広報かしわ:平成27年10月15日号市長室だより「柏のふるさと手賀沼」

最終更新日 2015年10月15日

ページID 025336

印刷

 新しく市民になられた皆さんには想像もつかないと思いますが、柏市にとって手賀沼はそれほど重宝される場所ではありませんでした。日本一汚れた湖沼として、有名だったからです。私も小さい頃は、手賀沼にはあまり良い印象を持っていませんでした。
 そんな手賀沼も、50年以上昔は、水面から泳ぐ魚がはっきり見えるほど澄んでいたといいます。周辺の田んぼの水源として、また、うなぎや鯉などの豊かな漁場として、地域の産業と生活を支える存在だったそうです。昭和の高度成長期、人口が急増したことで、下水道整備が追いつかず生活排水などが直接流れ込んでしまい、手賀沼は水面を覆うアオコと鼻をつく異臭が漂う湖沼へと変わり果ててしまいました。
 しかし、近年、水質浄化が進み手賀沼の存在が見直されています。首都圏近郊にありながら、豊かな自然環境が残る貴重な地域として再認識されてきたのです。今では、手賀沼トライアスロンや手賀沼エコマラソンなどのイベントが慣例行事として定着し、カヌーやヨットも見慣れた景色になりつつあります。休日は、多くの市民の皆さんが遊歩道を歩いたり、走ったりして、その風景を楽しんでいます。
 手賀沼のような大きな水辺環境をもつ街は首都圏では珍しく、それゆえに手賀沼は柏の「象徴」や「誇り」と言ってよいかもしれません。手賀沼の美しい風景は、ふるさと「柏」を思い起こさせる魅力的で大切なものだと思います。
 すでに多くの市民の皆さんが手賀沼の魅力に気付いていますが、市ではさらに手賀沼の魅力を伝えていきたいと考えています。1・2面で紹介した「手賀沼まるかじりツアー」は、環境や食の学びの場としての手賀沼から、水辺でのレクリエーションや遊びの場としての手賀沼まで、さまざまな姿を知るとても良い機会です。
 手賀沼を訪れたことのあるかたは、新たな魅力を探しに、まだ訪れたことのないかたは、手賀沼とその周辺の環境を体感しに、このイベントに参加してみてはいかがですか。きっと新しい柏が見えるはずです。

  秋山 浩保

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 広報紙担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート