KASHIWA NO HA STYLE 柏の葉キャンパスの概要

TOP > 公民学連携による街づくり

構想

環境と健康、交流、創造のキャンパス

構想の理念は、「公民学連携による国際学術研究都市・次世代環境都市=柏の葉国際キャンパスタウン」です。自然と共生し、質の高いデザインを実現した持続性の高い次世代の環境都市づくり、そして、市民や企業、自治体と最先端の大学や公的研究機関が双方向に連携・交流するなかで、新たな産業や文化的価値を創造していく都市づくり、さらには、地域に暮らす全ての人々が大学と係わりを持ち、創造的環境の中で環境に優しく健康的なライフスタイルを実現できる都市づくりを目指し、8つの目標を掲げています。

柏の葉国際キャンパスタウンの8つの目標

目標1

環境と共生する田園都市づくり

脱炭素社会モデルとなる緑地保全や持続型開発による「環境空間」と市民や
企業の「環境行動」を誘発する

目標2

創造的な産業空間と文化空間の醸成

TX沿線の知の集合を生かし、高度な新産業の育成と創造産業の集積を図る

目標3

国際的な学術空間と教育空間の形成

世界をリードする研究機能と地域に開かれた学術空間が街に展開する
新たな国際学術都市のスタイルを確立する

目標4

サスティナブルな移動交通システム

自転車や公共交通を中心に地球と人に優しい移動環境を整備する
次世代交通の総合的な実験成果を展開する

目標5

キャンパスリンクによる柏の葉スタイルの創出

環境に優しく健康に暮らす柏の葉スタイル、また豊かな交流や文化芸術を創造する

目標6

エリアマネジメントの実施創出

安全で快適な環境と地域の価値を維持し向上させる地域経営組織を公民学連携で設立する

目標7

質の高い都市空間のデザイン

先進の環境空間計画とデザインマネジメントにより都市と生活の質を高める
"いい街がいい人(研究者、生活者)を呼ぶ"

目標8

イノベーション・フィールド都市

世界の最先端の技術や文化が展開する都市としてスパイラルアップする

ページトップへ▲

柏の葉キャンパスの概要・メニュー

  • 公民学連携とは?
  • 構想
  • 拠点・組織