無人航空機(通称ドローン)の導入に向け、技能認証講習を受講しました。

最終更新日 2019年5月24日

ページID 050269

印刷

概要

熊本地震では無人航空機(通称ドローン)による行方不明者の捜索が行われ、九州北部豪雨では緊急消防援助隊の活動に当たって無人航空機による道路閉鎖状況や流木の流出範囲の確認等が行われました。そのほか、糸魚川市大規模火災においても無人航空機による鎮火後の被害状況確認が行われるなど、災害時に無人航空機が活用されてきています。
今後も多数の消防本部が導入の検討を進めている中、柏市消防局としましても、7月の運用開始に向け、安全かつ効果的な活用を目指してまいります。

主な用途

  • 火災対応

 建物火災や林野火災発生時に、火災の拡大状況の確認、部隊の展開状況の確認等に用いる。

  • 救助活動

 広範囲における要救助者捜索に用いる。

 水難救助における要救助者捜索に用いる。

  • 情報収集

 車両事故等の救助活動に関する周辺状況の把握に用いる。

  • 広域災害対応

 大規模災害時の広域的被害状況の把握に用いる。

今後の予定

  • 5月中

 技能認証講習の受講(消防局指揮統制課員6人)、機体の購入、運用要領、飛行マニュアル等の整備

  • 6月中   

 許可・承認申請・飛行訓練

  • 7月頃から 

 災害現場での運用開始

ドローン飛行中
ドローン操縦状況
ドローン飛行点検
ドローン飛行前点検

ドローン上昇
ドローン離陸
講習使用ドローン
講習用ドローン(ファントム)

情報発信元

消防局指揮統制課

所在地 柏市松葉町7丁目16番7(柏市消防局2階)
電話番号 04-7133-8916
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート