過去の記事一覧

2014年11月の全ての記事一覧

更新日 2014年11月20日(木曜日)

遊ぶ=仕事!

 シンガー・ソングライター八神純子さんのボランティアコンサートが19日国立がん研究センター東病院で開かれました。
八神純子ボランティアコンサート
 八神さんのがん患者さんやご家族に音楽を楽しんで少しでも笑顔になってもらいたいとのご厚意で実現した企画。
 コンサートに先立ち八神さん自ら病室を回って患者さんを励ましておられたそうです。
八神純子ボランティアコンサート
 あの頃と変わらない透き通るような歌声、正面玄関ホールに集まった患者さんやご家族の方々に届いた元気と勇気は、みずいろそれともパープル?

 さて秋の連休は子どもたちのためにある!ということでイベント3つ紹介。
 「運動遊び」をテーマに22日(土)柏の葉公園総合競技場にて多くの親子連れが参加していたみんなで遊ぼう60分!!
みんなで遊ぼう
 『幼児は、様々な遊びを中心に、毎日、合計60分以上楽しく体を動かすことが大切です!』という文部科学省の指針に基づき、柏市内の全幼稚園・保育園、教育委員会などが連携・協力して行われた参加型イベントです。

 広~い総合競技場には遊び場ブースだけでも10箇所、それぞれ楽しく体を動かすプログラムが組まれていて、めいっぱい遊べます。
シッポつかみ
 遊びはいたってシンプル、しっぽをつかまえるおにごっこや…
玉入れ
 身近な傘がここでは運動遊びの用具に早変わりしたりします。
すもう
 インターハイ3位の強豪柏日体高校相撲部も「すもう遊び」では連戦連敗のようでした。
ラグビー体験
 クラブチーム千葉バーバリアンズによるラグビー体験教室もかなり本格的。
白バイ体験
 競技場の外では交通安全の啓発で白バイ乗車体験も。
ジバニャン
 ジバニャンも来てくれて一緒に『ようかい体操第一』で盛り上がっていましたよ~。
 幼児にとっては遊ぶことが仕事みたいなものなんですね。 


 翌23日(日)にはさわやかちば県民プラザで近隣の小学校4~6年生が集まり、自分たちで考え、協力してつくった自主企画イベント子どもチャレンジプロジェクト
子どもチャレンジプロジェクト
 題して『楽しくて!笑顔になれる! 子チャレランド』、「手作りストラップ」「バルーンアート教室」などいろんなお店がアゴラに並びます。
子チャレランド
 プロジェクトの特徴は、大人に与えられたものではなく子どもたちが「やってみたい!」と思うことを実現し、自分たちの力で作り出す学びと楽しさでしょうか。
プラバン&スライムつくり
 原価計算して赤字にならないためには…?なども考えながら店舗経営しているそうです。
サポーターの店
 過去に経験した中学生が今度はサポーターとしてボランティア参加してくれています。
あそび場
 チラシも手作りで当日の運営も子どもたち、参加者がおもいおもいに「仕事と遊び」を楽しんでいるのが素敵でした。 

 そして勤労感謝の日といえば…ということでららぽーと柏の葉やゲートスクエアで行われたおなじみピノキオプロジェクト 2014
お店抽選
 今年のピノキオでは43店舗・500を超えるお仕事をご用意、子どもたちは抽選でチャレンジ!
ピノキオクリスタルコート
 クリスタルコートには銀行や郵便局に医院・薬局と、ひとつの街のようなお店が並びます。
ピノキオニュース社
 新聞局とテレビ局からなるピノキオニュース社はあっと驚くスクープ連発でした。
はかり研究所
 ピノキオはかり研究所では重さなど正確にはかったり検査道具を展示してました(11月は計量強調月間なんですよね)。
本屋さん
 もちろん実際の店舗でもピノキオさんたちはしっかりお仕事。
鎌倉パスタ

千葉銀行
 1回1時間のお仕事体験を無事こなすとお給料300Piが支給され、マルシェやららぽーとで今度はお客さんとしてお買い物。
 『子どもは街で育てよう』のコンセプトのもと、遊びの要素も入れながら働くことや表現していくことを考える柏の葉独自の教育プログラム、子どもにとって貴重な体験となることでしょう。
 
 仕事って楽しいものなんです…(棒読み)。


<シクラメン祭 2014>
シクラメン祭
 と き:12月6日(土) 10:30~13:30
 ところ:千葉大学環境健康フィールド科学センター(シーズホール)

<かしわ環境フェスタ2014>
 グルメなエコ、はじめよう!~
かしわ環境フェスタ
 と き:12月13日(土) 13:00~16:30
 ところ:ららぽーと柏の葉 本館2F クリスタルコート
 

更新日 2014年11月19日(水曜日)

アスリートが躍動するまち

 お正月の楽しみのひとつがスポーツ観戦@こたつから。
 特に全国高校ラグビー大会全国高校サッカー選手権大会はつい応援にも力がこもります。
 なぜって?…柏市には名門流通経済大学付属柏高等学校があるからです!

 15・16日にはそれぞれ全国大会出場をかけた千葉県予選決勝が行われました。
 地元柏の葉公園総合競技場では全国高等学校ラグビーフットボール大会千葉県予選決勝
 例年と同じ顔ぶれとなった流経大柏と専修大学松戸高等学校。 
流経柏ラグビートライ
 試合は前半のうちに逆転した流経大柏が後半は専大松戸をノートライに押さえ貫録勝ち!
流経柏ラグビー20連覇
 千葉県予選20連覇!で花園キップはもはや指定席、今回こそベスト4以上を期待!

 そして16日は全国高等学校サッカー選手権大会千葉県予選決勝、多くの観客が見守る中こちらもお馴染のカード、船橋市立船橋高等学校との対戦です。
流経柏サッカーPK
 ここのところ市船に分が悪かった流経大柏ですが、今回の決勝ではこちらも2点のビハインドから交代選手の活躍(20番福井選手は3試合連続決勝ゴール!)などで見事に逆転勝利!
流経柏サッカー優勝
 4年ぶり全国大会出場(2007年度に大前選手を擁しての全国優勝を国立競技場で観戦したこと思い出した!)の今回、「百打一音」のリュウケイらしく勝ち進んでほしいですね。

 ※ちなみに決勝を戦った両校と柏レイソルU-18は揃って高校世代の最高峰である高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 プレミアリーグにも参戦中、千葉県そして柏は高校サッカーも強いんですよ。


 このように柏はスポーツのまち、アスリートたちが競い合うまちでもあります。
 14~16日にTTC吉田記念テニス研修センターでのNEC全日本選抜車いすテニス選手権大会にも世界で戦っている一流選手たちが集いました。  
成立学園高校チアリーディング部
 決勝を前に成立学園高等学校チアリーディング部TIARASによるパフォーマンスが会場を盛り上げてくれます。
上地選手
 ダブルスで年間グランドスラムを達成し女子シングルスでも世界ランキング1位の上地結衣選手、予選から決勝トーナメントまで終始安定した試合運びで女子シングルス優勝。
男子シングルス決勝戦
 そして男子シングルスにはこちらも年間グランドスラム達成の”地元”国枝慎吾選手が登場。
国枝選手 
 サーブやストローク、戦術などは一般の試合と変わらず、観客からも拍手が。
国枝選手優勝の瞬間
 優勝を決めた瞬間の国枝選手、ポーズもさすが決まっていますね。
クアード優勝川野選手
 クアード(重度障がい)クラス優勝の川野将太選手。
女子優勝上地選手
 上地選手はこの大会7連覇の偉業。
男子優勝国枝選手
 東京パラリンピックでもお二人のこの笑顔を…とこれからも応援していきたいですね。
車いす選抜テニス大会集合写真
 協会やスポンサー、会場のTTCはじめ多くの方々のサポートや協力で大会が運営されていたおかげで、世界一のプレーを間近に観ることができるんですよ柏では(^^)。


<柏たなかの朝市 収穫祭>
 産直野菜にもちつきやダンスフェス、お囃子も!
たなか収穫祭
 と き:11月29日(土) 9:00~12:00
 ところ:スーパーカスミ柏たなか駅前店駐車場
 

更新日 2014年11月12日(水曜日)

ランはFUN!

 実りの秋にふさわしく8・9日は今採り農産物直売所かしわで収穫祭でした。
 かしわでについては今年2月にもりわきさんブログでくわしく紹介されていましたよね。
かしわで収穫祭
 年に一度の「美味しいお祭り」、いろいろなお店にブラスバンド演奏や収穫鍋など盛りだくさんで行列も。
みかんつめ放題
 こちらの人だかりはみかんの詰め放題コーナーのようで皆さん真剣でした。
かしわで
 普段にも増して盛況の店内、「新鮮で」「おいしくて」「しかも安い」地元野菜が買える直売所が身近にあるってけっこうポイント高いかも。

 さて10月にウォーキングフェスタが行われていた柏の葉公園総合競技場、9日に行われていたのがKASHIWAマラソン 2014
 昨年のKASHIWAリレーマラソンからKASHIWAマラソンとしてさらにパワーアップ、地域密着型のスポーツイベントです。
KASHIWAマラソン

ストレッチ
 スタート前にオークスベストフィットネス柏のスタッフ指導のもと、ケガのないよう準備運動やストレッチ。
親子マラソントップ
 最初のレースは300組以上が参加した親子マラソン。
 トップを快走しているのはレイソルサポーターのようですね、さすが。
親子マラソン
 親子で一緒に走って思い出づくり、最後は手をつないでゴールします。
フルマラソンスタート
 そしてフルマラソンもスタート、柏市周辺を活動拠点としている積水化学女子陸上競技部もゲストランナーで参加。
柏GoldenHawks
 タスキをかけているランナーたちはリレー形式でのチーム参加、競技場出口で柏Golden Hawksが応援してくれるので、やる気も増しますね。
柏レイソルダンサーズ
 特設ステージではダンスや音楽のパフォーマンス、柏レイソルダンサーズや…
コズミック☆倶楽部
 新メンバーが加わったおなじみコズミック☆倶楽部などが会場を盛り上げてくれていました。
出店
 出店エリアでは地元おなじみの店舗がテントを並べていて、走ったあとの疲れも回復。
フルマラソン
 さっそうと木立の中を駆け抜けていくランナーたち、自身の健康維持や記録へのチャレンジ、チームでの絆づくりなど参加者の思いはそれぞれです。
DJやついいちろう
 ステージ最後を飾ったのはエレキコミックのDJやついいちろうさんによるパーティータイム!
日本庭園

柏の葉公園通り
 日本庭園や公園通りもいい感じに色づいているので、来年のKASHIWAマラソン参加に向けトレーニングや下見も兼ねて県立柏の葉公園へ皆さんどうぞ。

<みんなで遊ぼう60分!!>
 あのキャラクターも遊びに来るよ!
みんなで遊ぼう60分!!
 と き:11月22日(土) 11:00~14:00
 ところ:柏の葉公園総合競技場

<ピノキオ&マルシェ>
 勤労感謝の日はおなじみピノキオたちのお仕事体験
ピノキオ
 と き:11月23日(日・祝) 10:30~15:30
 ところ:ららぽーと柏の葉、ゲートスクエア
ピノキオマルシェ
 と き:11月23日(日・祝) 10:00~15:00
 ところ:柏の葉キャンパス駅周辺
 

更新日 2014年11月5日(水曜日)

醸しだす文化

 柏の葉ゲートスクエアで7月から続いている連続シンポジウムKashiwa-no-ha Innovation & Communityも終盤、11月2日(日)に美しくしなやかに生きる 発醸文化シンポジウムが300名近くの方が参加して行われました。

 私たちの食卓に欠かせない発酵・醸造食品、健康維持や美容効果にも注目されているとのことで、発酵・醸造によってもたらされる豊かな食文化を「発醸文化」として、広めていこうというものです。
 シンポジウムはマッハ文朱さんによる楽しくてつい引き込まれる基調講演に続き、専門家による役立つお話満載のパネルディスカッション。
発醸文化シンポジウム

発醸文化の歴史
 ここ東葛飾地域では利根川・江戸川の水運に恵まれ、醤油・味噌・みりんなど昔から「発酵・醸造」の技術が発展してきたことがあらためて理解できました。

 そして午後からは参加者のお待ちかね、東葛六市レストランサミットの12のレストランが提供する酒粕・塩麹・米酢や味噌など発酵食品を用いたオリジナル発醸文化料理の賞味会。 
賞味会

賞味会

賞味会
 マジシャンやぬかづけマンによるパフォーマンスもあり、参加された皆さんは発酵・醸造の素晴らしさを五感で感じ取っていました。
 今回のシンポジウムで出された”発醸文化宣言”、東葛飾地域の誇れる食文化として国内、そして世界に広まってほしいですね。
北連絡線紅葉
 発酵の途中段階は「こうじ中」と言うのかな…など考えながら紅葉の道を次のイベントへ。

 さわやかちば県民プラザではヤングパワームーブメント2014「超文化祭」
超文化祭
 学生を中心とした実行委員によって企画・運営されている若さあふれるイベントです。
バンド演奏

ダンスパフォーマンス

ギャラリー企画

家庭科企画
 ステージでのパフォーマンスありサイエンス部や家庭科のブースありと文化祭らしい企画で、プロとはまた違う手づくり感が楽しめました。

 そして11月3日(月・祝)にはこちらもオープンキャンパスのトリを飾る千葉大学センター祭
センター祭
 せっかくなので覚えときましょう、「センター」とは千葉大学環境健康フィールド科学センターのことです。
野菜販売

花苗販売
 野菜や加工品、花苗などが並ぶ農産物販売コーナーは毎年朝から行列ができるんですよね。
収穫体験
 キャンパス内のお散歩ツアーや野菜収穫、教室など体験企画も多く用意されていました。
チアリーディング
 今年もセンター祭と共同開催、柏の葉マルシェ・コロールもにぎわっていましたよ。
マルシェ

セグウェイ試乗体験

カンフー体操
 セグウェイ試乗体験や世界選手権金メダリストが教える「親子でできるカンフー体操」など、こちらもワークショップメニューが充実。
柏の葉診療所
 そうそう千葉大学柏の葉診療所も自由診療体制での漢方専門外来として10月15日から診療を開始しています。
センター祭
 柏の葉キャンパス駅から数分のところに広がる緑あふれる千葉大学柏の葉キャンパスが、より身近に感じられた一日でした。


<平成26年度 柏市総合防災訓練>
どなたでも参加できる防災訓練です
総合防災訓練
と き:11月29日(土) 10:00~15:00
ところ:千葉県立柏の葉公園(北エントランス)