行政評価の概要

最終更新日 2019年9月19日

ページID 009539

印刷

行政評価の目的

市では、市税などの行政(経営)資源の減少に伴い、限られた行政資源の更なる有効活用が求められています。
そのため、「なぜ実施するのか」という「目的」ではなく、「実施した効果は上がっているのか」という「成果」の視点から市の活動を判断するために、行政評価制度を導入しました。
行政評価では、市の活動がどのような成果を挙げているかを評価し、その結果を次年度予算など、今後の計画に的確に反映させることを目指しています。

事務事業評価

行政の活動は、「政策」、「施策」、「事務事業」などに分類することができます。
政策と施策、施策と事務事業はそれぞれが目的と手段の関係にあり、すべての事務事業は政策目的を実現するために実施されています。
柏市では、行政評価の最初の取り組みとして「事務事業評価」を実施しています。
事務事業評価では、各所属の総括業務や庶務的な業務、独自の評価を実施している部署の事業などを除くすべての事務事業を対象として、評価を実施しています。 

  • 第1段階
    事業の見える化(=事業整理、予算との紐付け、シート記載内容の精度アップ)
  • 第2段階
    事業分析
  • 第3段階
    分析結果の事業選択・予算への反映

行政評価の概念図

行政評価導入の経緯

平成17年3月の合併に先立ち、事務事業のすりあわせを行う際に、行政評価システムを活用しました。
平成18年度からは、さらなる効率的で効果的な行政運営の実現を目指すとともに柏市の現状や方向性を分かりやすく市民の皆さんにお伝えするため、全事業への行政評価の導入準備を始めました。

情報発信元

企画部情報・業務改善課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1118
ファクス 04-7167-6644
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート