渡邊大地流 夫婦力がアップする!講座を実施しました

最終更新日 2019年11月27日

ページID 052964

印刷

渡邊大地流 夫婦力がアップする!講座を実施しました

  • 講座概要  産前・産後のパートナーシップに関する講座
  • 実施日 令和元年11月3日(日)
  • 講師 株式会社アイナロハ代表取締役 渡邊 大地
  • 参加者 11名
  • 講座内容

「渡邊大地流夫婦力がアップする!講座」は産後サポートケア事業を行う株式会社アイナロハの代表であり、全国で父親学級講師を行っている渡邊大地さんを講師にお招きし、産前産後のパートナーシップの重要性についてお話しいただきました。

まずは、渡邊さんより現在のコミュニケーションレベルを計るため男性側に3つの質問が投げかけられました。ここ1週間の中で「妻が一番しんどかった体の不調は何?」「妻が一番イラっとしたころは何?」「夫がやったことで妻が感謝したことは何?」という質問に、ほとんどのご夫婦が1つのみ正解するという結果でした。逆に女性側に質問してみても同様に1つのみ…お互いなんとなく勝手にそう思っていただけで、きちんと会話してみると正しく理解し合えることが実感できたようでした。

そしてここで男女別々のテーブルに移動し、お産当日から出産後の女性の身体の変化についてカードを並べ替えるワークショップを行いました。ここでは一旦並べてみるだけ、答え合わせは後ほど行われました。男性側のグループからは「“悪露”を何て読むのだろう??」「えー全然わからない!ここで学ぼう!」というような声が上がっていました。

次にタバコのニコチン被害について、「タバコの副流煙は妊婦さんや赤ちゃんの健康に悪い」という表面的な知識ではなく、より詳細になぜ健康を害することになるのかを教えてくださいました。また、妊婦さんが市販薬を飲む場合の注意点についてもお話しいただき、いかに身体を大事にすることが必要かということも学ぶことができました。

そして講座中盤には、お産当日から出産後の女性の身体の変化について、お話しいただきワークショップの答え合わせとなりました。丁寧に一つ一つの状況についてお話しいただき、いかに父親の役割も重要なのかということが理解できる内容でした。女性特有の体調と気分が一致しない複雑な問題に対して、一つ解決のヒントとなる”ヨメーター”もご紹介いただきました。今日、体調はどのくらい良くて、気分はどのくらい良いのかが一目でわかる”ヨメーター”はお互いの状況を明確にして、帰宅してみたら「なんか機嫌が悪そうだなぁそーっとしておこう…」→(実際には体調がすぐれないだけで機嫌が悪いわけではない)という勘違いをなくしたり、お互いの体調を気遣いコミュニケーションを取るキッカケも作ってくれるとのことでした。

最後に、どんなときにパートナーに会社を休んでほしいと思うか?について、推奨されているものとして「子どもが生まれる日」「子どもを自宅に迎える日」「出生届を提出する日」「1ヶ月検診」「妻の体調が悪い日」の5つを挙げられ、そのうち「妻の体調が悪い日」について、それはどれくらい体調が悪かったから休むのか、それぞれ話し合う時間が持たれました。妻の体調を気遣うことがいかに大切か、それは厚生労働省が発表しているとおり出産した女性のうち、3割がマタニティーブルーに、1割が産後ウツになっている(新生児訪問にうかがっている方々からは実数は3倍あるともいわれている)という状況からも明らかで決して他人事ではないといえます。

参加者のご夫婦は保育も利用して、ゆっくりと二人で話しをする時間を持つことができ、夫婦力をアップされたように見受けられました。

写真1写真2

情報発信元

地域づくり推進部協働推進課 男女共同参画センター

所在地 柏市柏一丁目7番1-301号 Day Oneタワー3階
電話番号 04-7167-1127
ファクス 04-7165-7323
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート