マイナンバー制度による情報連携の本格運用が開始されました

最終更新日 2017年11月15日

ページID 043936

印刷

平成29年11月13日(月曜日)から、マイナンバー制度による情報連携の本格運用が開始されました。

各種の事務手続の際にマイナンバーを申請書などに記入することで、これまで申請書などに併せて提出する必要があった住民票の写しや課税証明書などの提出を省略することができるようになります。
なお、マイナンバーを申請書などに記入いただいている事務手続のうち、一部のものについては、引き続き、添付書類の提出をお願いするものがあります。
詳細については、事前に、各事務手続を所管する部署にお問い合わせください。

情報連携とは? 

マイナンバー法に基づき、専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関(柏市と他の自治体、柏市と国の行政機関)の間で、各種の事務手続を処理する際に必要となる情報のやりとりを行うことです。
 (参考)(内閣官房・内閣府リーフレット)マイナンバー制度の情報連携について(PDF形式 847キロバイト)

情報連携の本格運用の対象となる事務手続と省略可能な書類などについて

マイナンバー制度による情報連携の本格運用の対象となる事務手続及び省略可能となる添付書類のうち、主なものは次のファイルのとおりです。

(注)上のファイルの表に掲載した事務手続や添付書類以外にも、対象となる事務手続や省略が可能となる添付書類があります。詳細については、事前に、各事務手続を所管する部署にお問い合わせください。

マイナンバーを使用する手続に当たってのお願い

マイナンバーを使用する事務手続を市の窓口で行う際には、必ず、「マイナンバーを確認できる資料」と「身元を確認できる資料(運転免許証、パスポートなど)」をお持ちください。
なお、「マイナンバーカード」をお持ちであれば、「マイナンバーの確認」と「身元の確認」を1枚で済ますことができます。

情報発信元

企画部行政改革推進課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1118
ファクス 04-7167-6644
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート