設置経緯

最終更新日 2011年3月1日

ページID 003161

印刷

柏市・沼南町合併検討会の設置

柏市と沼南町は、地理的・歴史的なつながりが強く、生活圏も一体化した地域であり、両市町の独自性を生かした施策を推進しつつ、これまでも様々な形で連携したまちづくりを行ってきました。
近年、本格的な地方分権の時代となり、「地域のことは地域で責任をもって決め、行動する」ことが、これまで以上に求められるようになってきました。これは、住民のみなさんやNPO(特定非営利活動法人)などの各種団体、事業者などと行政がこれまで以上に一体となって、新しいまちづくりを進める大きな契機となるものです。こうした時代に対応した行政運営を行っていくための一つの手法として、市町村合併が全国的に注目を集めています。
柏市と沼南町の1市1町の合併については、千葉県が平成12年12月にとりまとめた「千葉県市町村合併推進要綱」において、「市町村や住民が市町村合併について検討や論議する際の参考や目安になる市町村の組合せ(結びつきパターン)」の一つとして挙げられています。この要綱では、東葛地域においては「柏市・沼南町」の他は「野田市・関宿町」の組合せが示されているのみであり、野田市と関宿町は、その後、合併協議を進め、平成15年6月に合併に至りました。
一方、柏市と沼南町は、これまで両市町に加え、平成13年度に「柏市、流山市、我孫子市、沼南町」の3市1町で合併に関する基礎的調査を行いました。これを踏まえ、平成14年度には「柏市、我孫子市、沼南町」の2市1町が共同して、合併を想定した広域的な将来都市像の検討等を実施し、平成14年10月、この結果を「柏市・我孫子市・沼南町広域的まちづくり研究報告書」としてとりまとめ、広く地域において公表しました。しかし、平成15年2月に我孫子市は、市民アンケート結果や市が主催した懇談会の意向等を踏まえ、我孫子市独自によるまちづくりを進めていくという方向性が示されました。
こうした地域議論の流れの中で、柏市と沼南町は、1市1町による合併を行った場合においても、今後の地域まちづくりに大きなメリットがあるという考えに基づき、平成15年2月、「柏市・沼南町合併検討会」を設置しました。

柏市・沼南町合併検討報告書のとりまとめ公表

発足までの経緯 平成15年2月に発足した柏市・沼南町合併検討会は、広域的なまちづくりへの課題、両市町が合併した場合の新市の将来像、合併に際して期待される事項の例示、中核市移行の考え方、さらには両市町の行財政の概況をとりまとめ、平成15年3月28日に公表し、両市町長へ報告を行いました。
この報告に基づき、両市町は合併に向けた具体的な検討を進めていくことを明らかにしました。

柏市・沼南町合併検討報告書(PDF形式:475KB)

合併重点支援地域の指定

平成15年度に入り、両市町の合併に向けた検討が進む中、千葉県の合併重点支援地域の指定を受けるため、平成15年5月6日、堂本暁子千葉県知事に指定要請を行い、同12日県の指定を受けました。

重点支援地域の指定要請
堂本知事(右)に重点支援地域指定の要請をする(左から)本多柏市長、藤川沼南町長

法定合併協議会の設置

今、全国で進められている、いわゆる「平成の大合併」は、合併特例法の期限である平成17年3月までに合併した市町村に対して様々な支援措置が講じられることになっており、さらに合併に際して市町村が行う協議には、約22ヶ月かかるといわれています。このため、早期に法定の合併協議会を立ち上げることが必要との考えから、両市町は平成15年6月に開かれたそれぞれの議会に合併協議会設置のための議案を上程し、いずれも可決、平成15年7月1日「柏市・沼南町合併協議会」を設置しました。

情報発信元

企画部経営戦略課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1117
ファクス 04-7167-1210
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート