過去の記事一覧

2015年12月の全ての記事一覧

更新日 2015年12月23日(水曜日)

柏の葉の学びは全世代

 このブログも今回が最後なので(今年ね)、少し長めですが最後までおつきあいのほどを。
KOILの案内
 先週末のKOIL、6月にも紹介した無料のコンピュータ・プログラミング道場CoderDojo Kashiwa-no-haCoderDojo Kashiwa合同による作品発表会Special Presentation Day 2015が行なわれていました。
宮島代表あいさつ
 代表の宮島さんやスタッフの多くは高校生、というところが柏&柏の葉のCoderDojoの特徴!
作品発表
 今回は道場で学んでいる小学校1年生から中学校1年生までの14人が、教育用プログラミングツールScratchを使って開発した作品をみんなの前でデモンストレーション。
ドローン
 Scratchをつかって今注目のドローンを飛ばすプログラムを発表した小学生も。
ドローン飛行
 スクリーンとマイクの間に浮いているのがプログラムされて飛んでいるドローンです。
作品発表
 
作品発表
 本格的なゲーム作品の発表もあって高校生や大人のメンター(先生)たちも感心しきり。
発表者たち
 プログラミングだけでなく大ぜいの前で作品発表する経験も、子どもたちをさらに成長させるのですね。
CoderDojo
 柏市内に道場がふたつ、今月にはCoderDojo Nagareyamaも開催されているそうです。
 これからもボランティアで運営している高校生たちを応援していきたいです(プログラミング以外で)。
 


 
 柏の葉では大人だって学べます!
 というわけで10月から行なわれてきた千葉大学柏の葉カレッジリンク・プログラムの2つのコース合同発表会が行なわれていたので食べに…じゃなく見に行ってきました。
カレッジリンクAコース
 Aコースは発酵マイスター大瀬由生子さんを迎えて『味噌について学ぶ』。
プログラム
 味噌に関する勉強から味噌作り、レシピの提案を通して食による街づくりを考えました。
発表
 受講者による味噌を使ったレシピ「バーニャカウダソース 豆乳・味噌入り」の発表。
受講者からの発表
 こちらは試行錯誤を経ながらの「豆腐の味噌漬け」レシピの紹介。
試食タイム
 発表を聞いたあとはみんなで試食、ホント美味しかったです。
飛び出すメニュー
 学ぶだけにはとどまらず、今回のプログラムから街へ飛び出すメニューとして千葉大学の味噌を使ったミラクルスパゲティ(12月限定メニュー)や焼き菓子が市内のコメスタ樹杏で商品化。
 柏の葉が”美味しい”を市民がデザインする街になっていくのが楽しみです。

 そしてBコースは『セグウェイによる街づくり』。
セグウェイによる街づくり
 アクセルやブレーキ操作もなく重心移動で動く電動立ち乗り二輪車セグウェイ、周囲とのコミュニケーションが図れるのでいろいろな活用が考えられます。
セグウェイ試乗
 受講者は学びながら毎回試乗して技術もみるみる上達。
センター祭で運営

セグウェイ利用の目的
 センター祭での試乗会運営や柏の葉におけるセグウェイの活用などについても話し合いました。
最後はみんなで試乗
 発表会終了後はAコースの受講者や講師も一緒にセグウェイ試乗。
 柏の葉は全部で8台ものセグウェイがある珍しいところ、もっと多くの方々にセグウェイの魅力を体験していただくツアーが来年できるといいですよね。

 今年も毎週またはときどきこのブログをご覧になっていただきありがとうございました。
 無事新年を迎えられましたらまた1月6日水曜日にお目にかかりたく存じます。
 皆さますてきなクリスマスとよいお年をお迎えください♪
 

更新日 2015年12月16日(水曜日)

梶田隆章先生に柏市民特別功労賞贈呈!

 10日スウェーデンのストックホルムでノーベル物理学賞を受賞され、14日に帰国された東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章先生
 16日に梶田先生への柏市民特別功労賞贈呈式がありましたのでそのもようを速報!
梶田先生到着
 会場となった柏の葉キャンパス駅前ゲートスクエア・プラザには東京大学柏キャンパスのすぐ南側にある柏市立十余二小学校の5・6年生168名の児童が集合。
梶田先生お出迎え
 梶田先生が到着、みんな自分たちで手づくりしたプラカードを持ってお出迎えします。
アプローチ
 梶田先生はみんなのプラカードを見ながらステージへと進んでいきます。
市民特別功労賞贈呈
 そして柏市長から柏市民特別功労賞を贈呈。
 これまでも柏レイソルやJX-ENEOSサンフラワーズ、車いすテニスの国枝慎吾選手など12人4団体が受賞されています。
市民特別功労賞
 今回の柏市民特別功労賞は梶田先生のノーベル物理学賞受賞が市民にとって大きな誇りとなり、子どもたちに夢や希望を与えた功績をたたえ贈呈することとなったそうです。
クリスタルトロフィー
 賞状に加え,記念のクリスタルトロフィーを贈呈。
 受賞のあいさつでは「柏キャンパスに15年間勤めてきて、皆さまに支えられキャンパスは発展しています。学術や文化などの面でよりよい柏市をつくるため今後も頑張っていきたいので、どうぞよろしくお願いいたします。」とおっしゃっていただきました。
インタビュー
 司会からのインタビューや小学生からの質問にもていねいに答えていただきました。
梶田先生
 5年生からの「科学者をひとことで表すとなんですか?」の質問には「今まで知らなかった自然のことを少しずつ解き明かしていく人のことです。」。
 「クリスマスプレゼントは何がほしいですか?」の問いには「今年に限ってはノーベル物理学賞に柏市民特別功労賞で全部のプレゼントをいただいちゃった気がします。」と答えてくれました。
記念撮影
 最後は小学生たちとの記念撮影、ご来賓も含め皆さん終始笑顔でのセレモニーとなりました。
5年生記念撮影

6年生記念撮影

プラカード

プラカードの中
 参加してくれた子どもたちも科学への興味がふくらんでいるようでした。
 

更新日 2015年12月9日(水曜日)

冬のおくりもの

 真っ青な冬空のもと、千葉大学柏の葉キャンパス恒例のシクラメン祭
シクラメン祭

シクラメン祭

シクラメン祭
 柏の葉で丹念に育てられた色とりどりのシクラメン、オープン前の準備も万端。
シクラメン祭
 9時半の開場とともに品定めと会計の行列が。
シクラメンを買いました
 朝早くから並んだご家族、おじいちゃんおばあちゃんに冬のごあいさつできたかな。
 



 そして12月から柏の葉キャンパス駅前イルミネーションがスタート。
 今年はさらにスケールアップ、プラザから駅前ロータリーまで拡大して約9万9千球のLEDがきらめいています。
 せっかくなので駅前UDCKにお勤めのMさんと、先月も紹介したKOILにオフィスをかまえるプロのフォトグラファーKさんによる画像のプレゼントをお楽しみください。
イルミネーション

イルミネーション

イルミネーション

イルミネーション

イルミネーション


イルミネーション

イルミネーション

イルミネーション

イルミネーション
 駅に降りたつと目の前に広がるスペシャルな風景、仕事の疲れもいやされますね。


<柏の葉公園 ウィンターフェスタ>
 食べて遊んで!模擬店やステージショーも充実
 公園センターのクリスマスツリーも見てね
ウィンターフェスタ

<KOIL会員企業 合同求人フェア>
 先進のイノベーション・オフィスKOILであなたも一緒に働きませんか?
KOIL会員求人合同フェア
 くわしくはこちらから
 

更新日 2015年12月2日(水曜日)

安心・便利が駅前に

 いつもの柏の葉キャンパス駅からTXで北にひと駅、まちづくりが進む柏たなか駅前のスーパーカスミ駐車場で恒例の秋の収穫祭が行われていました。
お囃子
 お囃子とともににぎやかに収穫祭がスタート、地元の直売朝市にも大勢のお客さん。
収穫祭
 柏たなか商店会主催による地域密着のお祭りとして年々定着してきているようですね。
写遊たなか展示会
 農あるまちづくりの拠点環境コンビニステーションで活動している写真クラブ『写遊たなか』のすてきな作品の数々。
つりぼり

もちつき
 興味しんしんでもちつき初挑戦の子どもたち。
ダンス
 のどかな小春日和の1日、柏の葉とはまた違った楽しみがありますね。
 



 のんびり食欲の秋を満喫して柏たなか駅に戻ってみるとなにやら見慣れない建物が……ホテル?
柏たなか病院
 反対側にまわって見上げると、あっ国道16号沿いから移転してきて11月4日に診療を開始した柏たなか病院ですね!
柏たなか病院
 せっかくなので今回大きくて新しい柏たなか病院の中も紹介していきましょう(実はオープン前の内覧会にお邪魔して撮った写真ですスミマセン)。
吹き抜け
 ゆったりの駐車場から入口を抜けると明るく開放的な吹き抜け、ピアノもあるアトリウム…やっぱりホテルみたいです。
総合受付
 総合受付やその奥のお薬窓口もこのとおり豪華、待つことも苦にならないかも。
病院内通路
 一般的な病院のイメージとはだいぶ異なるモダンな待合スペース。
病院案内
 6階建てのメディカルキューブにリハビリや透析、コンビニまであるケアキューブの2棟構成。
 診療科目もほとんどカバーしていますね。
一般病室
 病床数は全部で246床、こちらは一般的な4人病室ですが広く感じます。
個室
 個室になるとさらにゆったり療養できそうです。
特別室
 そしてこちらは内覧会だから入れる特別室、リビングもついて一泊ン万円だそうです。
特別室浴室
 特別室ともなると広々TVつきお風呂も完備、これからはホテル感覚で入院というのもあり?
手術室
 ここも意識があるうちはなかなか入れない手術室、かなり広くて機能的な感じです。
透析ルーム
 ここは透析ルームだったと思いますが、これまでの雰囲気とはだいぶ異なるんだそうです。
リハビリテーション科
 リハビリテーションルームも2フロアあって、かなり充実している感じでした。
 地域の方々に日々の安心を提供する病院や商業施設が駅前にある柏たなか駅周辺、こちらも住むにはおすすめです。