梨シーズン到来!

最終更新日 2013年8月13日

ページID 016058

印刷

柏のなし直売所マップ(PDF形式:2,077KB)今年も柏に梨のシーズンがやって来ました!
千葉県は落花生のイメージが強いですが、「梨」の生産量も全国1位を誇っています。
今年は、7月下旬から収穫が始まっていて、品種によって収穫時期が違うため、10月頃まで収穫が続きます。

今回は、柏市内で唯一、梨狩りが楽しめる渡来果樹園さんを取材させて頂きました。園主の渡来さんは、高柳で60年以上続く梨農家さんです。10種類以上の梨を栽培しています。


梨棚
梨棚は、収穫しやすいように、高さ150cmくらいで設置されています。

温度計
この日も、気温は35度を超えていました。連日の猛暑の中の作業は過酷です。

幸水

現在最盛期を迎えている「幸水」は、主要品種の中では最初に収穫される、梨の代表格です。酸味が少なく、爽やかな甘さとシャリシャリした歯触りが特徴の人気の品種です。

かおり

最近人気の「かおり」は、梨には珍しく甘い芳香があり、クリーム色に色づいた大玉が特に美味しいそうです。収穫期に自然に落下してしまうため、収穫時期が短く希少価値の高い品種です。こちらは、9月中旬頃が収穫の目安です。


 

樹齢10年ほどの木
園主の渡来さんと樹齢約10年の木。

樹齢約60年の木
樹齢約60年の木。10年のものと比べると、幹の太さが全然違いますね!
まだまだ現役で活躍中です。
ちなみに、梨の木も人間同様、20歳から30歳くらいが勢いがあり、歳を重ねるごとに収量が少なくなっていくそうです。

蝉の抜け殻

 

梨選別機 

収穫した梨は、選別機械にかけられ、重さで分けられ箱詰めされていきます。



 

ぶどう 
ぶどう

プルーン
プルーン

キウイフルーツ


各梨農家さんの直売所には、梨以外にもブドウ、プルーン、キウイフルーツ、桃などが植えられている事が多く、運良く出会えれば購入も可能。色々な直売所に足を運ぶ楽しみが増えます!
(プルーン、キウイフルーツは、市内の梨農家さんの畑で撮影したものです)


柏の梨農家で組織する「柏市果樹組合」では、現在30軒以上の農家が名を連ね、毎年使用農薬のチェックや土壌の分析、栽培技術の研修などを行っています。また、若手が中心となり研究部を組織し、協力しながら技術の向上に取り組んでいます。

今年はぜひ、市内の直売所に足を運び、色々な品種を食べ比べてみて下さい!

また、地方への発送も可能ですので、贈答用にも喜ばれそうです。

 

今回取材させて頂いたのは、

 

渡来果樹園

柏市高柳1471−4

04−7191−0128

9:00〜18:00

定収日なし

梨狩り料金 1kg/600円

 

柏市内の梨農家の情報は、「となりの農家2」または、柏市果樹組合が発行する「柏のなし直売所マップ」をご覧下さい。

柏のなし直売所マップ(PDF形式:2,077KB)

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート