動物

  • 譲渡動物情報

    市民への動物愛護思想及び動物の適正管理の普及啓発を目的として、収容し、公示期間の満了した犬・猫、引取りした犬・猫のうち譲渡が可能なものについて、希望されるかたへの譲渡を計画しています。ご希望のかたは、保健所生活衛生課までお問い合わせください。

  • 保護収容動物情報

    犬・猫がいなくなったらすぐに保健所へ連絡を!!市では、危害防止のために犬を収容したとき、負傷した犬・猫等を保護したときは、公示しています。公示期間は、2日間です。犬・猫等がいなくなったことに気が付いたら、すぐに探してください。

  • 犬・ねこの引取りについて

    犬・ねこの引取り、とき毎週金曜日午前10時~午前10時30分 ところ柏市動物愛護ふれあいセンター 内容飼えなくなった犬・ねこについての引取り業務。

  • 飼い主のいない猫の不妊去勢手術の助成について

  • 飼い犬の登録(申請・変更・抹消)と狂犬病予防注射の手続き

    犬の登録と狂犬病予防注射狂犬病について日本では、1956年以来、人、犬ともに発生はありません(2006年に狂犬病発生国で犬にかまれ、帰国後死亡した事例が2例ありました)。しかし、世界のほとんどの国で発生があり、年間の死亡者は55,000人と推計されています。狂犬病がいつ日本に侵入してもおかしくない状況です。

  • 犬やねこの飼い主の皆さんへ

    飼い犬の散歩の際に、リードを放してしまったり、ふん尿を放置するなど、マナーについて市民のかたから苦情が寄せられています。飼い犬の散歩は、コントロールできる長さのリードを付けて行いましょう。公園などは、小さなお子さんや犬が苦手なかたも利用します。事故が起きないよう、飼い主として責任ある飼い方をお願いします。

  • 動物の愛護及び管理に関する条例について

    近年、動物との関わりも、ペットから家族の一員、伴侶動物へと変化し、動物とのより良い関係づくり(人と動物の共生)が重要となっています。

  • 譲渡可能な動物が動画で見られるようになりました

  • 特定動物の飼養又は保管について

  • 保健所に収容されている犬・ねこの譲渡を希望される方へ

    犬やねこを飼うことにより、精神的な安らぎを得られたり、心の豊かさや潤いを得る事ができますが、命ある動物を飼うということは、飼い主のかたに責任も生じます。飼いはじめてから、困ってしまうということがないように次の点を考えてみてください。犬やねこの寿命は、10年以上あります。

  • 動物取扱業(動物の販売、保管、貸出し、訓練、展示)について

    業として動物(哺乳類・鳥類・爬虫類)の販売、保管、貸出し、訓練、展示を行う場合には、動物取扱業の登録を5年毎に受けなければなりません。

  • 動物の死体の処理について