冬の火災はこんなことが起こっています

最終更新日 2016年4月1日

ページID 026930

印刷

 冬は火災が多くなる季節です。空気が乾燥し、物が燃えやすくなり、暖房器具等の使用も加わり、出火のリスクが高くなります。暖房器具等の周囲に注意を払わず、火災に繋がるケースが多く発生しています。いくつか事例を紹介しますので、火災予防の御参考にしてください。

寝室の電気ストーブと布製品

 寝具や衣類などの布製品が多い寝室で、電気ストーブなどに接触して火災になってしまうケースが発生しています。電気ストーブなどは、手軽で安全に思われがちですが、赤熱部等が高温な場合は、燃えやすいものが触れれば着火してしまいます。電源を入れたまま寝てしまうなどないように注意してください。

冬の火災はこんなことが起こっています!
冬の火災はこんなことが起こっています!
                                         

居室のファンヒーターとスプレー缶

 ガス・石油ファンヒーターの吹き出しの近くにスプレー缶を放置すると、高温になり破裂し、火災になることがあります。スプレー缶は、ガスボンベやヘアケア製品、殺虫剤など生活の中に多く存在します。ファンヒーターの吹き出し付近はもちろんのこと、高温になる環境のところにはスプレー缶を置かないよう注意してください。

冬の火災はこんなことが起こっています!
冬の火災はこんなことが起こっています!
                                                

石油の風呂釜・給湯器

 石油風呂釜・石油給湯器のOリング(油漏れを防ぐ環状のゴム製のパッキン)の経年劣化による灯油漏れから火災になることがあります。着火不良や油漏れなどの異常がみられる場合は、使用を中止してメーカー等に確認してもらいましょう。異常がみられなくても、長期使用している器具であれば点検をお勧めします。

冬の火災はこんなことが起こっています!
冬の火災はこんなことが起こっています! 
                                                 

 身近な高齢者

  家で過ごす時間が長い高齢者世帯では、石油ストーブなどの暖房器具やガスこんろ等が起因となる火災が多く、尊い命が犠牲になってしまうケースも少なくありません。高齢者の方は、視覚・聴覚や運動機能などが低下することにより注意力も低下し、火災などを招いてしまうリスクが高くなります。高齢の祖父母や父母のいらっしゃる方は、孫や子供の立場から注意喚起してあげてください。

冬の火災はこんなことが起こっています!
                                                  

情報発信元

消防局火災予防課

所在地 柏市松葉町7丁目16番7(柏市消防局3階)
電話番号 04-7133-8792
ファクス 04-7133-0109
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート