長寿社会のまちづくり、豊四季台をオランダ国王夫妻に紹介

最終更新日 2014年11月19日

ページID 020905

印刷

10月30日、真っ青な秋晴れとなった晴天の日、オランダ国王夫妻がご出席される東京大学高齢社会総合研究機構主催のシンポジウムに 、長寿社会のまちづくりとして豊四季台が紹介され、秋山市長と生きがい就労に取り組んでいる市内の高齢者の方が招待されました。

今回、オランダ国王夫妻が選ばれたテーマは「アクティブ・エイジング」。
オランダ国王夫妻は、豊四季台の教育および農業の面で活躍している高齢者の方に直接、インタビューされお話を伺っておいででした。

豊四季台の詳しい取り組み長寿社会に向けたまちづくり~地域包括ケアシステムの具現化に向けて~を見る。

オランダ国王夫妻と豊四季台団地高齢者とのインタビュー
私達の寿命は、 毎週末が増えていくようなペースで伸びているとのことです。
うまく年をとっていくために大切なのは、高齢者が弱い存在でも、無気力ではなくバイタリティを保持していること。
その方向性をもっている高齢者が活躍する新しい街のモデルとして、今回、柏市豊四季台が紹介されました。
東大弥生キャンパス一条ホール
会場となったのは、東京大学弥生キャンパスの弥生講堂・一条ホールです。
会場内スクリーン
会場内は程良い緊張感に包まれました。
秋山市長がオランダ国王布佐をお出迎えし握手
市長とさわやかな握手を交わされました。
秋山市長が英語でスピーチをされる様子
柏市豊四季台の街と活躍について、
流暢にスピーチをする市長。
オランダのライデン大学の教授のスピーチ
うまく年をとっていくことについて述べられる
オランダ王国のライデン大学教授。
企業展示ブース
企業展示ブースの様子。

(平成26年10月30日撮影)

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 広報紙担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート