市内中学・高校生ビブリオバトルチャンプ本受賞者「私の好きな本、書店でおススメ!」

最終更新日 2015年1月7日

ページID 021543

印刷

平成26年11月16日に開催した市内中学・高校生ビブリオバトルで、チャンプ本賞および奨励賞次点に輝いた4冊の「おすすめ本」に、各受賞者が作成したPOPが市内の書店で展示されています。
書店での展示全体
 以下の画像はクリックで大きくなります。

「辞書になった男」の本の作成されたPOP
中学生の部 チャンプ本『辞書になった男』
の作成POP
光ケ丘 中学2年生 川村航太郎さん
「海峡の旅」の本の作成されたPOP
中学生の部 次点本『海峡の光』の作成POP
豊四季中学2年生 篠原夢さん
「僕達は世界を変えることができない」の本の作成されたPOP
高校生の部 チャンプ本
『僕たちは世界を変えることができない。』の作成POP
麗澤高校2年生 高岡日向さん
「キノの旅」の本の作成されたPOP
高校生の部 次点本『キノの旅(シリーズ)』
の作成POP
沼南高校3年生 生沼美夏さん 

中学・高校生ビブリオバトル

今年で3回目となった図書館のビブリオバトル、今年は市内中学・高校の部では、25校が競い合いました。
約130名の観覧者が投票によりチャンプ本を選びました。

本の説明を壇上で行う女生徒
バトラー(発表者)は「おすすめ本」を
情熱を込めてプレゼンし、紹介します。
討論時間も壇上で表示されています
発表の時間は5分間です。
緊張感がはしります。
質疑応答に応えるバトラー
発表の後には、3分間の会場からの質疑応答を
受けます。
優勝カップをもったうれしそうな受賞者
一番読みたくなった本「チャンプ本」の受賞者には
優勝カップが授与されます。

投票の際には、観覧者全員が発表者に応援コメントを送る等、市民・大人の皆さんが一体となって子どもの読書を応援しています。

書評を行う画家の長縄えい子さん児童絵本作家であり、柏市立図書館のブックカバーの
イラストのデザイン等も手がけている市内在住画家の
長縄えい子さんが書評をされました。

 柏市では、乳幼児期から小中学校まで、「ブックスタート」、「こども図書館」、「子ども司書養成講座」等、一環した読書推進の取り組みをしており、小中学校の平均図書貸出し冊数も増加する等、県内でも子どもの読書活動が盛んな地域と言われています。
このような環境の下、ビブリオバトルを通して、「本」の魅力を市民全体で共有すること、次世代の子どもたちへ「本を通じた生きる力」の継承があることを感じました。
ビブリオバトルは中学・高校生の部のほかに、市立図書館・市内大学生の部や、市民の方々が発表する市民バトラーの部も実施しています。
来年の開催をどうぞお楽しみに!

ビブリオバトルに参加した中学生のみなさん
参加した中学生のみなさん

ビブリオバトルに参加した高校生のみなさん
参加した高校生のみなさん

書店でのPOP店頭展示について

とき・ところ

書店でのPOP展示期間は1月19日(月曜日)まで。
ウイングブックセンター(柏高島屋ステーションモール8F)、浅野書店(スカイプラザB1F)でご覧いただけます。

問い合わせ

図書館 電話 04-7164-5346
図書館のホームページをみる。

なお、柏市立図書館本館ロビーでは1月13日まで、ビブリオバトルの紹介した本の展示をしています。
(注意)貸出し中の場合があります。

(平成27年1月5日掲載)

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 広報紙担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート