消防局長経営方針及び重点事業

最終更新日 2019年4月9日

ページID 036686

印刷

平成31年度消防局長経営方針

消防基本理念

「災害時等に命を守ることができる安全が確保されたまちづくり」は、柏市の基本的な責務であるとともに、先進住環境都市への基盤となるものです。柏市消防局は、市民の消防需要に的確に対応するよう消防力の整備・充実を図り、各種施策を限られた財源の中で効率的かつ効果的に発揮し『市民の安全性を高める消防行政』を展開します。

複雑化・多様化・高度化する災害への対応

消防が対応する事象は、通常の火災や救急事案のほか、大規模な地震等の自然災害、複雑な構造の施設における火災、多様な危険物を取り扱う事業所における災害、テロ災害、武力攻撃災害等、著しく複雑化・多様化・高度化している状況です。

こうした災害に十分対応できる適切な消防体制の整備は、限られた人員や財源などの資源を有効活用し、施策の必要性や優先性を明確にしながら効率的かつ効果的に図る必要があります。

総合性の発揮と柔軟な組織体制

多様化する消防需要に的確に対応するためには、職員一人ひとりが各業務を的確に実施するために必要な職務能力を保持した上で、複数の分野にまたがる総合的な職務能力を高める必要があります。

平常時には、予防業務等の知識、マネジメント能力、リーダーシップが求められ、災害時には、消火・救急・救助等の災害に対峙するための知識・技能・経験などが必要です。

このような総合的な職務能力の発揮と横断的な課題等へ的確に対応するためには、人材育成の充実強化、人事制度の構築、施策の枠組みの見直し等に取り組み、効率的で柔軟な組織や職員一人ひとりが責任と権限を持って業務を進めることができる体制が必要です。

地域の防災力を高めるための連携

災害対応における地域の防災力を高めるには、消防団や市長部局などの各関係機関をはじめ、地域の企業、大学、自主防災組織などの様々な主体との「協働」と「連携」を最大限に活かした取り組みが必要となります。

大規模災害時における広域的な対応

巨大地震等の大規模な自然災害をはじめ、NBC災害などの特殊な災害、列車事故や高速道路等における重大事故、国が主体的な役割を果たす原子力災害や武力攻撃災害等から、市民の生命・身体・財産を保護するためには、他の市町村、都道府県及び自衛隊等の国の関係機関と協力しつつ、広域的な応援体制を確保することが必要です。

消防行政の方向性

市民が安心して暮らせる生活環境は、大規模・特殊災害等を含む火災・救助事案に対応できる消防体制を充実するとともに、今後も増加が見込まれる救急需要に対し市民・消防・医療機関が連携し、救命率の向上を目指す救急体制を構築する必要があります。

これらを積極的に推進していくためには、総合的かつ戦略的な消防行政を推進していく必要があります。

  • 第一に、大規模・特殊災害のほか、あらゆる災害に的確に対応する消防活動体制の強化を図ります。
  • 第二に、高齢社会の進展等に伴う救急出動の増加と、救急業務の高度化に対応する救急体制の充実強化を図ります。
  • 第三に、あらゆる災害の対処に必要となる施設・資機材・水利等の整備など、消防力が最大限に活かせるよう安全基盤の整備を図ります。
  • 第四に、立入検査や防火指導などを通じて、市民ニーズに的確に対応し、火災を未然に防ぐ予防対策の充実を推進します。
  • 第五に、人材育成などに取り組み、組織力の向上を図り、市民が安心感を実感できる消防サービスを提供します。

以上のことから平成31年度は、次の事項を重点的に推進します。

重点政策及び施策並びに重点事業 

消防活動体制の強化

  1. 災害活動力の強化
    消防戦略の充実、消防部隊間の連携強化 など
  2. 大規模災害対策の強化
    大規模地震対策の強化、風水害対策の強化 など
  3. 特殊災害への対応強化
    救出救助体制の確保、テロ災害に対する体制強化 など
  4. 消防団活動の充実
    消防団の活動推進、消防団員の安全対策 など

救急体制の充実強化

  1. 救急活動体制の強化
    計画的な救急需要への対応、医療関係機関等との連携 など
  2. 救急業務の高度化推進
    救命処置拡大への資器材整備、外国人傷病者への対応 など
  3. 救急活動技術の向上
    指導救命士による教育強化、指令管制員の育成 など
  4. 予防救急の推進
    高齢者・子育て世代へのサポート、救命講習の拡大 など

安全基盤の整備

  1. 消防車両等の整備
    消防車両の更新整備、消防資機材の整備 など
  2. 消防水利の整備
    防火水槽・消火栓の整備、既存水利の維持管理 など
  3. 消防隊員の安全対策の推進
    消防活動時の安全対策、交通事故対策の推進 など
  4. 消防庁舎等の整備・適正管理
    庁舎等の維持管理、消防施設の適正配置 など

火災予防対策の充実

  1. 予防査察体制の充実・強化
    違反是正指導の徹底、公表制度の展開 など
  2. 火災調査体制の強化
    火災調査の高度化、製品火災調査の充実 など
  3. 火災予防対策の推進
    放火火災の防止対策、防火管理体制の徹底 など
  4. 地域における防火・防災対策の推進
    住宅防火指導の充実、地域防災の育成 など

組織力の向上

  1. 人材育成の強化
    消防職務能力の向上、人事管理体制の充実 など
  2. 消防技能の向上
    消防隊員技術の向上、消防設備・機材の活用 など
  3. コンプライアンス体制の強化
    公務員倫理の徹底、ハラスメント防止対策 など
  4. 組織環境の整備
    当直勤務環境の整備、女性吏員の活躍推進 など

情報発信元

消防局企画総務課

所在地 柏市松葉町7丁目16番7(柏市消防局3階)
電話番号 04-7133-0115
ファクス 04-7133-0109
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート