KASHIWA NO HA STYLE サスティナブルスタイル Sustainable Style

TOP > サスティナブルスタイル > 次世代交通に関する事例一覧

次世代交通に関する事例一覧

  • スマートサイクル

    • スマートサイクル
    • プロジェクトのHPをみる

    柏の葉国際キャンパスタウン構想に基づき自転車利用の促進に向けて、21年度よりコミュニティサイクルの実験に取り組んでいる。決められたポートでの貸出、返却が自由に行えるコミュニティサイクルは、自転車の管理が複雑になることからこれまでの人での管理ではなく、ICカードを活用した次世代コミュニティサイクルによりモビリティの向上と環境への配慮を目指す。

  • マルチモビリティ実証実験

    • マルチモビリティ実証実験
    • プロジェクトのHPをみる

    自動車から公共交通機関・自転車への転換を進めるため、「スマートサイクル」に加え、シェアリング対象車両を、四輪・バイク等に拡充し、さらに、全国で実証実験が展開している「オンデマンド交通」とインターフェースを共通化することで、利用者が自分にあった交通手段を選択できる新しい統合交通システム構築し、決められたポートでの貸出・返却が自由に返却出来る無人運営の実証実験を行っている。

  • セグウエイクラブ

    • セグウエイクラブ
    • プロジェクトのHPをみる

    21年4月よりセグウエイクラブを発足し、環境のやさしいモビリティであるれだけでなく、地域のコミュニケーション活性や交通リテラシー教育のツールとして最適なセグウエイを市民主体のクラブ活動化することで、まちづくりの新たな担い手の育成を目指している。地域のガイドツアーや公共空間パトロールなど、新たな活動の展開が期待されている。

  • 次世代カーナビDSRC社会実験

    • 次世代カーナビDSRC社会実験
    • プロジェクトのHPをみる

    DSRC(Dedicated Short Range Communications)は、車両通信に特化した次世代のカーナビゲーションである。現在、全国では約1,600の基地局を日本全国の高速道路上に設置し、柏市周辺では、守谷インター及び柏の葉ららぽーと、道の駅しょうなんにITSスポットサービスが設置されている。これは、従来にはない幅広い情報サービスを受けることが可能であり、ETCに加えて、ダイナミックルートガイダンス、安全運転支援のサービスが開始される。

  • オンデマンドバス

    • オンデマンドバス

    柏の葉エリアでは、東京大学大和研究室と共同で、乗り合い型路線バスの利用形態で、どの利用者にも著しい不便を与えることのない経路を選定して運行するオンデマンド交通の可能性の検討を行っている。オンデマンド交通は、路線バスの形態とは異なり、電話等による利用者の希望乗降場所点及び乗降車時刻の要求に応じて、希望乗車点へ迎えに行く形の経路で運行する形態の乗り物であり、次世代交通システムとして期待されている。

  • ITS協議会

    • ITS協議会
    • プロジェクトのHPをみる

    22年2月に設立された柏ITS推進協議会は、現在以下の部会で次世代の交通システムのあり方を公民学協働で検討している。
    第1部会 次世代ICT活用による利便性・安全性向上の研究開発・実用化
    第2部会 次世代車両の研究開発・実用化・普及
    第3部会 次世代公共交通システムの研究開発・実用化
    第4部会 次世代モビリティの可能性検討・検証
    第5部会 プローブ情報を核としたITS基盤情報システムの研究開発
    第6部会 魅力あるまちづくり「柏の葉将来都市像」検討

ページトップへ▲

サスティナブルスタイル・カテゴリー

  • 主なとりくみ
  • 自然環境
  • 低炭素
  • 次世代交通