過去の記事一覧

2014年9月の全ての記事一覧

更新日 2014年9月24日(水曜日)

グルメめぐる食欲の秋

 柏の葉といえばスマートシティ、でも柏の葉マダムの間ではヒソカにイタリアンなどが充実のグルメシティとしての評判も高いようです。
 というわけで、「広報担当(自称)グルメ女子」に調査をお願いしたので今回はそのレポートをどうぞ。
 


 ふと気が付けば、涼しい秋の風…ということで、食欲の秋を満喫しよう~と柏の葉の街に行ってまいりました。
 ただし今回は「イタリアンのお店を巡ること」「みんなで一皿の料理をシェアすること」「帰ったらレポート提出」との課題付き(遅れてきた夏休みの自由研究!?)。

 それではレポートスタート!
 お腹を空かせた女子3名、まずは行き慣れたららぽーと柏の葉フードコートへ…
ららぽーとフードコート
 ベビーカーを押したママがたくさん、通路もゆったり、子どもたちが遊べるスペースもあったり、赤ちゃん連れに優しい配慮があちこちに感じられますね。
コパン店長
 笑顔の男性は「quick pasta COPIN」の松本店長。
 お子様連れのお客様へのおすすめはハーフ ピッツァ セットということで、さっそく注文してみましょう。
コパンセット
 ハーフサイズのマルゲリータ ピッツァとフレッシュバジルのポモドーロ パスタで950円(税込み)。
 モチモチのピザ生地とにんにくの薫りがほど良く、子どもが大好きなトマト味のパスタに女子3人そろって「おいしい~!」。
 早くてお財布にも優しいのもいいですね!
 外のテラスでの食事ものんびりできて気持ち良い~あっ次のお店に行かなきゃと我に返ります。

 フードコートを出ると、すぐに目に入ったのが「鎌倉パスタ」。
 入口付近には折りたたんだベビーカーがたくさん並んでいました。
鎌倉パスタ
 店内には靴を脱いで上がるシステムなので、お子様連れはくつろげますね~。
 ゆっくりとこだわり生パスタを味わいたいときはこちらへどうぞ。

 ららぽーと柏の葉本館1階に下りて北館方面に歩いて行くとビジネスマンでにぎわう「タリーズコーヒー ららぽーと柏の葉北館」。
タリーズ
 ランチタイムには「パスタセット」もあるんですね。

 さらに進むと、カラフルな椅子のあるおしゃれな広場に出ました。
KOIL入り口
 この左手のビルの壁にKOILという文字が見えますか?
 こちらにうわさのフレンチレストランがあるとのことで(イタリアンじゃないけどちょっと寄り道)エレベーターで6階へ。
 おしゃれなビジネススペースKOILの一角に植物工場を備えたカフェレストラン「Agora(アゴーラ)」があります。
アゴーラ入り口
 本格フレンチをリーズナブルなお値段でいただけるのも柏の葉ならでは?
アゴラ店内
 店内のテーブルにはコンセントが標準仕様で設置されていて食事しながら仕事もできる~まさに、どこでもオフィスな感じ。
アゴーラテラス
 さわやかな秋の昼下がりにぴったりなテラス席もあるんですよ。
 夜はビアガーデンとして楽しむこともできます。
ローストポーク
 前菜盛り合わせとローストポークに山盛りのフライドポテト添えで1,100円(税込み)。
 美味しい料理とさわやかな秋風に、まったりとしてきたグルメ女子その1。
 「ここでビールが飲みたいなぁ~」とポツリ。
 「同感。。。」とうなずくその2&その3。
 いかん…任務続行しなくちゃとまた我に返ります。

 KOILを出て、再びおしゃれな広場「プラザ」に出ました。
 と、その先に見えるのは、緑に輝くリンゴ!このリンゴの横を通って…
三井ガーデンホテル入り口
 「三井ガーデンホテル柏の葉」の入口を進むと…
ホテルロビー
 こんな素敵なくつろぎスペースが!
 後ろにはこれまた素敵な本棚が!
 本棚を見るとその持ち主のセンスがわかるといいますが、ずっと座って本を読んでいたくなるようなセレクトです☆(写真撮り忘れました…)。 
コメスタ
 「ソファでくつろいでないでススメ~」と3度目の我に返り、前を見たらなんと!野田で人気の「コメ・スタ」がありました。

 いざ、イタリアン!と意気込む私たちの前に現れたのは…
玉手箱ドルチェ 
 なぜか重箱をかかえた、イケメン店員半田さん。
 コメスタコース(1,620円税込み)には、スープ、サラダビュッフェ、パスタに加えて「あけてびっくり!?玉手箱ドルチェ」がついてきます。
 半田さんが蓋をあけると、思わず覗き込む3人。
 白い煙に包まれて、しょう油風味のアイス、フルーツ、ケーキが現れます。
コメスタコース
 「柏市の食宝庫No.1パスタ」には地元で採れた野菜がたっぷり使われていて常日頃、野菜不足に悩んでいる私たちは大満足~玉手箱の演出に遊び心も満たされました。

 まだまだ行けるぞ~と三井ガーデンホテル柏の葉を背にして、駅前広場を抜けるとそこには「オークビレッジ柏の葉」。 
オークビレッジ柏の葉
 農園やバーベキュースペースも併設したこちらのレストラン。
 パンケーキや農園の採れたて野菜のサラダがいただけるカフェも隣にありますが、本日はレストランのパスタコース2,000円(税込み)をご予約済み(ただしみんなで1人前ね)。
パスタコース
 前菜はかぼちゃのペーストが練りこまれたニョッキ、器のかぼちゃも食べられますと聞いてヘタだけ残して全部食べつくしました。
 刺さっているのは谷中生姜で、かぼちゃの優しい甘さに、ピリッと辛い生姜が絶妙なアクセント。
 さんまとグリーントマトのパスタに日本の秋を感じながら、デザートのクリームブリュレのカリカリした表面と優しい味わいに気分はパリのモンマルトル~(映画アメリを思い出して、うっとり)。
オークビレッジ鈴木部長
 こちらのお店、中学生以下は入店不可とのことなので…オトナのひとときを過ごしたい時にはぴったりです。
 次回はぜひ、ゆっくりとシェフズプレートを頂きたいと思うオトナ女子たちなのでした。
 笑顔が素敵なマーケティング企画部の鈴木部長がウェディングの受付もお待ちしています。
 



 いかがでしたでしょう、駆け足で柏の葉のレストランを巡ってきたオトナ女子3名からの第一声は「もうお腹パンパン~1ミリも入りません」。
 「お子様連れも、ビジネスマンも、オトナ女子も、それぞれに楽しめるのが柏の葉のランチタイムでした」とのことでしたので、皆さんもぜひランチは柏の葉に行ってみてくださいね(このほかに「SALVATORE CUOMO & BAR 柏の葉」もありますよ)。

 それにしてもパスタのグルメレポートお願いしたのに、イケメン男子の写真多くない?
 まあ、どちらもメン類ということで…いいか。

更新日 2014年9月17日(水曜日)

乗物と植物と動物と

 7月の柏の葉ゲートスクエアオープン企画として始まった連続シンポジウム。
 9月に入りいよいよ中盤戦、秋到来にふさわしい魅力的なプログラムが続いています。

 8日に開催されたのがつくばエクスプレス沿線サミット 2014 in 柏の葉キャンパス
パネルディスカッション
 つくばエクスプレス沿線地域のさらなる発展を目指して毎年沿線地域で開催されているもので、今回初めて柏の葉カンファレンスセンターで開催。
 通勤・通学だけでなくつくば山や浅草など行楽・観光の足としても利用されているつくばエクスプレス、順調に乗車人員が増えて沿線地域も活性化しています。
パネルディスカッション
 パネルディスカッションでは都市農業や居酒屋の話題など、会場もおおいに沸いていました。
市長講演
 パネルディスカッションに先立つ柏市長の基調講演では、8月にテレビ東京「出没!アド街ック天国」で柏の街が特集されたことから「TX沿線ランキング 柏の葉version」を紹介。
 ちなみに発表されたベスト3は「つくばエクスプレス」「環境未来都市~実証実験の街~」「活動的な市民が多数」でしたよ。

 13日にはNPO植物工場研究会主催による植物工場シンポジウム
植物工場シンポジウム  
 来場者はホール5・6の定員400名を越え、急きょ別室を開放して上映するほど。
 食につながる身近なテーマと日本有数の植物工場の拠点となっている柏の葉地区ならではの関心の高さを表していました。

 プラチナ構想ネットワーク会長/三菱総合研究所理事長である小宮山宏氏の示唆に富んだ基調講演、NPO植物工場研究会理事長の古在豊樹氏によるテーマ講演で植物工場の現状や社会的役割についてわかりやすい説明がなされた後、参加者は「太陽光型植物工場」「人工光型植物工場」の2つの分科会へ。
分科会セッションA

千葉大学丸尾教授

分科会セッションA
 太陽光型植物工場のセッションAでは実際に千葉大学柏の葉キャンパスで行われている事例をもとにした千葉大学大学院丸尾達教授などによる発表に参加者も熱心に聞き入っていました。
分科会セッションB
 こちらは人工光型植物工場の分科会セッションB。
株式会社みらい 

三井不動産 

三協フロンテア
 こちらもまさに植物工場の最先端の現場からの発表、千葉大学発ベンチャーのみらいや三井不動産、地元企業の三協フロンテアなどによる事例紹介と、会場からも質問が相次ぐ活気あるセッションとなっていました。

 シンポジウムの最後は会場から近くに2箇所ある植物工場見学ツアーに参加。
柏の葉第2グリーンルーム
 こちらは以前このブログでも紹介した柏の葉第2グリーンルーム
千葉大学植物工場ツアー
 そして千葉大学柏の葉キャンパス内の植物工場拠点。
 道をはさんで向かい側にはパークシティ柏の葉キャンパス2番街、これも柏の葉らしさの象徴ともいえる風景ですね。

 そして15日の敬老の日、ららぽーと柏の葉を会場に開催されていたのがなかよし動物フェスティバル
なかよし動物フェスティバル
 20日からの動物愛護週間にちなみ「動物となかよく暮らすまちづくり」を目指して開催されたものです。
ペットの健康相談
 クリスタルコートでは獣医師によるペットの健康相談が行われていたり…
動物○×クイズ

プラ板づくり
 動物○×クイズやプラ板づくり、折り紙など親子で楽しめるイベントになっていました。
聴導犬
 印象に残ったのはセンタープラザで行われていた耳の聞こえない人の生活をサポートする聴導犬のデモンストレーション。
 日本で55頭ほどの聴導犬がいるとのことで、写真ではわかりづらいですがキッチンタイマーや目覚まし時計が鳴ると飼い主に伝えたり起こしてあげるなどかしこいお仕事ぶりを紹介してくれました。
愛犬のしつけ教室
 そのほか愛犬のしつけ&マッサージ教室などもあり、ペット好きのご家庭やこれから飼おうと考えているご家族も参考になったようですね。

 それにしても今柏の葉では動物がいたるところに出没!
動物たち

キリン
 遠くの動物園に行くより、近場の柏の葉で動物ウォッチッチというのはどう?

<かしわスポーツフェスティバル>
 スポーツのまち柏、家族で色々なスポーツを楽しんじゃいましょう! 
スポーツフェスティバル
 と き:9月23日(祝) 10:00~16:00
 ところ:吉田記念テニス研修センター 

更新日 2014年9月10日(水曜日)

みこし いい仕込み

 全米オープンテニス、錦織圭・上地結衣選手の大活躍、そして国枝慎吾選手の年間グランドスラム達成、見事でしたね。

 さて今回は9月6日、田中地区で継承されてきた多数の神輿が勢ぞろいする第6回ふるさと田中みこし祭りを写真多めにレポート。
 マルシェコロールも開催され縁日やステージなど準備万端・企画満載、盛り沢山な一日でした(なのでタイトルは先日歌ネタ王決定戦2014で優勝した手賀沼ジュンさんぽく回文で)。

 年に一度の大イベントの成功は、近隣の皆さんのご協力のたまものですね!  
おはやし
 柏の葉ゲートスクエア前ではおはやしが陣取り、おまつり気分を盛り上げます。
はっぱっぱ体操
 まずは準備体操から、おなじみ柏の葉オリジナルはっぱっぱ体操
はっぱっぱ体操
 左端の自衛隊キャラくんも含めみんなで踊ります。
鏡開き
 あいさつと鏡開きで、いよいよみこし祭りがスタート。
イチカシ
 ステージイベントもとても見ごたえありました。
 みこし祭りでは恒例ともなっている市立柏高等学校イチカシの吹奏楽部の演奏。
仮面ライダーショー
 さすが大人気の仮面ライダー鎧武/ガイムショーには多くの人だかり。
コズミック☆倶楽部
 千葉ご当地モデルユニットコズミック☆倶楽部
ゴールデンホークス
 柏のご自慢のひとつチアダンス世界一となっているゴールデンホークス
縁日
 出店も多く柏の葉キャンパス駅西口駅前は大賑わいでしたね。
気仙沼焼きさんま

東北地方応援
 気仙沼直送の焼さんま販売や東北支援物産展などが軒を並べた復興支援ブース。
マルシェ
 マルシェコロールも20店舗以上が揃いお祭りムードを盛り上げていました。
フライングレストラン
 かしわのはらっぱではマルシェおなじみのフライングレストラン。
セグウェイ
 セグウェイが走り回る姿もこの街にすっかりなじんでますよね。
出初
 こちらはお祭りムード全開、 鳶組合の演技。東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライトの壁面を登っていくように見えませんか?
ライオンイベント
 
ニチレイイベント
 駅前広場が盛り上がっているころ、ショップ&オフィス棟3階ではまちの健康研究所「あ・し・た」の参加企業によるイベントが行われていたり…
トークセッション
 6階のKOILでは「東洋経済×KOIL ビジネス創造・トークセッション」が盛況。
 「ふるさとみこしのお祭り」と「未来のものづくりイノベーション」イベントが共存するところが柏の葉のスゴいところかもしれません。
こどもみこし
 各町会などからの子どもみこし。
浅草サンバダンス

浅草サンバダンス
 日本No.1サンバダンスの浅草仲見世バルバロスも華やかにカーニバル!
たいこ
 
輪踊り
 北総太鼓にあわせ新住民やずーっと柏のひとたちみなさん踊りの輪が広がります。
大人みこし
 いよいよみこし祭りのメインともいうべき神輿渡脚(みこしとぎょ)。

 流通経済大学付属柏高等学校や千葉大学といった地元校へ通う学生たちも、力強くみこしを担いでいました。
みこし

みこしとビル

花火
 新しい街並みの中で古き良き伝統が郷土文化として継承されていく素晴らしさを実感できたお祭りでした。

<なかよし動物フェスティバル in かしわ 2014>
 「動物となかよく暮らすまちづくり」を目指して!
なかよし動物フェスティバル
 と き:9月15日(月・祝) 13:00~16:00
 ところ:ららぽーと柏の葉2階 センタープラザ及びクリスタルコート
 

更新日 2014年9月3日(水曜日)

男女7人街物語

 柏の葉では新しいまちづくりの取り組みがいろいろ行われています。
 その象徴といえるのが東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト1階のUDCK柏の葉アーバンデザインセンターホームページにもあるように「柏の葉から都市の未来を描く-公・民・学の連携によるまちづくりの拠点」です。
UDCK外観
 でも「UDCKって何してるとこなの?」とよく聞かれたりもします。
 ですので今回UDCKの全貌?を明らかにするため「常勤ディレクターのお仕事を1人2枚の写真&文章で」紹介してもらいましょう。 

 それでは1人目、岡本祐輝さんです。
 岡本さんは<柏の葉から未来を描く>ための第一歩、次世代のまちづくり向けた施策や制度の調査・研究を担当しています。
岡本さん
①高齢社会を踏まえた将来の交通課題への対応策について研究を進めながら、柏の葉エリアで進む交通社会実験の後方支援を行っています。
 そのひとつ「かしわスマートサイクル」では、このほど柏の葉キャンパス駅前に新ポートが稼動開始しましたが、そのデザインリニューアルの企画立案、実現に向けた協議に参画しました。
岡本さん担当
②柏の葉エリアでは大規模な都市開発が進んでいますが、魅力的な市街地をつくっていくためには、箇々の建物だけでなく、道路や公園なども含めて一体的に都市環境をとらえ、将来像を考えていく必要があります。
 そうしたエリア全体のデザイン指針を「柏の葉アーバンデザイン戦略」としてとりまとめました。

 2人目は染谷康則さんです。
 染谷さんは柏市役所の職員でもあり、UDCKの各種取り組みと行政の架け橋のような存在です。
染谷さん
①岡本さんが紹介した『アーバンデザイン戦略』に即し、より良い都市空間の実現をめざすには官民境に捉われず一体的な公共空間を整備していくことが重要です。
 「公・民・学連携」を空間としても実現するためには、関係部署との協議・連携が円滑に進むよう事前調整することが大切です。
染谷さん
②千葉県・柏市・東京大学・千葉大学で策定した「柏の葉国際キャンパスタウン構想」を実現するため、国からの支援の手法の一つである内閣府指定の「環境未来都市」を活用する際に関係部署との情報共有や連携を支えて推進しています。

 3人目は稲村規子さん、上記の「環境未来都市」も関連した健康・福祉分野を担当しています。
稲村さん担当
①環境未来都市の健康分野「健康長寿都市」の実現に向けて、活動の中核となるまちの健康研究所「あ・し・た」の運営をお手伝いしています。
 どなたでも、無料で体組成の測定などができます。
 9月から会員登録が始まり、初の美容イベントも予定されています。
稲村さん担当
②柏の葉キャンパスの大勢の子育て世代の方の中には、引っ越してきたばかりで心細い思いの方も・・・・。
 そこで立ち上がったのが、柏の葉キャンパス駅前まちづくり協議会健康福祉部会です。
 子育てのよろこびや悩みを語り合える「赤ちゃん・パパママあつまれ!」を実施しています。

 4人目は加藤薫さんです。
 上記のまちづくり協議会の事務局もお仕事の一つで、柏の葉地域の「エリアマネジメント」を担当しています。
加藤さん担当
①地域課題解決などを図り、生活環境の維持・向上に取り組む柏の葉キャンパス駅前まちづくり協議会の事務局のお手伝いも行っています。
 まちづくり協議会だよりの編集は手間はかかるものの、街で起きていることをお伝えする重要な役目を担っています。
 最近では地域の方に記事を書いていただいたり、住民目線のお話をお聞かせいただいたりする中で新しい発見もあり、楽しみも多いです。
加藤さん担当
②柏の葉がいつまでも心地よく過ごせる街であり続けられるよう、まちの管理やにぎわいづくり、情報発信などにつながる様々なものに関わっています。
 街の人々と地域活動・環境貢献・健康づくりとの関係性を広げる柏の葉ポイントプログラムの運営管理もその一つです。

 5人目は武次杏奈さん、柏の葉のまちづくりに関わる地域の連携や情報発信に携わっています。
武次さん担当
①柏の葉で行われている取り組みやイベントの情報発信を担当しています。
 ららぽーと柏の葉3Fにある「柏の葉 まちのコトCalendar」では、親子で楽しめるイベントから大人が学べる勉強会まで、幅広い情報を掲示しています。
 チラシ類も多く揃えてありますので、ぜひお手にとってご覧ください。
 また、駅前サイネージ(電子看板)の管理もしています。
武次さん担当
②今年の7月に街びらきを迎えた西口駅前は、建物はもちろん街路樹や花壇等も増え、豊かな緑がまちを訪れる人を迎えます。
 植物の維持管理も含めた柏の葉らしい緑との向き合い方を検討・実現する「グリーンマネジメント」に関わっています。

 6人目は豊田亜美さんです。
 今までご紹介したような取り組みも含めた柏の葉のまちづくりを、実際に見ることができるツアーの企画・運営が仕事の一つです。 
豊田さん担当
①以前から柏の葉のまちづくりを見学してみたい、とのご要望を多くいただいていて、本年度からツアーを始めました。
 柏の葉スマートシティツアー「ミュージアム・駅前コース」として周囲のまちづくり団体と連携して運営しています。
 この9月からはもう一つ「ゲートスクエアコース」も新たに加わりましたのでぜひご参加ください。
豊田さん担当
一般社団法人 柏市まちづくり公社「UDCKまちづくりスクール」を企画・運営しています。
 これからのまちづくりの担い手を育てることを目的とした市民講座で、毎回テーマを変えて春と秋に行っています。
 8年目を迎え、修了生はすでに200名を超えました。
 この秋のスクールの受講生募集は9月上旬に開始予定、ただいま最終調整中です。

 トリを務める7人目は副センター長の三牧浩也さんです。
 実務のリーダーとしてUDCKの取り組みの全体を把握し、発信しています。
三牧さん担当
①柏の葉はまちづくり全体がチャレンジです。
 このチャレンジを皆にわかりやすく広めるために柏の葉のまちづくりの特徴はどこにあるのか?その成果や課題は何か?を日々考えながら、いろいろなところでお話したり、文章に書いたりしています。
三牧さん担当
②柏の葉では、多くのプロジェクトが多くの人たちの力で同時に動いています。
 それぞれがバラバラにやるよりも、お互いの取り組みを知ったり協力したりすることで、少しでも多くの成果につながるように、情報の整理と話し合いの場をつくっています。

 最後に紹介するのは受付のみなさん!
受付スタッフ
 UDCK受付では柏の葉キャンパスカードのご登録手続きやかしわスマートサイクル、マルチモビリティなどの各種プログラムのご案内をしています。
 柏の葉でのイベントチラシやまちの情報も公開していて、写真の素敵な受付嬢たちが皆様のお越しをお待ちしておりますので、ぜひお立ち寄りくださいね。

 UDCKが担っている幅広い分野での様々な関わりと役割、一人ひとりの仕事から大まかにでもイメージしていただけたでしょうか?
 これからもUDCKディレクターたちが描いていくまちの新たなストーリー、楽しみです。

<ふるさと田中みこし祭り>
 仮面ライダー鎧武/ガイムショーなどなど マルシェコロールも同時開催!
ふるさと田中みこし祭り
 と き:9月6日(土) 10:00~20:30 
 ところ:柏の葉キャンパス駅 西口広場・駅前通り

<つくばエクスプレス沿線サミット>
つくばエクスプレス沿線サミット
 と き:9月8日(月)13:30~
 ところ:柏の葉カンファレンスセンター

 参加費:3,000円
 申し込みはこちらから

<植物工場シンポジウム>
 植物工場視察ツアーもあります
植物工場ヂンポジウム
 と き:9月13日(土) 10:00~17:00
 ところ:柏の葉カンファレンスセンター
 くわしくは植物工場研究会のホームページから