市議会平成27年第2回定例会から

最終更新日 2015年6月8日

ページID 023488

印刷

平成27年6月5日(金曜日)に開会した「市議会平成27年第2回定例会(6月議会)」において、次のとおり市政の主要な事項等について報告いたしました。

市議会平成27年第2回定例会 市政報告

平成27年第2回定例会の開会に当たり、市政運営の主要な事項について、その概要を申し上げ、議員各位の御理解と御協力を賜りたいと存じます。

はじめに、長年懸案事項となっておりました、認可保育園の待機児童については、平成25年7月に策定した「緊急対策 柏市待機児童解消アクションプラン」に基づき、様々な施策を行った結果、平成27年4月時点において、国基準の待機児童数ゼロを達成いたしました。

今後も、4月時点の国基準待機児童数ゼロの維持と入園保留者の更なる減少に向けて、引き続き取り組んでまいります。

また、光ヶ丘を練習拠点に活動している女子バスケットボールJX-ENEOSサンフラワーズが、第81回皇后杯全日本総合バスケットボール選手権大会及び第16回Wリーグで優勝し、2年連続で2冠を果たしました。

さらに、本市ホームタウンチームの男子バスケットボールチーム、日立サンロッカーズが、第90回天皇杯全日本総合バスケットボール選手権大会において初優勝し、男女それぞれのチームが栄冠を勝ち取り、市民により明るいニュースを提供されました。

 続いて、行財政の運営についてでございます。

 平成26年度の決算見込みは、景気の緩やかな回復基調による市税収入や消費税増税による地方消費税交付金の増額が見込まれる一方、歳出では、扶助費をはじめとした社会保障費が増額するなど、財政運営は依然として厳しい状況が続いておりますが、柏市行政経営方針に沿った取り組みなどにより、収支の均衡が見込まれています。

 引き続き、行財政改革を着実に推進し、健全な財政運営に努めてまいります。

 このような中で、補正予算につきましては、一般会計において国・県支出金などを財源に、柏駅東口D街区第1地区市街地再開発や農業振興対策のほか、低所得者の介護保険料軽減に伴う繰出金などに所要の額を計上いたしました。また、特別会計では、介護保険事業特別会計で低所得者の介護保険料軽減に伴う財源更正を、柏都市計画事業北柏駅北口土地区画整理事業特別会計で継続費の変更をいたします。

 続いて、本市の採用試験についてでございます。

 これまでも、多様な人材を確保するため、職員の採用に当たっては、スポーツ、文化・芸術などの分野で顕著な実績を収めた人材を対象とした自己推薦枠による採用を行ってきましたが、今年度からは、新たに柏という街に強い愛着を持ち、熱意を持ってまちづくりに取り組むことができるという視点に着目した「I LOVE 柏」枠による職員採用を実施することとしました。

 今後、6月28日に一次試験を実施した後、2次・3次試験を通して、魅力あるまちづくりに必要となる人材の確保に努めてまいります。

続いて、「柏市第五次総合計画」の策定については、本市が目指す将来の姿や、その実現のための施策の基本的な目標を示す基本構想案について、柏市総合計画審議会で審議されました。

5月からは基本構想案を踏まえ、施策の方向性を体系的に示す基本計画案の審議に入っています。

基本計画案では、本市における将来の課題や長期的視点を踏まえ、優先順位を考えて、真に必要な施策や事業を選択し、限られた財源を集中することを意識した内容にしてまいります。

引き続き、策定作業を進め、パブリックコメントを実施し、最終案をとりまとめてまいります。

次に、社会保障・税番号制度の導入についてでございます。 

個人番号の付番や通知などに関しては平成27年10月5日に、個人番号の利用や個人番号カードの交付などに関しては平成28年1月1日から施行することが決定されました。

今定例会においても、柏市個人情報保護条例や柏市手数料条例の改正議案を提出しているところであり、引き続き、社会保障・税番号制度を円滑に導入する準備を進めてまいります。

続いて、市立柏病院の建替え事業についてでございますが、前定例会で御報告申し上げたとおり、現在、事業を凍結しております。

凍結の間、市民の皆様の御意見をお聴きするため、町会単位の小規模な意見交換会を実施することとしております。

 既に、全ての町会・自治会・区に対して協力依頼を行い、現時点で、病院のある富勢地域とその周辺地域の6町会において意見交換会を実施したところです。

参加された皆様からは、賛否を含め、様々な御意見をいただきました。

今後も、意見交換会などを通じ、市民の皆様の声を丁寧にお聴きしてまいります。

次に、地域福祉の取り組みについてでございます。

柏市地域見守りネットワーク事業に関する協定を、生活協同組合や東京電力、京葉ガスなど民間事業者9社と締結いたました。この協定は、日常の事業活動の中で住民の異変を発見した際の通報について協力を求め、地域福祉の向上を図る事を目的としております。

また、6月2日に市内4箇所目となる地域いきいきセンターが、豊四季台近隣センター内に開設されました。地域づくり・子育て・障害者・高齢者支援など、できるだけ市民の皆様の身近な場所で気軽に相談できる体制づくりの一環として社会福祉協議会と連携し推進しているものです。今後も、このような地域の力を活かして課題解決を図ってまいります。

続いて、放射線に対する市民の健康不安の軽減に向けた取り組みについてでございます。

7月1日より、甲状腺超音波検査に関する費用の一部助成の受付を開始いたします。

検査実施機関は市立柏病院とし、対象者は福島第一原子力発電所事故当日と検査日において、本市に住民登録のある、平成4年4月2日から平成23年4月1日までに生まれた方といたします。

今後も、放射線に対するリスクコミュニュケーションの充実を図りつつ、引き続き、国や福島県の状況などを踏まえながら、放射線に対する市民の不安軽減に努めてまいります。

続いて、指定廃棄物の長期管理施設への対応についてでございます。

手賀沼流域下水道終末処理場内の一時保管施設から、南北クリーンセンターへの指定廃棄物の持ち帰りについては、平成27年3月24日をもって完了いたしました。

今後も引き続き、安全な仮保管の徹底と、常時の監視・管理を徹底してまいります。

また、4月24日に、国から千葉県における指定廃棄物の長期管理施設の詳細調査を行う候補地が示されたことから、今後もその動向を注視しつつ、指定廃棄物が安全かつ速やかに国へ引き渡され、処分・管理されるよう対処してまいります。

続いて、プレミアム商品券事業についてでございます。

本市では、95,000セット分の商品券を用意し、5月1日から購入希望者の募集を開始し、5月31日で締め切りました。

応募総数45,600通、申込セット数は86,100セットとなり約91パーセントの申込率でございました。

6月末までには応募いただいた方へ返信用ハガキをお送りし、7月1日からの商品券への引き換え開始に向けた準備を進めてまいります。

なお、残りの商品券については、現在追加販売を検討しており、販売方法などが決まり次第、市のホームページや広報かしわなどを通じて市民の皆様にお知らせしてまいります。

今回のプレミアム商品券事業については、1年限りの消費喚起の創出ではなく、地域での消費活動が継続する風土を醸成することを目的に、未来に続くキャンペーン事業として展開していきたいと考えております。

その一環として、今後市内で開催される食のイベントや、農業及び商業といった各種イベントなど、各会場でのみ有効なプレミアム付き商品券を発行し、本市の特産品や農産物などを、多くの市民の皆様に知っていただき、次への購買につながるようイベント事業をサポートしてまいります。

また、子育て生活応援券については、6月15日に対象者へ引換券を発送し、7月1日から応援券への引換を開始いたします。

次に、農業活性化事業についてでございます。

近年、農業を取り巻く社会状況は、大きく変化し、農業政策の転換期を迎えております。このような現状に柔軟に対応し、本市の特性を活かした都市近郊農業の振興を推進するため、昨年度に「柏市都市農業活性化計画」を改訂いたしました。

現在、計画に基き、道の駅の機能向上に向けた事業や農業生産の効率化のために関係者との協議などを行っております。

続いて、自転車に関する取り組みについてでございます。多様化するニーズや諸問題に対応するため、昨年度、「自転車総合計画」を策定いたしました。

今年度は、計画に基づき、柏駅周辺における駐輪・放置自転車対策として、指定管理者制度導入の準備を進めてまいります。

また、民間事業者への駐輪場設置費等補助金制度を開始し、駅周辺の買い物客などの自転車の受け皿となる駐輪場の確保に取り組んでまいります。

続いて、コンビニエンスストアへのAED設置事業については、平成27年8月1日の運用開始を目指して事業を進めております。

これに併せて、職員がAEDを使用し、いつでも、どこでも、応急処置ができるよう、救命講習を実施してまいります。

続いて、本定例会へ上程している主な議案について御説明申し上げます。

まず、柏市沼南公民館が、「柏市第四次総合計画後期基本計画」などに基づき、近隣センターへ移行することに伴い、柏市近隣センター条例及び柏市公民館条例の一部を改正する議案を本定例会に上程しております。

次に、重度心身障害者に対する医療費助成事業について、8月受診分より、現行の償還払いから、患者の請求手続きが不要となる現物給付化へ変更することに伴い、本市の重度心身障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する議案を本定例会に上程しております。

 最後になりますが、5月20日に発生した塗装工場の火災において、消防車両1台を焼損したことについて、お詫びいたします。

 また、消火活動中に消防隊員2名が負傷しました。

本件については、当初、火災の事後調査依頼があり、消防車両1台が出場し、調査を行っていたところ、再び火災が発生し、工場全体に延焼したため、工場に隣接して駐車していた消防車両へ火が燃え移り、焼損したものです。

現在、本件について調査・検討を行っております。今後、このようなことが無いよう安全管理体制を図ってまいります。

以上、前定例会以降の当面する市の課題などについて、御報告申し上げました。

今後も市勢発展のため鋭意努力してまいる所存でありますので、議員各位の一層の御指導、御鞭撻をお願い申し上げ、市政報告とします。

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

企画部企画調整課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1117
ファクス 04-7167-1210
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート