昇任制度

最終更新日 2018年3月8日

ページID 045055

印刷

昇任制度

階級の紹介

消防には、警察や自衛隊と同じように階級というものが存在します。実は消防士というのも階級の1つで、正式には階級を持つ消防職員のことを消防吏員と呼びます。

では、柏市消防局の階級にはどのようなものがあるのか紹介していきます。

階級と主な役割

階級について

階級

職名

役割など

消防正監

消防正監

局長

 

消防監

消防監

副局長・危機統制監・参事・課長・署長

 

消防司令長

消防司令長

管理監・副参事・統括指揮監・指揮隊長・副署長・分署長

大隊長

消防司令

消防司令 

主幹・指揮監・当務長など

中隊長など

消防司令補

消防司令補

副主幹・主査

小隊長

担当リーダーなど

消防士長

消防士長 

主任

小隊長など

消防副士長

消防副士長 

隊員

 

消防士

消防士

隊員

階級章は階級が上がるほど星の数が増え、金色の面積が広くなります。

階級別構成比

消防職員階級別構成比の推移
年度 実員 消 防
正 監
消防監 消 防
司令長
消 防
司 令
消 防
司令補
消 防
士 長
消 防
副士長
消防士 その他
の職員
平成20年度 434 1 6 30 98 172 75 2 50
平成21年度 436 1 7 33 93 168 72 2 60
平成22年度 451 1 7 31 99 156 73 1 82 1
平成23年度 464 1 7 30 109 153 70 93 1
平成24年度 471 1 8 33 110 148 68 3 99 1
平成25年度 476 1 6 34 107 138 76 2 111 1
平成26年度 482 1 6 33 110 132 82 2 115 1
平成27年度 485 1 4 27 113 120 93 2 125
平成28年度 495 1 5 29 107 112 104 2 135
平成29年度 498 1 12 23 93 102 119 148

(平成29年度4月1日現在) 
うち女性消防吏員数は以下の通りです。 

平成29年度女性消防吏員数
実員 消防
正監
消防監 消防
司令長
消防
司令
消防
司令補
消防
士長
消防
副士長
消防士
平成29年度 21 0 0 1 1 2 5 0 12

昇任試験

消防吏員の階級は、昇任試験を受けることで上がっていきます。また、大卒(上級職)、高卒(初級職)によっても昇任試験を受けられるまでの期間が変わってきます。消防司令長以上の階級については、勤務成績などにより昇任が決定されます。

受験資格

受験について

試験種別

受験資格

消防司令試験

  • 消防司令補として勤務年数が5年以上の者

消防司令補試験

  • 消防士長として勤務年数が2年以上の者で、かつ、職務の級3級在級年数が3年以上の者

消防士長試験

  • 消防副士長の階級の者
  • 消防士として勤務年数が、以下の年数を満たす者
    上級職は、4年以上の者
    初級職は、6年以上の者

(消防士として勤務年数が10年以上の者で、かつ、勤務成績が良好な者は選考により消防副士長へ昇任とする。)

試験科目

  • 消防士長
    第1次試験-筆記試験
    第2次試験-実科試験、面接試験(個人面接)
  • 消防司令補
    第1次試験-筆記試験
    第2次試験-実科試験、面接試験(個人面接)
  • 消防司令
    第1次試験-筆記試験(小論文)
    第2次試験-面接試験(個人面接)

情報発信元

消防局救急課 にじいろ救命女子

所在地 柏市松葉町7丁目16番7(柏市消防局2階)
電話番号 04-7133-0118
ファクス 04-7133-0167
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート