過去の記事一覧

2015年5月の全ての記事一覧

更新日 2015年5月27日(水曜日)

にぎらずに むすびつき

 レイソル負けちゃいましたね…でもACLベスト8に進みました\(^o^)/
 くわしくは後日みゃ長さんのブログできっと紹介してくれるはず♪

 さて前回の続き、5月16日柏の葉キャンパス駅前がマルシェでにぎわっていたころ、UDCK柏の葉アーバンデザインセンターで開かれていたのがWelcome to Kashiwa-no-ha Party
 新住民や新入生など、柏の葉のことをもっと知りたい人に向けて開かれた住民手づくりのおもてなしパーティーです。
パーティー会場
 テーブルやペットボトルもグリーンでコーディネートされてお客様を迎える準備万端。
 メインのメニューは「おむすび」、日本人に留学生も日本の食文化について再発見したり学びながら出会う人とのご縁を”結ぶ”…というもの。
ベジエフ
 今話題のおにぎりサンド「おにぎらず」をつくりましょうと講師はベジエフを立ち上げた大瀬由生子先生と川浦智子先生。
 ベジエフのベジは野菜(vegetable)エフは発酵(Fermentation)のこと、野菜&発酵を中心に身体が喜ぶ心ゆたかな暮らしを提案しています。
おにぎらずづくり

おにぎらずづくり
 大人も子どもも一緒になってマイおにぎらずの作り方を学びました。
 そのほかスタッフが用意してくれたお料理の数々も紹介しておきましょう。
塩麹サラダ

風車麸
 「スタッフのおもてなし心いりゴマ塩麹ドレッシングのサラダ」「塩麹トマトソースパスタ」「醤油麹の唐揚げ風車麩」などすべてが発酵食品を使用したものでした!
パーティーメニュー
 トマトとオクラの味噌汁もつけて、どうです美味しそうでしょ?
おにぎらずパーティー

集合写真
 料理の出来とおいしさは表情でわかりますよね(ここに薄幸なひとなどいません)。
 柏の葉に来てまだ1ヶ月の新住民や東京大学の新入生に留学生など、フレッシュで国際色も豊かです。

 自己紹介や柏の葉おすすめの場所やお店の紹介など、みんな顔見知りになったところで午後は手形アートのワークショップ。
動物園づくり
 近隣にお住いの住民さんが講師となり絵の具を使って手形で動物に見立てたり絵をかいたり。
kashiwanoha zoo
 色とりどりで独創的な動物たちが遊ぶ柏の葉動物園も無事完成、こちらも手と手が結ばれている感じですね。
おみやげ
 最後には企画した住民さんはじめスタッフのおもてなし心満載のオリジナルおにぎり読本などのおみやげ付き、いただいた参加者は笑顔でお礼のお返し。
 まちぐるみの歓迎パーティー、皆のきずなが結ばれたひとときとなりました。
 

更新日 2015年5月20日(水曜日)

美味しく楽しめる日

 ACL決勝トーナメント1回戦1stレグで柏レイソルが水原(韓国)にアウェイで3-2と先勝!
 26日ホーム日立台での2ndレグでキッチリ勝ち抜きたいですね(テーマと関係ないですがブログ書きながら観戦していたのでつい♪)。

 さて5月16日はおよそ2か月ぶりの柏の葉マルシェ・コロールでした。
マルシェ
 もはやマルシェは柏の葉の週末に欠かせない存在、朝のうちの雨もなんとかあがってくれました。
マルシェ
 地元密着で「美味しい&楽しい」が柏の葉マルシェのいいところ。
 飲食店舗に加えワークショップも充実しているので、今回は何をしてみようかなって考えながら参加できます。
ワークショップ
 柏の葉はちみつクラブの定番ワークショップ「プラ板づくり」も大人気。
柏市国際交流協会
 柏市国際交流協会は国旗当てクイズで楽しみながらお勉強。
クラウン
 出張パフォーマーさんたちも地元の方なんですね。
かしわで
 こちらも地元かしわでの採れたて食べごろの野菜たちが並びます。

 皆でイロドル柏の葉、まちはな2015もワークショップ企画「ニワやんとまちをつくろう」でマルシェに参加。
ニワやんとまちをつくろう

ニワやんとまちをつくろう
 たくさんの大人や子どもたちが大きなニワやんに住みたくなるまちなみを描いてくれました。
スムージー配布
 オークビレッジ柏の葉では畑で育てた野菜によるオリジナルスムージーを提供。
セグウェイ体験
 柏の葉セグウェイクラブの試乗体験会も大人気、外国人の参加も含め50名以上の方がセグウェイの魅力を楽しんでいたようです。
 セグウェイも柏の葉ならではの風景のひとつかも。

柏の葉マラソンフェスタ
 同じころ県立柏の葉公園ではマルシェとのコラボもあった柏の葉キャンパスマラソンフェスタが開催中でした(身体ひとつなのでこの写真だけですみません)。

 ついでにとUDCK柏の葉アーバンデザインセンターのぞくとなんかパーティー始まりそう…
ウェルカムパーティー会場
 こちらについてくわしくは次回につづく!
 
<アジア・アントレプレナーシップ・アワード 2015>
 アジアのベンチャーたちが柏の葉に集まるビジネスコンテストも4回目
AEA2015
 と き:5月24~26日(一般公開は25・26日)
 ところ:柏の葉スマートシティ「ゲートスクエア」
     (KOILおよび柏の葉カンファレンスセンター)
 くわしくはオフィシャルサイトでご確認を

<UDCKまちづくりスクール>
 ソウゾウを学べる受講生募集中です
まちづくりスクール
 くわしくはUDCK柏の葉アーバンデザインセンターのホームページを
 

更新日 2015年5月13日(水曜日)

音楽もTPOで♪

 5月5日のこどもの日、皆さんはどう過ごされましたか? 
 柏の葉あたりではこんな感じ。
モラージュこいのぼり
 モラージュ柏では大小のこいのぼりが大空で元気に泳ぎ…
県民プラザこいのぼり
 さわやかちば県民プラザにもこいのぼり、そして下ではさわやか子ども鉄道乗車会

 そしてまちモグ!でも紹介されていた県立柏の葉公園では恒例こども春まつり&スプリングフェスタ
こども春まつり

キッズコーナー

キッズコーナー

出店

ビンゴ大会
 工作&体験コーナーに加え今回はビンゴ大会開催でさらにパワーアップ、近場で家族ぐるみでこんなに楽しめるなんていいですね。

 さて柏は音楽の街としてもおなじみですが、音楽を楽しむ場所もけっこう大事ですよね。
 今回は場所や場面に応じてさまざまな音楽が楽しめる柏の葉の魅力を紹介していきましょう。
野外ステージ
 ビンゴ大会でヒートアップしていた県立柏の葉公園 野外ステージ、9日にはThe World of Brass 2015 in 県民プラザの会場のひとつとして森の音楽会が行われていました。
イチカシパレード
 郷土の森パレードするおなじみイチカシほか東葛飾地区の中学校・高等学校ブラスバンド。
パレード
 パレード参加の9団体が四季の広場前に集結しての合奏、今日だけは指揮の広場?
県民プラザホール
 演奏をじっくり楽しみたい方にはさわやかちば県民プラザ ホールでのホールコンサートがオススメ。
イチカシ
 同じくアゴラではメインのフロアマーチング、多くのギャラリーを集めたトリは黒ずくめのイチカシでした。
 屋内と野外をうまく使い分けるプログラム構成ができるのも柏の葉のいいところですよね。

旧吉田家住宅
 同じ日、国の重要文化財旧吉田家住宅では6回目の開催となる土間コンサート
土間コンサート
 柏市在住のアコーディオン奏者岩城里江子さんによるサックス奏者宍戸陽子さんをゲストに迎えてのひととき、こちらも旧家にマッチしたやさしい音色で訪れた観客も満足そう。

こんぶくろ池てづくり広場
 まだまだ続きますよと翌10日には新緑のこんぶくろ池てづくり広場で昨年に引き続きカシニワフェスタ2015参加イベント第2回森のコンサート
二胡演奏
 こもれびの中、こちらも柏市にお住まいの演奏家による二胡の演奏やハンドベルの音色でいやされます。
流経柏吹奏楽部
 空の色や景色も含め場所と音楽を両方楽しむ旅も、流通経済大学附属柏高等学校 吹奏楽部の演奏で締めくくり、木陰でまったりと聴かせていただきました(音なくてホントすみません)。

 こちらもカシニワフェスタのひとつまちはな2015、まちの皆さんに育ててもらったマリーゴールドが集まりニワやんの庭が完成!
まちはな2015
 KOILエントランスロビーに15日(金)まで展示、ぜひ見に来てくださいね。 

更新日 2015年5月6日(水曜日)

子育てしながら まち育て

 “子育てが楽しくなる街”ってどんなまちだろう…
 こんなギモンに昨年秋、柏の葉キャンパス地域に住む子育てママたちによる「子育てが楽しくなる街をつくろう」プロジェクトが立ち上がりました!
集合写真
 つくばエクスプレス沿線の育児情報サイトままてぃと千葉大学の公開講座修了生が立ち上げた柏の葉カレッジリンク・ネットワークがコラボ。
 ままてぃ代表の篠原さんの呼びかけに集まった13名の子育てママを中心に、野田先生はじめ千葉大学環境健康フィールド科学センターのサポートのもと柏の葉カレッジリンク・プログラムの枠組みをいかしながら、今年3月まで10回にわたり企画は進んでいきました。
ワークショップ成果
 会場の千葉大学柏の葉キャンパスにあるシーズホールの前面には第1回から第5回までの勉強会でみんなが話し合った「知りたいことやほしい情報、ほしいもの」などワークショップの成果が貼られていました。
 勉強会ではスマートシティや柏市の子育て制度、柏の葉にある東京大学・千葉大学がどんなキャンパスなのかなど、まちあるきも含め地域について知りたいことを学んだそうです。
作成中
 そして後半のワークショップでは勉強会での振り返りをもとに、地域の子育て家庭が知っておきたいことやママたちが集まれる機会や場所などの情報を「ママたちがつくった柏の葉エンジョイマップ」としてまとめることに。
制作作業中
 原稿は全てママたちの手づくり、デザイナーにも参加してもらって全体のレイアウトや構成を話し合いながら決めていきます。
遊びスペース
 毎回会場にはかならずこんな場所が用意されていて、ぼーっと見ている私は子どもたちと遊ばなければなりません。
出来上がり!
 確認作業を終えて記念撮影、笑顔からもガイドマップが満足いく出来栄えのようです。
エンジョイマップ
 こうして出来上がった「ママたちがつくった柏の葉エンジョイマップ」、特別に見本をお借りしました。
 遊び&お散歩場所、ランチのおいしいお店などお出かけスポットが写真多めで紹介、ママ目線で取材しているので「ベビーカー入店OK」「おむつ交換スペース」などお出かけ前のプチ情報が得られます。
 このほか「ママ友づくりの場」紹介や「ママの便利帳」ページもあって、柏の葉での子育てライフはこれでもっと充実しそう。
エンジョイマップ
 7日から柏の葉キャンパス周辺の子育て関連施設や近隣センターなどで2,000部を無料配布予定、ぜひ手にとってご覧ください。

 子育てママたちに役立つガイドマップですが、当事者であるママの発案からみんなで意見を出し合ってつくりあげるプロセスが柏の葉らしさでもあり、このマップにより新たな語らいの場や機会が生まれ、柏の葉がみんなにとってより楽しく魅力的になっていく、そんな期待もふくらんできますね。

  
<人と緑をつなぐまちめぐり カシニワフェスタ2015>
カシニワ2015

 特に今年は「まちはな2015」にご注目を!
まちはな2015

まちなは2015

<千葉大学柏の葉診療所・東洋医学健康セミナー>
東洋医学健康セミナー
 と き:5月16日 13:30~15:30
 ところ:千葉大学 環境健康フィールド科学センター シーズホール