JX-ENEOSサンフラワーズが最多記録17度目の優勝を果たす!

最終更新日 2014年4月24日

ページID 018371

印刷

試合終了

 バスケットボール女子、Wリーグのプレーオフ・ファイナル第3戦が4月20日、代々木第2体育館で行われ、JX-ENEOSサンフラワーズが6連覇をかけ、試合に挑みました。

 相手はデンソーアイリス。今季レギュラーシーズンの対戦では2勝1敗で勝ち越しているものの、1点差の試合が2度もあり、決して気の抜けない相手です。

 プレーオフ・ファイナル第1・2戦も緊迫したゲームに。第1戦59対55、第2戦73対71と、JX-ENEOSサンフラワーズが僅差で勝利しました。

 そしていよいよ優勝がかかった第3戦。序盤、デンソーアイリスがテンポよく点数を重ね、第1クオーターを終了して14対24の苦しい展開。徐々にリズムをつかみ第2クオーターで追いつくも、一進一退の攻防が、試合時間残り5分まで続きました。

 最後の1秒まで勝敗が分からない試合展開。試合終了後のインタビューで勝利の理由を、「負けられない!という気持ちが相手より強かったから」と振り返った渡嘉敷選手。71対68でJX-ENEOSサンフラワーズが激戦をものにし、6季連続、最多記録となる17度目の優勝を成し遂げました!

 ケガの吉田選手の分までチームを牽引してきた新原キャンプテンが、優勝インタビューで言葉を詰まらせるシーンもありましたが、チームは喜びと笑顔に満ちあふれていました。

ティップオフに競り勝つ渡嘉敷選手
ティップオフに競り勝つ渡嘉敷来夢選手
小さな体で果敢に攻める岡本彩也花選手
小さな体で果敢に攻める岡本彩也花選手
シュートに持ち込む新原選手
相手を振り切りシュートに持ち込む新原茜選手
ゴール下を守る間宮選手
ゴール下を守る間宮佑圭選手
抱き合って喜ぶ選手たち
終了のブザーに抱き合って喜ぶ選手たち
笑顔あり涙あり
 スタンドのお客さんに応援のお礼
ヒーローインタビューにはにかむ大沼選手
ヒーローインタビューにはにかむ大沼美琴選手
新原選手を胴上げ
最後は新原キャプテンをみんなで胴上げ
集合写真

 6連覇おめでとうございます!!

(平成26年4月21日掲載)

 

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課 広報紙担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート