過去の記事一覧

2014年3月の全ての記事一覧

更新日 2014年3月26日(水曜日)

アートいう間の年度末

 ぽかぽか陽気に誘われ、そぞろ歩きも楽しい季節になってきましたね。
 実は柏の葉はあちらこちらに著名な作家の作品をはじめアートが散りばめられている街でもあるんです。
 というわけで今回は柏の葉街かどギャラリーの紹介、ぜひこの週末にでも散歩がてら探してみてはいかがでしょう。
昼さがり

花のかんむり
 もともと米軍柏通信所であった柏の葉公園周辺、跡地を土地区画整理事業で整備するにあたり「緑豊かな文化の薫る街に」と、電柱をなくしたり案内板やモニュメントなどを設置しています。
 まずは柏の葉一・二丁目の公園にある彫刻作品、昼さがり花のかんむり

緑の国
 県立柏の葉公園周りを散策してみると見っけ、十余二小学校の向かいにある緑の風

曙
 柏の葉公園通りを歩くと黎明の力にみちたイメージを与える作品

ヴィナスの誕生
 国立がん研究センター東病院に隣接し、再生・新生をテーマにやすらぎのイメージを与えるものとして選ばれたヴィナスの誕生

太陽
 大地に根ざして大空に向かって発展していくイメージを与える平和と人間

充

二人と猫
 柏の葉公園と住宅地のあいだで、うるおい・愛情・生活の育み・成長といったイメージをあたえてくれる作品二人と猫

太陽
 当時の千葉大学付属農場に隣接し、生命(植物)の成長の源としてのイメージを与える太陽

完成記念碑
 柏通信所跡地土地区画整理事業の完成記念碑、基部はタイムカプセルになっていて先月23年ぶりに十余二小学校でオープンセレモニーが行われました。

気門
 パークシティ柏の葉キャンパス二番街の周辺も歩いてみましょう。
 辻仲病院の門前に鎮座する気門

影もしゃ
 不思議なオブジェかげもしゃ(このほかにもたくさん隠れています)。

はちみつ
 蜂の巣箱をイメージしたハニータワー

東大ロボットくん
 今は通りから見ることができませんが現在の柏の葉を象徴するアートな作品はこれかも。

UDCK夜景
 そして現在柏の葉の景観を守り育てる存在となっているUDCK、4月には線路をはさんで東京大学の駅前施設に移転します。

 早いもので年度末、役所的にはひと区切りのとき…ではございますが柏の葉は今もパワフルに成長中。
 知って得するとっておき情報も実は…まだまだ…これから…意外と…もしかすると…探してみればありそうです。

 柏の葉といつもブログを見てくださっているあなたあってのキンちゃんですので、よろしければこれからもお付き合いいただけるとうれしいです。

<マルシェコロール>
 お待たせ2014年の初マルシェ!リサイクル・フリマや「矢切コロッケ」も久々出店!
マルシェ
 と き:3月29日(土) 10:00~15:00
 ところ:柏の葉キャンパス駅周辺
 

更新日 2014年3月19日(水曜日)

プラムとプロムとプログラム

 3月も後半に入り、各地で梅の花が春本番を私たちに知らせてくれています。
柏の葉公園梅園
 県立柏の葉公園、ほぼ中央にある梅園も今が見ごろ。
冒険のトリデ
 ちなみに冒険のトリデもすべり台がリニューアルしたので今度の連休ご家族でぜひ。
あけぼの山農業公園梅園
 あけぼの山農業公園も桜やチューリップの前にまずは梅園を楽しんでおきましょう。
あけぼの山日本庭園
 日本庭園の茶室柏泉亭では3月29日(土)に春のお茶会も開催予定です。

 そして春は巣立ちの季節でもありますね。
柏の葉小学校卒業式と校歌
 18日に卒業式が行われた柏の葉小学校、中学生になってもパッパラー河合さん作詞・作曲の校歌を忘れないでね!

 そんな柏の葉小学校で先日行われたのが千葉大学によるカレッジリンクJr.プログラム
 千葉大学と地域とのつながりといえば大人向けのカレッジリンクプログラムを以前紹介しました。
 今回始まるカリッジリンクJr.プログラムは小学校5年生以上を対象とした世代間を超えた学習を目指したもので、知識の習得ではなく知識の使い方を学ぶことを目的としています。
 
 3月9日に試行として行われたのは徳山郁夫先生による「学びの原点~グループとコミュニケーション」
ガイダンス

ボール遊び

ウェーブ

動物ものまね

じゃんけん
 見ず知らずの参加者が最初は個人の運動から最後はグループ全体でミッションを完成させていきます。
 動きやゲームの要素を取り入れながら楽しくコミュニケーション、みんなで考え話し合う場面も。

 そして16日に行われた野田勝二先生による「葉っぱでバッタをつくろう~植物クラフトから学べること」。
バッタづくり説明
 シュロとマテバシイの葉を使ってバッタをつくっていくワークショップ。
バッタ見本

バッタ見本観察
 まず先生のつくった見本のバッタを観察して見よう見まねで作りはじめます。
バッタ製作風景

バッタ製作中

バッタ設計図
 次に見本を分解して作り方を調べてみることに。
 設計図を描き始める生徒さんも。
バッタ製作実演
 最後は先生の実演を見ながらバッタづくりを完成させます。
バッタ完成
 とても上手にバッタをつくることができました。

 このバッタづくりを通して均一でない植物の葉を使うことや、模倣したり分解してみるなど、まさに「考え方や気づきを学ぶプログラム」となっています。
 大学の「知」を地域に還元してくれるこのプログラムは26年度から本格実施とのこと、楽しみですね。
 ※今は梅の英訳でプラムは使わないみたいです 

更新日 2014年3月12日(水曜日)

上から目線で

 柏の葉周辺の魅力をより多くの方に…このブログではできるだけ「市民目線」で伝えられるよう心がけているつもりです。
 ですが今回、特別に機会とご協力をいただいたので僭越ながら上のほうからこの街を眺めてみることに。
 昨年末の航空写真とともに「柏の葉空中散歩」どうぞ鳥になった気分でご覧ください。
てづくり広場空撮
 北の空から柏の葉キャンパス駅周辺に近づいていきましょう。
 高層住宅の右側には千葉大学植物工場、下側にはみんなで芝張りした広場がみえます。
柏の葉キャンパス駅周辺
 駅を囲んでパークシティ柏の葉キャンパス一番街とららぽーと柏の葉、手前が柏の葉ゲートスクエアになります。
ゲートスクエア
 反対側からみると奥にパークシティ柏の葉キャンパス二番街、右にホテル&レジデンス棟。
 手前左側はららぽーと柏の葉とブリッジでつながるショップ&オフィス棟、右側は東京大学です。 
KOIL
 屋上にソーラーパネルが並ぶショップ&オフィス棟の4~6階にはKOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)が4月にオープン予定。
柏の葉小学校
 駅の南側、こうしてみるとなんの施設かわからないですが…
柏の葉小空撮
 こちらからの画像だと柏の葉小学校とわかりますね。
都市軸道路高架橋
 つくばエクスプレスと並んで通称都市軸道路の高架橋が建設中、もうすぐ流山おおたかの森方面へのアクセスがよくなります。
こんぶくろ池公園
 あわせると18.5ヘクタールにもなるこんぶくろ池自然博物公園予定地全景。 
がん研究センターと駅周辺
 視点を変えて国立がん研究センター東病院とその向こうに高層住宅。
柏の葉キャンパス駅と市場
 手前に並んでいる大きな施設はかしわのいちば(柏市公設総合地方卸売市場)
柏たなか地区空撮
 こちらは柏たなか駅周辺、集合住宅や戸建住宅も増えてきました。
 駅右側は造成工事中、手前左の県立柏北高校だったところも跡地利用が始まるようです。
松葉町と手賀沼
 柏の葉キャンパス駅から東側に目をやると、松葉町の集合住宅そして遠くに手賀沼も見えます。
柏駅周辺
 ズームして柏駅周辺も撮ってみました。
 直線距離にすると柏駅ー柏の葉キャンパス駅間は約4キロ、意外と近いんですね。
スカイツリー
 さらにズームして都内のビル群、晴れていると富士山も望めます。
2月大雪後
 ※おまけ 少し前ですが2月の大雪が降ったあとの柏の葉キャンパス駅のもよう。

 いかがでしたか?
 上からだと街全体が見えてくるのと意外な発見もあったりするのでけっこう楽しいです。
 季節によっても見え方が変わるのでまた機会があれば(その前に私が飛んでいっちゃうかも)。

<&EARTH 災害に負けない知識を学ぼう! >
 防災に関する知識などが楽しく学べます
 と き:3月15日(土) 11:00~15:30
 ところ:ららぽーと柏の葉2階クリスタルコート
 くわしくはららぽーと柏の葉のホームページから

<柏研修センター公開講座>
柏研修センター公開講座
公開講座チラシ
 と き:3月17日(月)13:00~16:30
 ところ:国土交通大学校柏研修センター(柏市柏の葉3-11-1)
 ※現在も募集中です

更新日 2014年3月5日(水曜日)

おとなちゃれんじ

 超高齢化社会といわれる中、今回は柏の葉で行われている「誰もが健康にそして生きがいを持って暮らしていく」ための取り組みを紹介します。
プチカル柏の葉

 柏の葉一丁目、住宅街にあるプチカル柏の葉
教室メニュー
 ここは「身近な地域の健康づくりと学びのオープンスペース」
 東京大学特任研究員の矢冨直美先生が代表の「柏の葉を健康にする実行委員会」が運営していて、さまざまなプログラムがここを拠点として行われています。
 
 3月1日にはひなまつりクッキングとして和の行事を気軽に楽しむ料理教室が開催されていました。
大瀬先生

調理中
 指導は料理研究家の大瀬由生子先生とプチカル柏の葉の二瓶陽子さんによるFood Literacy Lab.。
植物工場野菜
 デザートには先生がご自宅の植物工場で育てられたチャービルをトッピング。

食事中

食事
 かぶなど地元産の野菜がたっぷり入った五目ちらしずしに白和え、いちごミルクゼリーを手際よくそして楽しみながらつくることができました。
料理完成
 取材に押しかけた私も相伴にあずかることに。ホント来てよかったです。
集合写真
 同じ釜の飯を食べた「おな かま」さんたちで満腹な記念撮影。
おひなさま
 旬の食材での調理に加え伝統行事についての話題もあり、いろいろ学びもありました。

 このほかプチカル柏の葉で行われている教室をいくつか紹介しましょう。
アロマ教室
 こちらはアロマテラピー教室のひとコマ。
料理教室
 料理を学びながらアタマも鍛えられる「見て学ぶ脳トレ料理教室」、認知症予防等の理論に基づきスロトレ(ゆっくりとした筋力トレーニング)から始めるそうです。
麻雀教室
 「脳の活性化と人生を豊かにする!」健康麻雀教室も楽しそう。

 この4月からは「脳トレ料理」「メタボ予防料理」「和の行事食」などの料理教室、「プチトレ」「ピラティス」「骨盤ストレッチ」などの運動教室、そして「パソコン」「スマホ」「iPad」を学ぶパソコン教室が開講予定。
 このほか「初心者健康麻雀」「フリー麻雀クラブ」
「アロマテラピー」「ブックトークカフェ」なども行われる予定とのことです。

 日ごろから運動不足だったり人との会話が少ないなと感じておられるあなた、さっそく入学準備をはじめてみてはいかがでしょう?

 申し込みなどくわしくはプチカル柏の葉のFacebookから。