企画部ってどんなところ?

最終更新日 2017年5月8日

ページID 018441

印刷

平成29年度 企画部プロフィール(部局運営方針)

企画部長からのメッセージ

部長画像       飯田 晃一企画部長

平成28年度よりスタートした第五次総合計画に位置づけた施策を着実にすすめ、将来都市像の実現に向け「実効性」の視点をもって進捗管理を行なってまいります。
将来にわたり持続する自治体であり続けるため、この10年はより一層の財政の健全化や効率的・効果的な行政サービスを実現していく必要があり、特に次の5つの視点に立ってPDCAの実践による計画の適切な運用を図ってまいります。

 

   1.経営的視点の醸成
   2.自発的・自立的な組織風土の醸成
   3.職員の育成
   4.男女共同参画・市民協働の推進
   5.公共施設の適正配置

 

  また、ICTを活用し市民サービスの向上を図ることは当たり前になっている今日、インターネットに偏らず幅広い情報提供手段の確保の視点も踏まえ情報化に取り組み、大きな課題となっている情報セキュリティーについても物理的な対策だけでなく、情報セキュリティー監査や業務システムの認証方式の厳格化など、複合的な対策を講じ強固なセキュリティー体制を構築してまいります。

企画部が取り組むこと

  • 総合計画及び施策の推進に関すること。
  • 組織及び事務能率に関すること。
  • 統計に関すること。
  • 特命事項に関すること。
  • ICTによる市民サービスの向上。
  • 情報セキュリティ対策の充実・強化。
  • 行政改革に関すること。

企画部の資源

組織構成
職・課名 常勤

再任用
(短時間)

臨時 その他 合計
部長・次長級職 2 2
企画調整課 11 11
行政改革推進課 7 7
情報政策課 10 10
  • 部職員合計30名、うち正規職員30名(全正規職員(2,645名)に占める割合1.1パーセント

平成29年度当初予算

  • 一般会計 636,125,000円(一般会計全体(122,730,000,000円)に対する予算割合0.5パーセント)
  • 特別会計 0円

企画部の主な課題と対応・取り組み方針

課題1 柏市第五次総合計画の実効性の確保

課題内容

柏市第五次総合計画に位置づけた施策・取組については、着実な実施とともに、期待どおりの成果が挙げられるよう、実施状況の把握や点検・評価に基づく見直しなど、計画の実効性を確保するための進捗管理が必要となっています。

対応・取り組み方針

総合計画の実効性を高めるため、PDCAマネジメントサイクルに基づく取組・事業の点検・評価を行います。

課題2 行財政改革の推進

課題内容

「柏市第二次行政経営方針」の財政見通しにおいて見込まれる財源不足額を解消するとともに、健全財政確保のための基準値を達成し、持続可能な行財政運営を構築する必要があります。

対応・取り組み方針

行政評価(事務事業評価)を活用した事務事業の見直しや民間事業者の活用による事業の効率化のほか、公共サービスの利用に伴う使用料や手数料などの見直しを行います。

課題3 まち・ひと・しごと創生(柏市地方創生総合戦略)

課題内容

持続可能な行財政基盤の構築と自立都市の実現を目指すために、“選ばれる”ことをより意識した取組みが求められています。

対応・取り組み方針

4つの基本目標「1.柏市への新しいひとの流れをつくる」「2.柏市の若い世代の出産・子育ての希望をかなえる」「3.柏市の産業を活性化し、安定した雇用を創出する」「4.時代に合った地域をつくり、安心なくらしを守るとともに、地域と地域を連携する」のもと、人口減少の克服、地方創生の観点から総合計画を補完しながら各種事業を進めます。

課題4 ICT(情報通信技術)による市民サービスの向上

課題内容

情報化の進展や、通信環境の整備に伴い、国・自治体等が保有する公共データの二次利用に対するニーズが高まってきています。

対応・取り組み方針

市の所有するデータのオープンデータ化を推進していきます。また、子育てワンストップの開始に向け、国や自治体との情報連携を行うためのシステム環境整備を実施します。また、マイナポータルの本格稼動に伴い、子育てに関する行政手続きがワンストップで行える、子育てワンストップサービスを開始します。

課題5 情報セキュリティ対策の充実・強化

課題内容

近年、官公庁等を狙ったサイバー攻撃が急増しており、市民が安心して安定的にサービスが利用できるよう、一層の対策が求められています。

対応・取り組み方針

物理的なセキュリティ対策のほか、柏市情報セキュリティポリシーに基づいた職員研修や情報セキュリティ監査等による人的対策を含め、複合的な対策をとっていきます。

平成29年度の主な事業

総合計画の進捗管理

総合計画に位置づけた重点事業を中心に、各種取組等が期待どおりの成果をあげられるよう基本構想の重点目標や施策に対する達成状況等の点検・評価・見直し等を行います。

  • 目標
    重点事業を対象にヒアリングを実施し、次年度の予算編成や職員配置等に反映させます。
  • 関連する課題
    課題1 柏市第五次総合計画の実効性の確保
  • 予算
    0円
  • 担当課
    企画調整課

柏市地方創生総合戦略の進捗管理

地方創生総合戦略に位置づけた事業を着実に実施できるよう国の支援を確保するとともに、多様な主体と連携しながら、事業を推進します。また、総合戦略は、事業内容について適正に評価・検証を行うことで柏市における課題を把握し、PDCAサイクルで改善を図っていくための柏市の「処方せん」となるものです。

  • 目標
    純移動数(転入数-転出数):1,923人(H26)→3,000人(H31)、市内従業者数:132,541人(H24)→140,000人(H31)等、総合戦略で掲げた各種数値目標の達成を目指します。
  • 関連する課題
    課題3 まち・ひと・しごと創生(柏市地方創生総合戦略)
  • 予算
    160,000円
  • 担当課
    企画調整課

基地周辺対策

  1. 防衛施設周辺整備補助・特定防衛施設周辺整備調整交付金等の制度活用
  2. 基地運用状況(飛行日数・時間・機種等)の情報収集
  3. 基地及び防衛省に対して、住民生活の安定・向上に関する要望
  • 目標
    防衛補助制度の厳正化や縮小が本格的に議論されつつある中、引き続き従来と同等規模の事業額を確保。基地周辺の住民ニーズを踏まえた都市環境の整備を進めていきます。
  • 予算
    25,000円
  • 担当課
    企画調整課

柏の葉国際キャンパスタウン構想

わが国においては、人口減少や少子高齢化、環境・健康・防犯・防災、経済活力等の様々な問題の顕在化に加え、ライフスタイルの多様化等による街の居住者・利用者のニーズの変化に対応した、新たな都市像の確立が求められています。本構想が対象とする柏の葉地域は、公民学が連携した先端的な都市づくりが可能な非常に高いポテンシャルを持つことからも、世界水準の都市づくりを先導するモデルとしての役割を担っています。このため、地域の関係者である、千葉県・柏市・東大・千葉大・民間企業・市民・NPO等が連携・協働し、先端的な都市づくりを具体的に実践していく新たなまちづくり事業を行います。

  • 目標
    「柏の葉国際キャンパスタウン」形成のために次の8つの目標を設定しています。 
     1.環境と共生する田園都市づくり 
     2.創造的な産業空間と文化空間の醸成
     3.国際的な学術空間の形成
     4.サスティナブルな移動交通システム
     5.キャンパスリンクによる柏の葉スタイルの創出
     6.エリアマネジメントの実施
     7.質の高い都市空間デザイン
     8.イノベーションフィールド都市
  • 予算
    4,500,000円
  • 担当課
    企画調整課

広域行政による近隣市連携

  1. 東葛広域行政連絡協議会(柏市、野田市、松戸市、流山市、我孫子市、鎌ケ谷市の6市で構成。柏市が事務局。市行政の広域化の要請等に対処するため、関係市が相互に連絡調整を図ることを目的とする。)
  2. 東葛中部地区総合開発事務組合(地方自治法で定められた一部事務組合。柏市、流山市、我孫子市の火葬場及び葬祭に関する事務、障害者支援施設みどり園の設置、管理及び運営に関する事務を共同処理。)
  3. 成田空港活用協議会(成田空港を活用して千葉県経済を活性化するために設立。趣旨に賛同する県内の自治体、経済団体、事業者団体、企業で構成。)
  4. JOBANアートライン協議会(上野駅から取手駅までの各沿線自治体が連携してアートをテーマにしたイベント開催やPR活動等を行い、常磐線沿線沿いの地域活性化を図るもの。)
  5. 手賀沼・手賀川活用推進協議会(柏市、我孫子市、印西市の3市で構成。我孫子市が事務局。手賀沼、手賀川エリアの魅力向上による活性化を検討。)
  • 目標
    1市のみでは解決できない課題、複数の自治体で共通して取り組んだ方が効果・効率的な課題等について、関係する自治体・団体と協議を行い、実施に向けた調整を行います。
  • 予算
    48,256,000円
  • 担当課
    企画調整課

行政評価の実施

事務事業のメリハリをつけた見直し(必要性、費用対効果等に関する評価の徹底と、優先順位に基づく重点化)を行うため、各事業の趣旨に立ち返って事務事業の評価を行います。平成29年度は、平成28年度に引き続き、企画部による内部評価を実施します。

  • 目標
    事務事業評価による実効性のある事業の見直しを行ないます。
    予算事務事業との関連付けを行ない、PDCAサイクルを機能させます。
  • 関連する課題
    課題2 行財政改革の推進
  • 予算
    0円
  • 担当課
    行政改革推進課

柏市第二次行政経営方針の進捗管理

柏市第五次総合計画の分野別施策体系「マネジメント」に位置づけた取組等を、具体的に実施するための計画である、「柏市第二次行政経営方針」に示されている取組を進めます。

  • 目標
    歳入増加や歳出抑制に向けた取組、職員の能力向上、組織体制の最適化等を行ない、健全財政を確保することで、持続可能な行政経営を実現します。
    市全体の公共施設やインフラを総合的に管理する体制を整え、維持管理、更新、長寿命化、適正配置等を計画的に進めます。
  • 関連する課題
    課題2 行財政改革の推進
  • 予算
    0円
  • 担当課
    行政改革推進課

組織・定員管理

引き続き、第五次総合計画における重点事業に関して、必要な体制整備を行うとともに、様々な社会環境の変化や市民ニーズに柔軟に対応できる組織づくりを推進します。一方、将来にわたって自立的な行財政運営を維持するためには、より一層の財政の健全化や、効率的・効果的な行政サービスを実現していく必要があります。今後も、再任用職員や任期付職員、臨時職員等の様々な形態の職員の積極的活用、さらには、事務の集約化や民間活力の導入を促進することで、必要な資源を確保し、最適配置を行います。

  • 目標
    「柏市第二次行政経営方針」の財政見通し(行政改革の取組後)における人件費額に収まる職員数が目標
  • 関連する課題
    課題2 行財政改革の推進
  • 予算
    0円
  • 担当課
    行政改革推進課

オープンデータの推進

国・自治体等が保有する公共データを民間が活用することにより、地域課題の解決や新たな産業の創出が期待できることから、これらのデータを二次利用が可能な形式により公開します。

  • 目標
    柏市オフィシャルウェブサイトにおいて公開しているオープンデータを拡充します。
  • 関連する議題
    課題4 ICT(情報通信技術)による市民サービスの向上
  • 予算
    0円
  • 担当課
    情報政策課 

子育てワンストップサービスの開始

社会保障・税番号制度におけるマイナポータルの本格導入に伴い、子育てに関する行政手続きがワンストップで行える、子育てワンストップサービスを開始します。

  • 目標
    マイナポータルの本格導入に合わせ、子育てワンストップサービスを開始します。
  • 関連する課題
    課題4 ICT(情報通信技術)による市民サービスの向上
  • 予算
    926,640円
  • 担当課
    情報政策課

情報セキュリティ対策の強化

情報通信技術の革新が進む中、官公庁等へのサイバー攻撃やセキュリティ事故は増加傾向にあり、さらにマイナンバー制度の開始に伴い、地方自治体においては適切な安全管理措置を実施することが求められています。庁内情報ネットワークの再構築、業務システムにおける認証方式の厳格化、インターネット接続口の監視の強化、庁内における外部媒体取扱いの見直しなど、情報漏洩防止に向けた対策のほか、職員に対するセキュリティ研修や、情報セキュリティ監査等を実施します。

  • 目標
    情報セキュリティの向上のため、技術的な対策の拡充のほか、職員のセキュリティ意識向上等の人的なセキュリティ対策を強化します。
  • 関連する課題
    課題5 情報セキュリティ対策の充実・強化
  • 予算
    22,397,561円
  • 担当課
    情報政策課

各種基幹統計調査実施

  1. 千葉県毎月常住人口調査(毎月1日期日)
  2. 千葉県年齢別・町丁字別人口調査(4月1日)
  3. 学校基本調査(5月1日)
  4. 平成29年工業統計調査(平成29年6月1日)(調査員が訪問する統計調査)
  5. 平成29年.就業構造基本調査(平成29年10月1日)(調査員が訪問する統計調査)
  6. 平成30年住宅・土地統計調査単位区設定(平成30年2月1日)
  • 目標
    円滑な調査、精度の高い調査を実施します。
  • 予算
    6,812,000円
  • 担当課
    情報政策課

調査結果の公表・閲覧・分析

  1. 常住人口、町丁字別人口(毎月1日公表)
  2. 町丁字別年齢別人口(毎年4月1日、10月1日公表)
  3. 柏市統計書(毎年6月発行)
  4. 各種統計調査結果国県公表があった場合、ホームページ・ツイッターにより随時お知らせを行います。
  5. 「柏市統計結果情報の閲覧及び提供等に関する事務取扱要領」に基づき、要望により資料の閲覧・提供を行います。
  • 目標
    迅速な公表、情報の提供及び柏市独自の分析を行います。
  • 予算
    2,582,000円
  • 担当課
    情報政策課