巡礼終わり、結願成就 東葛印旛大師

最終更新日 2018年3月6日

ページID 004839

印刷

 5月1日の朝から5日にかけて、この季節の風物詩「東葛印旛大師」が行われました。

 この巡礼は、5月1日の朝、結願(けちがん)区の寺院を出発し、柏・鎌ケ谷・白井・松戸地区の寺院に設けられている88か所の札所を巡り、5日には結願区で「お練り込み」をして出発した寺に帰るのが、慣例となっています。

 今年の結願区は鷲野谷で、当地区の医王寺を出発し、沼南地域を中心に市内を巡礼しました。

(補足)結願とは・・・88ヶ所の札所をすべてまわりきること。

 結願の5日、鷲野谷地区は大勢の人々でにぎわいました。 

結願となる5日の様子 

 送り大師の風景写真1 送り大師の風景写真3

送り大師の風景写真2 送り大師の風景写真4

(平成20年5月7日掲載)

情報発信元

地域づくり推進部広報広聴課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1175
ファクス 04-7166-8289
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート