過去の記事一覧

2015年3月の全ての記事一覧

更新日 2015年3月25日(水曜日)

ママの期待は働きたい!

 様々なイベントが行われている柏の葉カンファレンスセンター、18日はいつもと違い受付横にベビーカーがたくさん!
TX職ママフェスタ
  育休後の職場復帰者、起業希望者や求職者など、「働きたい!」という気持ちを持っているすべてのママさんを応援するために開催された市民発イベント、働くママになろう!TX職ママフェスタ2015が開催されていたからなんですね。
企画した篠原さんと渡辺さん
 出迎えてくれたのはこのイベントを企画した柏の葉にお住まいのTX沿線育児情報サイト『ままてぃ』の篠原さんと市民団体『柏の葉ママカフェプロジェクト』の渡辺さん。
 イベントはママさん起業家による体験も交えた講演とブースやコーナーで構成され、TX沿線の各市から100組を超えるママさんとお子さんが参加していました。
モーハウス光畑さん講演
 こちらは「子連れ仕事」を薦めているモーハウス 代表取締役 光畑由佳さんの講演のもようです。
新閃力尾崎さん
 ㈱新閃力 代表取締役の尾崎えり子さん、おとなり流山でアクティブに活動されている方です。
大瀬由生子先生講演

アンファン松本さん
 そしてこちらは柏の葉でもおなじみ、料理研究家 大瀬由生子さんとリトミック教室アンファン代表 松本和美さん。
 皆さん真剣に聞き入り、メモを取られる方や中にはご自身の状況と重ね合わせ涙ぐむ方も…。
トークセッション
 そして育児休暇を終え職場復帰された先輩ママの事例をもとにトークセッション。
キッズスペース
 会場にはキッズスペースが用意されていて、子どもたちにとっての職業は遊びとわかります。
会場風景
 試しにスマホでパノラマ撮影してみましたが、ママが講演を聴いている後方では子どもたちが遊んでいる会場のようす、どちらも真剣に取り組んでいます。
モーハウス
 講演されていた光畑さんのモーハウスのブース。
 「授乳服があれば子育てはもっと楽しめる」のメッセージ、復職には服飾も大事ですね。
写真撮影会
 こちらは柏駅前にも出店する美容室「VISAGE」のコーナー。
 『こどもの写真撮影会』が人気でした。
未来のまちをつくろう
 子ども向けには『ブロックでみらいのまちを作ろう』のコーナー。
柏の葉マップ
 大人たちもけっこう苦労している柏の葉の街づくりを想像力豊かにあっという間で!
マザーズハローワーク
 「マザーズハローワーク」の特設窓口もあって企業採用情報などを紹介、熱心に質問や意見交換されるママさんの姿が多くみられました。
 また今回用に求人情報誌もつくられ配られていたのですが、さっそくママさんからの応募もあったそうです。
スタッフ集合写真
 運営された篠原さんからは『これからも引き続き、ママの「働きたい!」気持ちを応援する活動を続けたいと思いますので、応援をよろしくお願いします。』とのメッセージをいただきました。
 TX沿線を日本一!ママさんが働きやすい街にしようという皆さんの想い、実現に向け大きく動き出しています。

<第4回チャリティーミュージックフェス絆2015>
チャリティーミュージックフェス
と き:4月12日(日) 10:00~17:00
ところ:県立柏の葉公園
 

更新日 2015年3月18日(水曜日)

優しくて強い街

 ららぽーと柏の葉北館に行くとこのようなディスプレイ表示をご覧になったことありませんか?
CO2削減量
 表示してあるのは柏の葉スマートシティの今年度のCO2削減量、一般家庭約197世帯分も削減しているんですね。
 今回は環境未来都市である柏の葉スマートシティが環境に優しく災害に強い街であることを紹介しましょう。
AEMS
 仕組みは柏の葉キャンパス駅周辺で稼働中のAEMS(エリアエネルギー管理システム)です(このほかBEMS・HEMSといった建物それぞれの管理システムも一緒に稼働しています)。
エネルギー情報
 このディスプレイにもあるように、街やそれぞれの建物のエネルギーの流れや量などを見える化したり、平常時(普段の状態)や災害等の非常時など状況に応じてかしこくエネルギー管理を行っているんです。
電力融通イメージ
 特にこの街が注目を集めているのは、太陽光発電等による自然由来のエネルギーを蓄電池に貯めて街区間でお互いに融通しあうシステムが実際に稼働しているところで、日本初の街区間電力融通といわれています。
太陽光パネル
 ららぽーと柏の葉(写真左側)とゲートスクエア(写真右側)を上から見るとわかるように、それぞれ500キロワットと220キロワットの太陽光発電パネルが設置されています。
 このほか約2,000キロワットの非常用発電設備(ガスと重油の併用)などもあります。
NAS電池
 ららぽーと柏の葉の駐車場南側にあるNAS電池(名前の由来は使用しているナトリウム(Na)と硫黄(S)から)、定格容量12,960キロワット時・定格出力1,800キロワットの蓄電池です。
エネルギー棟
 こちらのららぽーと柏の葉北館の西隣に建つエネルギー棟の中にも蓄電池や電力融通装置など先進の技術と設備が詰まっています。

 さて街区間電力融通とは具体的にどのようなものなのでしょうか。
平常時の柏の葉スマートグリッド
 たとえば普段の平日はオフィスで多く電気を使うので、必要に応じて「ららぽーと柏の葉」側から「ゲートスクエア」に電力を分けてあげて(融通し)、反対に商業施設に人が集まる休日になると「ゲートスクエア」から「ららぽーと柏の葉」にと、電力のピークカットを実現できるようにかしこく電力融通を行っているんだそうです。
電力需給通常時
 こちらは通常時の電力の需要と供給状態の表示、平日午前中なので右側のららぽーとから白い線で電力が左側のゲートスクエアに流れています。
非常時の柏の葉スマートグリッド
 こちらは非常時のイメージ、電力会社からの供給が止まっても、特定供給といって地域で発電したり貯めている電力を集合住宅の共用部電源に供給して住民生活が最低限維持できるようにします。
電力需給災害時
 停電で東京電力からの流れはありませんが緑のガス発電や青の太陽光発電、オレンジの蓄電池や電気自動車などの分散電源が活躍しています。
災害時大画面

柏の葉スマートセンター
 これら柏の葉AEMSをコントロールしている司令塔、柏の葉スマートセンター
柏の葉スマートセンター
 約26%の電力ピークカットを行い、省エネルギーとCO2削減、ついでに電力料金も減らして年間約1千万円の節約も見込まれているそうです。

 そしてこれらの取り組みはビル所有者だけのものではありません。
 オフィスビルや商業店舗に入居している企業・テナントや賃貸住宅にお住まいの方々にも協力してもらっています。 
節電警報デモ
 たとえば賃貸住宅では、このように入居者向けにタブレットを用いて電力使用量などを見える化、注意を促してくれる仕組みなども備わっていて、まさに「地域ぐるみで省エネやCO2削減」に取り組んでいる街なんですね。
 
 こんな私のつたない説明じゃわからん、もっと柏の葉スマートシティのこと知りたいという方、有料ですが柏の葉スマートシティツアーなどもありますのでぜひ。

<県立柏の葉公園 こどもまつり>
 ~冒険のトリデ リニューアルオープン記念~

こどもまつり
 と き:3月28日(土) 10:00~15:00
 ところ:千葉県立柏の葉公園 公園センターとその周辺

<柏の葉マルシェコロール>
マルシェ
 と き:3月28日(土) 10:00~16:00
 ところ:メイン会場は かしわのはらっぱ
 

更新日 2015年3月11日(水曜日)

地元でオリジナル

 柏の葉が誇る芸術文化の殿堂、さわやかちば県民プラザで8日行われていた県民プラザ コンサート
県民プラザコンサート
 千葉県出身、または千葉県で活動しているさまざまなジャンルの音楽家が集いました。
モーニングチャイルド
 オープニングを飾るのはイチカシ出身尾崎朝子さん率いるオリジナル曲中心のジャズバンドMorning Child(モーニング チャイルド)
 3月15日(日)18:30から京北ホールでスペシャルライブ開催するそうですよ~。
メゾフォルテ
 音楽好きの仲間が集まったポップスバンドMf(メゾ フォルテ)
 スタンダードな楽曲に加え元気を与えてくれるオリジナル曲も交えてのあったかいんだから~のステージでした。
メープルトライアングル
 サックスとオカリナ演奏のグループMAPLE TRIANGLE(メイプル トライアングル)
 今回はソロとおふたりによる演奏でしたが、オカリナのデュエットは心がなごみますね。 
藤田沙弥子
 ラストは都内で活躍されているハーピスト藤田沙弥子さん。
 柏市出身、千葉県立柏西高等学校(現在の県立柏の葉高等学校)から東京藝術大学という、まさに地元出身アーティストです。
アゴラ
 春のひととき、多くの観客がアゴラの開放的な空間に流れるハープの調べに酔いしれていました。
 ちなみに藤田さんが演奏されている金色のハープ、県民プラザ所有の特注品だそうですよ。

 さて柏の葉で進められているまちづくりの特徴は公共だけでなく企業や市民、大学や学生などが連係プレーで行っていること。
 その象徴ともいえるUDCK柏の葉アーバンデザインセンター、全国各地にアーバンデザインセンターがありますが、実は設立は柏の葉が最初なんです!
UDC会議
 そんな元祖・本家・発祥の地・創始者・家元・先がけ・草分け・パイオニア・先駆者・・・的なUDCKのもとに全国各地から関係者が集まり第3回アーバンデザインセンター会議in柏の葉が行われました。
UDC会議
 基調講演の出口敦東京大学大学院新領域創成科学研究科教授、UDCKのほかにもいくつかの施設でセンター長を務めておられます。
UDCT
 そして各センターからの概要報告、いくつか紹介しましょう。
 福島県田村市にあるのがUDCT田村地域デザインセンター
UDCKo
 郡山アーバンデザインセンターは最後のKが柏の葉と被るのでUDCKo
UDCY
 常設施設はありませんが横浜市をフィールドに活動しているアーバンデザインセンター横浜UDCY
K-Stream
 会議のもようは柏の葉コミュニティホウソウ局K-Streamが世界に同時配信!
UDCIC
 九州からは福岡市のモデル都市アイランドシティ・アーバンデザインセンターUDCIC
UDCM
 昨年設立された四国は松山アーバンデザインセンターUDCMから。
UDC2
 そして今年4月に設立予定、柏駅周辺エリアのまちづくりを共に考え、進めていく市内にふたつめの施設となる柏アーバンデザインセンターUDC2
ディスカッション
 それぞれ課題や活動は異なっていますが共通点は「公」「民」「学」による構成や連携。
 会場も交えたまちづくりの未来に向けたディスカッション、原点である柏の葉アーバンデザインセンターの活動にこれからも注目ですね。
 

更新日 2015年3月4日(水曜日)

春と柏の葉 はじめました

 県立柏の葉公園では春の訪れを告げるが見ごろです。
柏の葉公園の梅

柏の葉公園の梅

白梅

柏の葉公園の梅
 赤・白・ピンクと園内は色とりどりの…あっ黄色のロウバイ撮るの忘れました(狼狽)。
ボート池
 3月から土日祝日のボート営業も始まり、カップル・親子でスワンボート遊びができますよ。
 それにしてもこのボート池、水曜日放送中の連続ドラマで出てきた場面に似てません?
冒険のトリデ
 改修していた冒険のトリデもカラフルな大型アスレチックにリニューアル中。
 青色の滑り台は囲われているので幼児でも楽しめそうですね。
 3月下旬には使えるようになるとのことですので、よい子はもう少しの間待ちましょう。

 さて柏の葉1丁目にある「健康づくりと学びの場プチカル柏の葉」のひなまつり企画「和の行事を気軽にたのしむ かんたんクッキング」
ひなまつりクッキング

おひなさまタペストリー
 伝統文化の継承がテーマのひとつ、暦やひなまつり行事の由来など学びながらスタート。
メニュー説明
 かんたんひなまつりメニュー、講師はおなじみ料理研究家の大瀬由生子先生です。
顔づくり
 雛カップケーキの顔メイク中の参加者さん、実は3Dキャラ弁の優勝者なんだそうです。
メニュー完成
 柏の食材を使った本日のメニューが完成。
 手まり寿司にフライパンで茶碗蒸し、ノンアルコールの甘酒など、大瀬先生のレシピはいつも新鮮な驚きが。
集合写真
 多世代交流もテーマのひとつ、最後は絵本の読み聞かせもありで恒例の「おなかま」さんたちで食後の満腹な笑顔♪

 柏の葉ってなんかおもしろそうだけど柏からだと遠いしな~と思っているあなた、朗報です!
 今なら柏駅前ファミリかしわ3階に「柏の葉はあります!」。
かしわインフォメーションセンター
 かしわインフォメーションセンターにて3月末まで「柏の葉キャンパスタウンへようこそ!」という企画展が始まっているんです。
柏の葉キャンパス展示
 柏の葉のまちづくりエッセンスをギュギュッと紹介。
柏駅模型
 注目はKOILにあるレーザーカッターで作成した昭和40年代の柏駅模型、柏の葉デビューの事前学習?にぜひ♪


<TX職ママフェスタ 2015>
 TX沿線を日本一!ママさんが働きやすい街にしよう
TX職ママフェスタ
 と き:3月18日(水) 10:00~17:00
 ところ: 柏の葉カンファレンスセンター
 申し込みなどくわしくはこちらから