報をもとに「聞き書きマップ」を作成し、当該マップを通して安全に関する自助、共助の基礎的・基本的知識・技能の習得を目指します。

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 広報紙担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート