過去の記事一覧

2017年11月の全ての記事一覧

更新日 2017年11月27日(月曜日)

パッパラー回顧録~その1

まず写真を見てください

これはオレが柏市くるみ幼稚園に通ってた1965年

あのテーマパークへ遠足に行ったときの集合写真です

遠くにシンデレラ城のような建物が見えますけど・・・

1965谷津遊園01

さて問題です、ココはどこでしょう?

ヒントはお城ですかね・・・よ~く観察してください

ホラ、よ~く見て・・・コレさぁホントにシンデレラ城?

いや、まさかの大阪城?アホかッ!全ッ然違うやんけ!

ハッ!?まさかの・・・立つんだジョー?

プッ・・・


じゃあオレはコーヒー淹れてくるんで

ゆっくり考えてくださいね

フゥ~フゥ~ズッ・・・ゴクッ・・・おいしいです

さて、わかりました?

正解は・・・「谷津遊園」です!

千葉県習志野市、東京湾の湾岸地帯にあったんですね~遊園地

このお城ね、実はね、シンデレラ城ではないんですよ

エッ?そんなの知ってて当然だ?そうですか・・・

察するにアナタ、千葉県生まれの50代でしょ?

図星でしょ?やっぱりね!YEAH~!仲間~!

谷津遊園が閉園したのが1982年

ディズニーランドが開園したのが1983年

千葉県に西洋風のお城はヒトツでイイんだ!

ってコトでしょうね、たぶんね

で、オレはどこに居るかといいますと

↓↓↓ 2列目、左から4番目のココです ↓↓↓

1965谷津遊園02

ん?まさか・・・目、つむってる?

それでは拡大してみましょう

1965谷津遊園03

OK!しっかり眠ってます!

集合写真で目を閉じるのがオレの得意技ですけど

この1枚、よ~く観察すると、目を閉じてる率、高いです

1965谷津遊園04

オレの斜め前の女の子ですけど・・・

どうです?まるでムスカ大佐です

写真から「目がぁ~目がぁ~!」と聞こえてきます

でも、まだマシですよ

そして、次の男の子なんて・・・

まあ見てください

1965谷津遊園05

熟睡!

完全熟睡状態!完熟です!完熟トマトです!

目を閉じてるってレベルじゃないですよね

完全にアルファ波、出てます

耳をすましてください

写真から寝息がスゥ~ピィ~と聞こえてきますね

この時代の写真撮影は撮り直しってのはありません

さあ撮るよ~!と気合を入れて・・・パシャ

この1枚で終了です

目を閉じてる確率も高いってワケですよね

納得していただけたでしょうか?

それでは、さようなら

(つづく・・・目閉じ写真、どんどん発掘するよ~!)

更新日 2017年11月20日(月曜日)

青年は農地を目指す

あれは・・・いつのコトだろうか

オレは遠い過去に想いを巡らせていた

そうだ!あれは・・・一昨日の土曜日だ!

ええ、実は2日前のコト・・・書き出しの三行無駄でした

まあね、無駄も、寄り道も、人生のヒダってヤツですよ

え?早く話を始めろ?はい了解しました

土曜日夕方、レイソル観戦の帰り道、柏駅東口をフラフラしてたら

数個の裸電球に照らされた小さな八百屋さんを発見した

この店構え、雰囲気的にマッチ売りの少女に近いものがある

これは見過ごせない!

もしかしたら経済的に困窮した少女が

店の裏で泣いているかもしれないぞ!

看板には「かしわの野菜」と書いてある

さらに見過ごせない!

柏は商業都市と思われがちだが農業も盛んだよね~

どれどれ・・・どんな野菜を売ってるのかな・・・

4

カブ!やっぱりカブ!日本三大カブといえば

ホンダバイクのカブ

夢野カブ(サリーちゃんの弟)

そして生産量日本一、柏のカブである

「ウチのカブを見て野菜バイヤーさんが驚きました」

そう説明してくれたのは店番の越渕さん(28歳・酒井根中出身)

この店では朝採れたカブを店頭に並べている

カブの葉っぱは1日でシナシナとしおれるらしい

つまりシャキシャキ葉っぱのカブは珍しい

で、大手スーパーのバイヤーさんは「新鮮だっちゃ!」と驚いた

バイヤーさんが仙台出身なのか、ラムちゃんファンかは定かでないが

驚きのあまり、だっちゃ!が出てしまった

そして越渕さんの野菜解説は続く

1

このコールラビって御存知ですか?知らないでしょ?

もちろん柏産の野菜でして、最近注目されています

南増尾の小川さんが生産者ですね、エエ、小川さんです

柏野菜のイイところは生産者の顔が見えてくるトコなんです

産地と消費地が隣接してますからね、ハイ

このお店も、柏の農家さんが替わりバンコで店番してます

だから直接、今日はコレが美味しいとか、コレが旬だとか

製法は、農薬は、とか話が出来るんですね、いいでしょ?

ボク?ボクは今、農業見習い、修行中の身です

農業がしたくて3年勤めた都内の会社を辞めまして

北海道で4年間農業して、やっぱり地元の柏で農業だぜッ!

と思いまして、帰ってきたんですよ

3
故・小渕総理の「カブ上がれ~」ポーズを後から見守る越渕さん

いま農業は後継者不足ですから、越渕さんは貴重な人材

でもね、少しずつ時代は変わってきてます

今、農業も最先端の職業として注目されてるみたいです

「オレは渋谷のGOOGLEで働くッ!」

「オレは柏で農業をやるッ!」

どちらも攻めの職業選択なんですよね

今はね、いやホントに


(つづく・・・今はカブが旬らしいです)

更新日 2017年11月13日(月曜日)

探訪・蕎麦の道 ~ 第六回(そば染)

「実はね、孫が蕎麦アレルギーなんですよッ!HA~HAHAHA!」

そう楽しそうに話すのは創業30年「そば染」の御主人、染谷さん(58才)

柏市・沼南地区のみんなに愛されて30年間、蕎麦を打ち続けてきた

そば染は、幹線道路から外れた微妙にわかりづらい場所にある

「ココね、普通はね、用事が無かったら来ないトコですよ~

電車も無いし、ナビにも表示されませんから、HA~HAHAHA!」

だが、それなのに30年間、ココで蕎麦屋を営んでる

つまり蕎麦が美味しいって証明になってるワケです

旧・沼南町地区は奥が深い

駅前文化・柏しか知らない人にとっては驚くことばかり

なんたって御主人の染谷さんは

「もう何年も電車に乗ってません」だそうですッ!

そんなぁ・・・オレ電車に乗るの大好きなのに

地下鉄の路線図とか見てもワクワクしないんでしょうね

でも居ますよね、どこにでもクルマで行く人って

先日、柏在住の知人と銀座のカフェで待ち合わせしたら

クルマで来ましたからね

電車のが楽じゃん!早いし!時間読めるし!と問い詰めたら

「柏駅まで歩く15分がイヤッ」らしいです・・・

わからんです、ホント、人間ってのはわからんです

オレの相棒であるサンプラザ中野くんもJR京都駅のイベントに

なんと新幹線じゃなく飛行機で来ましたから・・・関空からね

そこまでしてマイルを貯めたいのかッ!嗚呼マイル人生ッ!

わからんです、ホント、人間ってのは・・・

ま、話を戻しましょう

なにはともあれ蕎麦を食べましょう

え~っとザル蕎麦下さい、ええ、オレはザル一筋50年でやってます

丸亀製麺でザル蕎麦はありますか?と聞きそうになったオレです

ホント、人間ってのは・・・

1

コレですよコレッ!

最近、ネギとワサビを見れば美味いかどうかピンッときます

これは美味しいヤツッ!と、オレの蕎麦レーダーが反応してます

イッタダッキマ~ス!

ズズッ・・・うん、適度な歯ごたえ、OKです

ズズズゥ・・・うん、蕎麦の香りがプワ~ン、OKです

コレどこの蕎麦粉です?いろいろ混ぜ合わせてる?でしょうね~

ズズズッ・・・30年、毎朝、蕎麦を打っているんですね

ズゥ・・・蕎麦打ちが好きなんですね~職人ですね~

お客さんは近所で働いてる人が多い?なるほどですね~

評判を聞きつけてくる人もいるけど、必ず迷う?

そうですか、まあ確かにココは目立たない・・・ズズッ

しかし孫がソバアレルギーって・・・ネタでしょ?ネタじゃない?

いや~笑っちゃ申し訳ないけど、笑えます・・・ズズッ

壁に貼ってある折り紙は・・・孫が学校で折った?へぇ・・・

コーヒーも一杯は無料?ほう・・・フ~フ~美味しいです

ガムも10円で売ってるんですか?よくわからんなぁ・・・

なんか不可思議な店内ですね・・・ご馳走様!

2

ところで御主人・・・あの「大入」と書いてある飾りは何ですか?

30年前の開店祝いに親戚がくれた?へぇ・・・

久々に、あ~ゆ~の見ました

まあ親戚の開店祝いじゃあ捨てられないですよね~

で、30年間、店内に飾っていると・・・なるほどですね~

4

じゃあ、その横の「発展」ってのは?

これも30年前、近所の友人から開店祝いに頂いた?

なるほどですね~じゃあ飾るしかないですね、ウンウン

じゃあ奥に飾ってる「入船」は?

5

これも、お付き合いのある業者さんから・・・

30年前の開店祝いに?なるほどですね~

じゃあ「大福」も30年前から?

3

なるほどですね~

じゃあ「福寿」も30年前ですね、なるほどですね~

6

いや~蕎麦が美味しいのは素晴らしいんですけど

店内を眺めてるだけでも飽きないですよ

なんか面白いんです、昭和的、文化的価値がありますよね

あれです、谷根千っぽいんですよ、昭和の下町って感じです

しかし沼南って面白いですよね~もっと来ないとイカンですよね~

でも電車が無いしな~オレ電車派なんですよ~

うん、バスで来ます、バスの旅も楽しいです

7

      染谷さんと奥様 (孫は蕎麦アレルギー)

染谷さんは手賀西小、奥様は手賀東小

そして2人とも手賀中出身でして、生粋の沼南っ子です

旦那さんは人ごみが苦手ってコトなので、柏まつりは地獄でしょう

いや、沼南まつりだってキツイと思う

でもイイんです、蕎麦打ちってのは孤独なんです

(つづく・・・メニューには何故かラーメンも・・・不可思議!)

更新日 2017年11月6日(月曜日)

Great the 柏中央郵便局

1970年頃、日本に切手ブームってのがありまして

切手が値上がりするぞ~!と大騒ぎだったんです

子供から大人まで、み~んなが切手収集してましたね

まあ、あの頃は何でもすぐ大騒ぎなんです

トイレットペーパーが無いぞ~!と騒ぐ

ユリゲラーが時計を動かすぞ~!と騒ぐ

当時、デパートには切手売場ってのがありました

もちろん、柏にもありました、モチのロンです、ハイ

あれは西友の4階だったかな、小学生だったオレは

切手趣味週間の「月に雁」とか「見返り美人」とか

国際文通週間の「蒲原」とか「桑名」とか

いつも穴のあくほど眺めてました

見るだけです、高過ぎて買えないんです

で、年に数回、記念切手が発売されます

それなら買えます、額面通りの値段で買えます

でも切手ブームなので、並ばないと売り切れちゃいます

なので、早朝、柏中央郵便局に並びます

学校があるときは母親が並びます

そして発売開始時刻になると郵便局の扉がギギギィ・・・

さあ開門だ!

待機列の人々は郵便局員とハイタッチしながら窓口へ・・・

いや、それはiphoneの発売日だから

郵便局でそれはないから

ホント、買い物に行って店員とハイタッチってヤツ

オレはいまだに理解できません

するんならコンビニでもハイタッチしろと言いたいです

店員「オニギリとお茶で235円になります」

お客「じゃあパスモで払います・・・イェ~!(パシッ)」

店員「サンキュー!イェ~!(パシッ)」

めんどくさい!むッちゃ・メ・ン・ド・ウ!

CDのラミネートが破れないくらい、もどかしい

ちょっとは切れ込み入れといてください、エエ

その点、カップヌードルは開けやすいよね

丁寧にココから開けてシールもあるしさ

ええと・・・話を戻しますね

で、柏中央郵便局に並ぶのは40年ぶりです

ナント日本初・行政PR付き年賀ハガキが発売されたんです

柏市のPRってコトでレイ君の図柄になってます!イェ~!(パシッ)

こりゃ~買うしかないよね!イェ~!(パシッ)

 ↓↓コレです、オレは10枚ゲットしてきました↓↓
1 

 ↓↓11/1 AM9:00、発売に先立ちまして式典も↓↓

 5

レイ君、カシワニ君、チーバ君、ぽすくまくん

秋山市長、梅沢柏郵便局長、コズミック☆倶楽部・・・

いろいろ集まって大騒ぎです

ど~せなら、麒麟児関とか、高木ブーさんとか

日本郵便の父・前島密の子孫とか、呼べばよかったのになぁ

まあ、この年賀ハガキ、何がスゴイって

やはり日本で初めての行政PR年賀ハガキってコトでしょう

1枚5円で、柏市を全国にPRできる

これ考えた人・・・キレ者です!

 ↓↓考えたのは柏郵便局営業の安川さん(44歳)↓↓

3

河合「安川さん、さすがですよ!天才ですよ!」

安川「いえいえ・・・たまたま企画が通っただけです」

河合「御謙遜!ちなみに何小学校ですか?やっぱ柏三小?」

安川「いえ・・・実はワタクシ、木更津出身なんですよ・・・」

なるほど、木更津ですかぁ

安川さんは、ナント1歳の御孫さんもいます

これからも柏の郵便事業のために頑張ってほしいです

ちなみに柏中央郵便局は年賀ハガキ取り扱い量が全国2位です

まあ、支局が少なくて集中しちゃってるワケですけど

でもね、年末年始は大変ですよ、郵便地獄ですよ、ホント

 ↓↓そんな大所帯を仕切る梅沢柏郵便局長(59歳)↓↓

2

河合「局長!取扱量全国2位オメデトウございます!」

梅沢「みんな一生懸命に配達してくれるおかげです」

河合「なるほどね~ちなみに局長、御出身は?」

梅沢「イヤ、実はね、ワタクシ木更津出身でして・・・」

き・・・木更津アゲインッ!

もしかして木更津部隊・柏侵攻作戦展開中?

木更津のキレ者を柏郵便局に送り込んで何をする気だ?

オレは局長に真意を問いただした・・・するとッ!

スミマセン、単なる偶然でした

郵便侵略とかあるワケないです

さてと・・・今年は久々に年賀状書こうかな!


(つづく・・・10枚書きます)

追伸

柏市ホームページでも紹介していますので,ぜひかしわフォトニュース「柏市公式広告付年賀はがき発売セレモニーを行いました!」も併せてご覧ください。