第19回芹沢銈介作品展 「芹沢銈介×棟方志功~装幀と描かれた物語の世界~」(平成27年6月4日発表)

最終更新日 2015年6月5日

ページID 023530

印刷

市では、型絵染の人間国宝・芹沢銈介と板画家・棟方志功の二人がそれぞれ手がけた、装幀と物語をモチーフにした作品を9月6日(日曜日)まで展示します。

第19回目となる今回の企画展では、芹沢銈介が手がけた装幀本や挿絵などとともに、板画家・棟方志功が描いた、世阿弥作の謡曲「善知鳥(うとう)」や堀内大学の詩集「ヴェニュス生誕」別冊の挿絵を展示し、芹沢銈介と棟方志功二人の描いた物語と書籍装幀の世界をお楽しみいただきます。

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 広報紙担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート