平成18年度相談状況

最終更新日 2016年1月17日

ページID 027969

印刷

タイトル:女性のこころと生き方相談 平成18年度 相談状況

次年度へ前年度へ

平成18年度相談傾向
表1 年齢別 (10歳代2%、20歳代9%、30歳代49%、40歳代21%、50歳代11%、60歳代5%、70歳代2%、80歳代1%)

  • 平成18年度の相談件数は延べ184件であった。
  • 年齢別にみると、30歳代が約半分を占めている。(表1)
  • 相談内容は夫の暴力や家族の問題が多くを占めた。それらの問題により心とからだの症状を訴える相談者も4人に1人(27パーセント)みられた。(表2)
  • また、夫の借金問題や女性関係や深刻な不和、離婚など「配偶者」に関わる相談は全体の約2割あり、暴力被害も加えると約3割に達する。共に暮らしている子どもも多大な影響を受けていた。
  • 相談室では、相談者が「相談員と共に自分の気持ちをみつめ、症状をケアしながら、人生の生きなおしをかけて現実の問題の解決に取り組む自分の力(主体)を取り戻せるよう」サポートした。

表2 相談内容別(相談1件につき内容を3項目程度カウント) 総合16%、心とからだ27%、配偶者22%、家族16%、その他の関係4%、暴力被害15%

相談内容

  • 総合(生き方、人間関係、生活設計、仕事など)
  • 心とからだ (精神的な症状、身体的な症状、依存問題など)
  • 配偶者 (不和・不満、離婚・別居、不満・疑問、依存問題など)
  • 家族 (子ども、親、親族、夫の親など)
  • その他の関係 (職場、友人・知人、恋人・元恋人など)
  • 暴力被害 (DV、親からの虐待、性被害など)

情報発信元

地域づくり推進部協働推進課 男女共同参画センター

電話番号 04-7167-1127
ファクス 04-7165-7323
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート