父親学級in柏 一緒に産後へGO!開催報告

最終更新日 2017年3月31日

ページID 038099

印刷

父親学級in柏 一緒に産後へGO!が開催されました

 11月6日(日曜日)、今年度も講師に、産後の家事サポート「ままのわ」事業や、また全国各地で父親学級講師も務めている、株式会社アイナロハ代表取締役渡辺大地さんを迎え、父親学級in柏「一緒に産後へGO!」が開催されました。

 

 講座の開始前、ちょっと緊張気味のパパたち。対照的に自然体のママたち。おそらく参加した多くのパパたちが「いったい何が始まるのか?パパもっとしっかりして!なんて怒られてしまうのではないか?」そんな不安を抱えていたと思いますが、いえいえ。

講座はまず、講師の楽しい自己紹介からスタートです。

すると、講師の飾らないユニークなお話に、会場全員がグッと引き込まれ、パパたちの硬い表情も一変。一気に和やかな雰囲気に包まれました。

渡辺大地さん

 講師の飾らないお話に、グッと引き込まれます。

 そしていよいよ本題。パパチーム、ママチームに別れ、それぞれで講師から出されるテーマをもとに話し合います。

パパたち   ママたち     

なごやかな雰囲気の中、皆さん素直な意見が飛び交います。
 
 まず、出産時・出産後のママの体の状態のお話の後、あるアンケート結果から「では、出産後お父さんにしてほしかった家事。この上位3つは何でしょう?」と講師から最初のテーマが出されました。パパチーム、ママチームそれぞれ自分の体験や想像をもとに話し合います。

数分後、お互いの結果を発表しあうと、ママチームの発表の時には、ママたちは一様に「そうそう。」と頷いていますが、反対に、パパたちは「えっ。そうなの!」という驚きの表情を浮かべます。

そして逆に、パパチームが発表している時には、パパたちの「そうだよね。」という表情とは反対に、ママたちは「そう?そっちなの?」と意外な様子。

パパ発表   ママ発表

パパチーム、ママチームお互いの発表は、発見がいっぱいです。

 その後も講師から次々に出されるテーマに、パパたちママたちそれぞれ話し合い、意見を発表しあう形で講座は進みました。そしてその度に、お互い「そう考えてたんだ。」の発見の連続。「そうなの!」「ええっ!」会場からは、終始そんな声が絶えず聞こえてきていました。

 

 普段お互いあまり口にしてこなかった、それぞれの考えや、気持ち。相手がどう考えていて、どうして欲しいかは、話してみないとわからない。

今回、受講者の方からも「いろいろ参考になりました。2人だと話し合わない事が沢山あり、いい機会でした。」、「お互いの求めていることのズレがよくわかり、おもしろかった。夫婦で参加できたので、今日の講座をきっかけに家事・育児について話し合いたい。」といった感想をいただきました。

 

 パパ・ママそれぞれが、相手の考えていたことを改めて知り、そして語り合うきっかけができた、そんな嬉しいプレゼントをもらえた講座になりました。

情報発信元

地域づくり推進部協働推進課 男女共同参画センター

電話番号 04-7167-1127
ファクス 04-7165-7323
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート