【旧柏地域にお住まいのかたへ】7月1日からのごみ収集方法の一部変更について

最終更新日 2012年6月25日

ページID 011706

印刷

このページの情報は、平成27年度以前のものになります。

報道各社に次のとおり発表しましたので、お伝えします。

変更 についての詳細は、今後の広報かしわでご案内いたします。

なお、旧沼南地域につきましては、今回、収集方法の変更は行いません。

変更の概要

(1) 対象

 柏地域(合併前の柏市域)の家庭系可燃ごみのうち、草木枝葉

(2) 目的

 放射性物質を含む焼却灰をはじめ草木枝葉の保管も限界に近づいており、このままではごみの焼却が出来なくなる恐れが生じています。今後、南部CC敷地内において焼却灰の仮保管庫を設置しても、国による最終処分場の確保には相当な時間を要することが予想され、限られた保管場所を大事に使っていくため、草木枝葉の分別徹底(収集方法の変更)により、南部CCから発生する焼却灰の放射能濃度を下げ最終処分場への搬出を目指すとともに、北部CCから発生する焼却灰の放射能濃度の安定化を図ろうとするものです。

(3) 主な変更点

 

変更前

変更後

収集日

可燃ごみの日

不燃ごみの日

収集回数

週2回

月2回

ごみ袋

可燃ごみに同じ

注意:指定ごみ袋(可燃ごみ用)

不燃ごみに同じ

注意:中身の見えるビニール袋

市民の皆様への周知(予定)

  1. 広報かしわ 平成24年6月1日号、6月15日号及び7月1日号
  2. 焼却灰の仮保管等に関する説明会 6月10日(日曜日)午後7時 アミュゼ柏
  3. 柏市町会長等会議 6月17日(日曜日)
  4. ホームページ
  5. その他(周知用チラシを柏地域で全戸配布、市内近隣センター、柏地域(合併前の柏市域)の町会等の掲示板等にポスターを掲示)

変更に至る背景のまとめ

 

北部クリーンセンター

南部クリーンセンター

焼却灰の

保管余力等

なし

民間最終処分場での埋立可能水準を上回れば焼却灰を搬出できず市のごみ処理はすべて停止

なし

5月20日に稼働停止。仮保管庫建設・センター再稼動に向け5月13日地元説明会実施

草木等の

保管余力

ほぼなし

敷地内に新たに約1か月分を確保予定

なし

柏市第2最終処分場での仮保管再開に向け、地元協議中

最近の

ベクレル値

飛灰(ベクレル/キログラム)

2月1,400 → 4月2,460

溶融飛灰(ベクレル/キログラム)

2月54,000 → 4月69,000

その他

  1. 市内の事業所に対しても、草木枝葉の排出をなるべく控えるよう周知します。
  2. 草木枝葉は、付着した土を十分に落としてから排出するよう周知します。

補足

報道資料中の柏地域とは、合併前の柏市域を指します。

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

環境部廃棄物政策課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎4階)
電話番号 04-7167-1140
ファクス 04-7163-3728
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート